FC2ブログ

~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
(1994/07)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺人鬼。その魔の手にかかり、ひとり、またひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか。そして、現場に遺されたyの意味するものは何。

今日は会議のためあまり読書の時間が取れませんでしたが、何とか読み終えました(別に普段仕事をサボって読んでる訳じゃないですよ)。

今まで数多くの有栖川作品を読んできましたが、なぜか「江神二郎学生アリス)シリーズ」はまだ未読で、今回ついに念願叶った!って感じです。

高校2年生の時に書いた作品を、改稿を繰り返してこの形になったとのことですが、確かに文章が若い!

最近の作品に比べて著者の本格ミステリマニアっぷりがストレートに作品に出ている気がして、それはそれで何か嬉しい気がしました。

クローズド・サークルにダイイング・メッセージなど、思わす涎が出そうな本格のエッセンスが詰め込まれていて、それでいて月にまつわる幻想的な雰囲気や大学生らしい恋愛など、17年前の作品ながら、今と変わらぬ有栖川有栖らしい1作だなと思いました。

火村英生シリーズ」は今のところ全て読破しているので、こちらも早く「女王国の城」にたどり着かねば・・・。

余談ですが、「作家アリス」が書いているのが「江神二郎学生アリス)シリーズ」で、「学生アリス」が書いているのが「火村英生(作家アリス)シリーズ」っていうパラレルな関係、知ってました?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/11 23:35|・有栖川有栖TB:0CM:0

 

通勤大学図解法律コース5 店長のための法律知識 [通勤大学図解法律コース5] (通勤大学文庫 図解法律コース 5)通勤大学図解法律コース5 店長のための法律知識 [通勤大学図解法律コース5] (通勤大学文庫 図解法律コース 5)
(2008/04/25)
不明

商品詳細を見る
パートタイム・アルバイトの労務管理から、フランチャイズ契約、風営法などの知識まで、店舗運営の責任者として知っておくべき法律のポイントをやさしく解説しています。

今日は、以前から小説の合間にちょこちょこ読み進めていた「店長のための法律知識」を読み終えました。

本格ミステリ中心のブログのはずが、なぜかいきなりビジネス書の登場・・。

まあ読んだものはしょうがないということで。

某書店チェーンで店長をやらせていただいているものの、当然専門的な法律知識などそんなに持っているはずもなく、この本はそれなりに勉強になりました。

パート・アルバイトの採用について、解雇について、賃金について、etc・・意外と知らなかったり間違ったまま思い込んでいたりと、勉強不足を痛感しました。

「名ばかり管理職」がこれだけ問題になる中、私自身もビミョーだな~と思いつつも日々一所懸命働いていますが、少なくとも自分の店の社員たちにはいい環境で働いて貰いたいと精進する毎日です。

スタッフが気持ちよく働けないと、お客様にも喜んでいただけないですからね(^^)


ホントに思いつくままその日に読んだ本の感想を書いていますので脱線することも多いと思いますが、気が向いた方は気軽にお付き合いくださいませ。

今日は「月光ゲーム-Yの悲劇’88-/有栖川有栖」を読み始めましたので、またしばらくは本格ミステリについて書き込めると思います。たぶん。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/10 23:39|・ビジネス、ノンフィクションなどTB:0CM:0

 

「江神二郎(学生アリス)シリーズ」
 ・月光ゲーム-Yの悲劇’88-(長編)・・・東京創元社('89)、創元推理文庫('94)
 ・孤島パズル(長編)・・・東京創元社('89)、創元推理文庫('96)
 ・双頭の悪魔(長編)・・・東京創元社('92)、創元推理文庫('99)
 ・女王国の城(上・下)(長編)*文庫化に際し分冊・・・東京創元社(’07)、創元推理文庫(’11)
 ・江神二郎の洞察(短編集)・・・東京創元社('12)

