~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る
わが子を亡くした女性教師が、終業式のホームルームで犯人である少年たちを指し示す。様々な人間の言葉が事件の真相を解き明かす。(第29回小説推理新人賞受賞作。)

個人的な注目作「告白」を読みました。

面白い!の域を超えてすごい!の一言です。

年に何度かこういう本に出会えるから、読書はやめられません。

この作品は「聖職者」「殉教者」「慈愛者求道者」「信奉者」「伝道者」の全6章から成り立っており、それぞれ別々の人物による1人称の語りで綴られています。


まずは幼いわが子を校内で亡くした女性教師が、終業式のホームルームで、中学1年生である自分のクラスの子供たちに語り続ける「聖職者」。

47ページにわたる第1章は全てこの女性教師の台詞で構成されており、その中で、この教師はわが子を殺した犯人である少年2人を告発します。

「私は二人の名前をこの場で公表するつもりはありません」と前置きしながら、真綿で首を絞めるように、そして誰にでも犯人が特定できるような詳細な語りで犯人を追い詰めていく教師の言葉・言葉・言葉・・。

そこにあるのは激しい憎悪以外の何物でもありません。

そして迎える第1章衝撃のラスト。


第2章「殉教者」では、このクラスにいたある女生徒の手紙という形で、その後の物語が語られていきます。

法ではなく、被害者の母親である担任から裁きを受けた少年2人がその後どうなったのか・・。

子供とは、かくも残酷な生き物です・・。


犯人の少年の姉の視点から、少年の母の日記を中心に語られる「慈愛者」。


壊れてしまった少年の心の内「求道者」。


そしてもう一人の少年が新たな行動を起こす「信奉者」。

物事というのは見る者により姿を変え、「真実」という言葉がどれだけ不安定なものか思い知らされます。

主観と客観。

あなたが真実だと思っている出来事は、誰の目から見ても真実ですか・・?


そして「伝道者」。

わずか13ページ足らずのこの最終章で、この救いようのない物語は新たな衝撃とともに幕を閉じます。


・・・読後感は最悪です。

語られることのなかったこの先の物語は知りたいとも思いません。

救いようのない物語。

人によってはこの作品に嫌悪感を抱くかもしれません。

しかし最初に述べましたが、本当に「すごい!」としか言いようのない作品でした(ボキャブラリーが少なくてすみません・・)。

私がもしも書評家か何かだったら

「これがデビュー作である著者は、この作品を通じて現在のマスコミ報道や少年法、また教育現場における数々の問題点にメスを入れ、現代社会に警鐘を鳴らすことに成功した。今後の作品が期待される。」

などと言うところかも知れませんが、単なるいち読者としては、これだけの力を持った作品に出会えた事にただただ感謝し、1人でも多くの人に読んで欲しいと願うばかりです。

繰り返しますが、読後感は最悪です。

この物語の底に流れているのは、憎悪と狂気以外の何物でもありません。

○○も、これを読んだ後はあまり飲みたくありません(読んだ方には分かると思いますが・・)。

HIV・更生した熱血教師・大ヒットとなったあるアイドルグループの歌・続発する少年少女による猟奇的な事件・加熱するマスコミ報道・被害者ではなく加害者を守る少年法・モンスターペアレンツ・・・。

現実の様々な出来事や問題点を、時には皮肉に狂言回しとして、時には真剣に問題視し、この物語は進んでいきます。


心の底からすごいと思える作品に今年も出会えた事に感謝。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/09/16 23:24|・湊かなえTB:1CM:1

 

江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)
(2005/07/12)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る
「おれは二十面相だ!!」「怪人と少年探偵」「妖星人R」「超人ニコラ」「探偵小説の「謎」」所収。

先日読みかけていた「江戸川乱歩全集第23巻」から、今日は「怪人と少年探偵」「妖星人R」の2篇を読みました。

「怪人と少年探偵」は昭和35年9月から昭和36年9月にかけて「家の光」(家の光協会)の付録である「こども家の光」に連載された作品で、「妖星人R」は昭和36年1月から12月にかけて「少年」(光文社)に連載された作品だそうです。

どちらも乱歩晩年の作品ですが、もともとこのシリーズは名探偵明智小五郎怪人二十面相との対決がメインだったような気がしますが、いつの頃からか、小林少年を中心とした少年探偵団がメインになり、明智小五郎は最後のオイシイところだけ持っていくことが増えたような・・・まあ連載しているのが少年向けの媒体が多かったため、当然と言えば当然でしょうね。

さて内容ですが、「怪人と少年探偵」はそれまでの色々な作品のおいしいところを詰め込んだようなストーリーでした。

まずは少年探偵団の井上君とポケット小僧が事件に巻き込まれ、小林少年明智小五郎が助けに行くというお決まりのパターンですが、デパートで騒ぎがおき、マンホールを伝って逃げたり、追い詰められた二十面相が警官に変装して包囲網をくぐり抜けたりと、物語を盛り上げる要素がふんだんに盛り込まれており、そして最後の大団円へ。

おそらく今の子供が読んでも十分楽しめるのではないでしょうか。

妖星人R」は、「鉄人Q」や「電人M」をさらにファンタスティックにしたような作品で、題材となっている冒頭の彗星は、巻末の解説にもありますが、おそらくハレー彗星をモチーフにしたのだろうと思います。

ハレー彗星は私が小学校高学年の時に一度来た覚えがありますので、次に地球に接近したときには私は80代半ばですね・・。

はたしてまだ生きているでしょうか。

出来れば今と変わらず、いや毎日多忙な今と違って、悠々自適に本格ミステリを読み漁っていたいものです。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/15 23:18|・江戸川乱歩TB:0CM:0

 

禍家 (光文社文庫 み 25-1)禍家 (光文社文庫 み 25-1)
(2007/07)
三津田 信三

商品詳細を見る
「ぼうず、おかえり…」12歳の少年・棟像貢太郎は、近所の老人が呟く言葉に不吉な予感を覚えていた。両親を事故で亡くし、祖母と越してきた東京郊外の家。初めての場所のはずなのに、知っている気がしてならないのだ。そして、怪異が次々と彼を襲い始める。友達になった少女・礼奈とともに探り出した、家に隠された戦慄の秘密とは?期待の俊英の書下ろし長編。

という訳で、三津田信三の「禍家」、本日無事に読み終わりました。

厭魅の如き憑くもの」や「凶鳥の如き忌むもの」などの刀城言耶シリーズが有名な著者ですが、以前から気になりながら中々読む機会が無く、ついつい後回しになっておりました。

ところが先日職場でその日に入荷した新刊をチェックしていたら、三津田信三の光文社文庫書き下ろし第2弾「凶宅」が入荷してきており、思わず第1弾の「禍家」と一緒に衝動買いしてしまいました。

好きなものに囲まれて仕事をしていると、お金がいくらあっても足りないですね・・。

さて、相変わらず前置きが長くなってしまいましたが、「ホラーと本格ミステリを融合させる作家、三津田信三」の作品だけあって、中々面白かったです。

ホラーと本格ミステリの融合と言えば、私は綾辻行人の「囁きシリーズ」を真っ先に思い出すのですが、「囁きシリーズ」が、妖しげな、かつ鮮烈な色のイメージで覆われていたのに比べ、この「禍家」は本当にストレートなジャパニーズ・ホラーという印象でした。

欧米に多