「火村英生(作家アリス)シリーズ」
 ・46番目の密室(長編)・・・講談社ノベルス(’92)、講談社文庫(’95)(’09新装版)
   →「臨床犯罪学者・火村英生の推理Ⅰ 46番目の密室」としても発売・・・角川ビーンズ文庫('12)
 ・ダリの繭(長編)・・・角川文庫(’93)、角川書店(’99)
   →「臨床犯罪学者・火村英生の推理Ⅲ ダリの繭(上)(下)」としても発売・・・角川ビーンズ文庫('13)
 ・ロシア紅茶の謎(短編集)国名シリーズ第1弾・・・講談社ノベルス(’94)、講談社文庫(’97)
   →「臨床犯罪学者・火村英生の推理Ⅱ ロシア紅茶の謎」としても発売・・・角川ビーンズ文庫('13)
 ・海のある奈良に死す(長編)・・・双葉社(’95)、角川文庫(’98)、双葉文庫(’00)
 ・スウェーデン館の謎(長編)国名シリーズ第2弾・・・講談社ノベルス(’95)、講談社文庫(’98)
   →「臨床犯罪学者・火村英生の推理Ⅳ スウェーデン館の謎」としても発売・・・角川ビーンズ文庫('14)
 ・ブラジル蝶の謎(短編集)国名シリーズ第3弾・・・講談社ノベルス(’96)、講談社文庫(’99)
 ・朱色の研究(長編)・・・角川書店(’97)、角川文庫(’00)
 ・英国庭園の謎(短編集)国名シリーズ第4弾・・・講談社ノベルス(’97)、講談社文庫(’00)
 ・ペルシャ猫の謎(短編集)国名シリーズ第5弾・・・講談社ノベルス(’99)、講談社文庫(’02)
 ・暗い宿(短編集)・・・角川書店(’01)、角川文庫(’03)
 ・絶叫城殺人事件(短編集)・・・新潮社(’01)、新潮文庫(’04)
 ・マレー鉄道の謎(長編)国名シリーズ第6弾・・・講談社ノベルス(’02)、講談社文庫(’05)
 ・スイス時計の謎(短編集)国名シリーズ第7弾・・・講談社ノベルス(’03)、講談社文庫(’06)
 ・白い兎が逃げる(短編集)・・・光文社カッパ・ノベルス(’03)、光文社文庫(’07)
 ・モロッコ水晶の謎(短編集)国名シリーズ第8弾・・・講談社ノベルス(’05)、講談社文庫(’08)
 ・乱鴉の島(長編)・・・新潮社(’06)、講談社ノベルス(’08)、新潮文庫(’09)
 ・妃は船を沈める(長編)・・・光文社(’08)、光文社カッパノベルス(’10)、光文社文庫('12)
 ・火村英生に捧げる犯罪(短編集)・・・文藝春秋(’08)、文春文庫(’11)
 ・長い廊下がある家・・・光文社(’10)、光文社カッパノベルス('12)、光文社文庫('13)
 ・高原のフーダニット・・・徳間書店('12)、徳間文庫('14)
 ・菩提樹荘の殺人・・・文藝春秋('13)
 ・臨床犯罪学者・火村英生の推理 密室の研究(火村シリーズ密室作品アンソロジー)・・・角川ビーンズ文庫('13)
 ・臨床犯罪学者・火村英生の推理 暗号の研究(火村シリーズ暗号作品アンソロジー)・・・角川ビーンズ文庫('14)
 ・臨床犯罪学者・火村英生の推理 アリバイの研究(火村シリーズアリバイ作品アンソロジー)・・・角川ビーンズ文庫('14)
 ・怪しい店・・・KADOKAWA('14)

「作家アリス&学生アリスシリーズ」
 ・動物園の暗号(児童向け短編集)・・・岩崎書店(’06)

「少女探偵ソラシリーズ」
 ・闇の喇叭・・・理論社ミステリーYA!(’10)、講談社(’11)、講談社ノベルス('13)、講談社文庫('14)
 ・真夜中の探偵・・・講談社('11)、講談社ノベルス('13)、講談社文庫('14)
 ・論理爆弾・・・講談社('12)、講談社ノベルス('14)

「ノンシリーズ」
 ・マジックミラー(長編)・・・講談社ノベルス('90)、講談社文庫('93)('08新装版)
 ・幻想運河(長編)・・・実業之日本社(’96)、講談社ノベルス(’99)、講談社文庫(’01)
 ・山伏地蔵坊の放浪(短編集)・・・東京創元社('96)、創元推理文庫('02)
 ・ジュリエットの悲鳴(短編集)・・・実業之日本社('98)、実業之日本社ジョイ・ノベルス('00)、角川文庫('01)
 ・幽霊刑事(長編)・・・講談社(’00)、講談社ノベルス(’02)、講談社文庫(’03)
 ・作家小説(短編集)・・・幻冬舎(’01)、幻冬舎ノベルス(’03)、幻冬舎文庫(’04)
 ・まほろ市の殺人 冬 蜃気楼に手を振る(中編)・・・祥伝社文庫(’02)
 ・虹果て村の秘密(ジュヴナイル長編)・・・講談社ミステリーランド('03)、講談社ノベルス('12)、講談社文庫('13)
 ・壁抜け男の謎(短編集)・・・角川書店(’08)、角川文庫(’11)
 ・赤い月、廃駅の上に(怪談短編集)・・・メディアファクトリー(’09)、角川文庫('12)
 ・幻坂・・・メディアファクトリー('13)

「エッセイ集」
 ・有栖の乱読・・・メディアファクトリー(’98)
 ・作家の犯行現場・・・メディアファクトリー(’02)、新潮文庫(’05)
 ・迷宮逍遥・・・角川書店(’02)、角川文庫(’05)
 ・赤い鳥は館に帰る・・・講談社(’03)
 ・謎は解ける方が魅力的・・・講談社(’05)
 ・正しく時代に遅れるために・・・講談社(’06)
 ・鏡の向こうに落ちてみよう・・・講談社(’08)
 ・大阪探偵団 対談 有栖川有栖vs河内厚郎・・・沖積舎(’08)
 ・有栖川有栖の鉄道ミステリー旅・・・山と渓谷社(’08)、光文社文庫(’11)
 ・本格ミステリの王国(デビュー20周年記念本)・・・講談社(’09)

「共著・編著・アンソロジー等」
 ・競作 五十円玉二十枚の謎(「老紳士は何故・・・?」(江神二郎シリーズの1編)所収)・・・東京創元社('93)、創元推理文庫('00)
 ・鮎川哲也読本(芦辺拓・二階堂黎人と共同監修)・・・原書房(’98)
 ・本格ミステリーを語ろう!〔海外編〕(芦辺拓・小森健太郎・二階堂黎人との座談会本)・・・原書房(’99)
 ・大密室(「壺中庵殺人事件」所収)・・・新潮社(’99)、新潮文庫(’02)
 ・有栖川有栖の密室大図鑑 磯田和一/画・・・現代書林(’99)、新潮文庫(’03)
 ・「Y」の悲劇・・・講談社文庫(’00)
 ・有栖川有栖の本格ミステリ・ライブラリー・・・角川文庫(’01)
 ・「ABC」殺人事件・・・講談社文庫(’01)
 ・天使と髑髏の密室(「不在の証明」所収)・・・講談社ノベルス('02)、講談社文庫('05)
   (「本格ミステリ02」(講談社ノベルス)から文庫化に際し分冊・改題されたものの第一弾)
 ・血文字パズル(「砕けた叫び」所収)・・・角川スニーカー文庫(’03)
 ・新本格謎夜会(綾辻行人との謎ときイベント+トークショー)・・・講談社ノベルス(’03)
 ・マイ・ベスト・ミステリー 6・・・文藝春秋(’04)、文春文庫(’07)
  (単行本「推理作家になりたくて 第6巻」より改題)
 ・有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー・・・角川文庫(’04)
 ・名探偵登場!・・・ベストセラーズ(’04)
 ・赤に捧げる殺意・・・角川書店(’05)、角川文庫('13)
 ・気分は名探偵 犯人当てアンソロジー・・・徳間書店(’06)、徳間文庫(’08)
 ・作家の手紙・・・角川書店(’07)
 ・本からはじまる物語・・・メディアパル(’07)
 ・綾辻行人と有栖川有栖のミステリジョッキー①・・・講談社(’08)
 ・密室入門!・・・メディアファクトリー(’08)、メディアファクトリー新書(’11)
 ・七つの死者の囁き・・・新潮文庫(’08)
 ・怪談列島ニッポン・・・メディアファクトリーMF文庫(’09)
 ・まほろ市の殺人(「まほろ市の殺人 冬 蜃気楼に手を振る」所収)・・・祥伝社ノン・ノベル(’09)、祥伝社文庫('13)
 ・綾辻行人と有栖川有栖のミステリジョッキー②・・・講談社('09)
 ・川に死体のある風景・・・創元推理文庫(’10)
 ・名探偵に訊け・・・光文社カッパノバルス(’10)、光文社文庫('13)
 ・図説密室ミステリの迷宮・・・洋泉社MOOK(’10)
 ・江戸川乱歩に愛をこめて・・・光文社文庫(’11)
 ・綾辻行人と有栖川有栖のミステリジョッキー③・・・講談社('12)
 ・0番目の事件簿・・・講談社('12)
 ・金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲・・・角川文庫('12)
 ・大崎梢リクエスト!本屋さんのアンソロジー・・・光文社('13)、光文社文庫('14)
 ・小説乃湯 お風呂小説アンソロジー・・・角川文庫('13)
 ・密室ミステリの迷宮 事件現場図で読み解く!本当にすごい密室トリック・・・洋泉社MOOK('14)
 ・大阪ラビリンス(有栖川有栖セレクトの11の傑作短編)・・・新潮文庫('14)

「コミック化」
 ・ロシア紅茶の謎 新装版 麻々原絵里依/画・・・角川書店あすかコミックスDX('00)('13)
   (「人喰いの滝(臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート1)」から新装版発売に際し改題)
 ・朱色の研究① 新装版 麻々原絵里依/画・・・角川書店あすかコミックスDX('01)('13)
   (「朱色の研究 夕陽丘殺人事件(臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート2)」から新装版発売に際し改題)
 ・朱色の研究② 新装版 麻々原絵里依/画・・・角川書店あすかコミックスDX('03)('13)
   (「朱色の研究 枯木灘殺人事件(臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート3)」から新装版発売に際し改題)
 ・ブラジル蝶の謎 新装版 麻々原絵里依/画・・・角川書店あすかコミックスDX('03)('13)
   (「201号室の災厄(臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート4)」から新装版発売に際し改題)
 ・月光ゲーム 鈴木有布子/画・・・マッグガーデンブレイドコミックス('06)
 ・孤島パズル① 鈴木有布子/画・・・マッグガーデンブレイドコミックス('09)
 ・孤島パズル② 鈴木有布子/画・・・マッグガーデンブレイドコミックス('09)
 ・孤島パズル③ 鈴木有布子/画・・・マッグガーデンブレイドコミックス('09)


'14.11.11 改訂26版
太字は私の既読作品です)








皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2008/09/10 01:40|有栖川有栖著作リストTB:0CM:0

 

妃は船を沈める妃は船を沈める
(2008/07/18)
有栖川有栖

商品詳細を見る
所有者の願い事を3つだけ叶えてくれる「猿の手」。“妃”と綽名される女と、彼女のまわりに集う男たち。臨床犯罪学者・火村英生が挑む、倫理と論理が奇妙にねじれた難事件。

今日は「作家アリスシリーズ」の最新刊を読み終えました。

元々は別々の短編と中編の予定だったという2作が、作者の思いつきにより見事に一つの物語を織りなしていました。

作中に出てくるアマリア・ロドリゲスの「難船」という歌はもちろん聞いたことはありませんが、この物語を読み終えた今は、物悲しい調べが何となく聴こえてきそうな気さえします。

いつもロジカルな推理で読者を唸らせてくれる有栖川有栖(←もちろん作中の、ではなく著者の)ですが、意外に(?)抒情的な作品が多いのも私がいつまでも大ファンである理由の一つです。

もちろんこの作品でも火村「准」教授の切れ味鋭い推理は健在です。

ちなみに、3つの願いを叶えてくれる有名な「猿の手」の話は私も知っていましたが、恥ずかしい事にウィリアム・W・ジェイコブズの「猿の手」は読んだ事がなく、早速敬愛する有栖川先生に倣って「乱歩の選んだベスト・ホラー(ちくま文庫)」を取り寄せようとしたら・・・見事に出版社品切れ・重版未定で、ウチのチェーン店にも1冊も在庫が無かった・・・。

ショック!


余談ですが、「綾辻行人有栖川有栖からの挑戦状⑥ 安楽椅子探偵 ON AIR」のDVDが11月にようやく発売になることを今日知りました。
早速予約せねば!(もちろん自分の店で)






皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2008/09/08 23:28|・有栖川有栖TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。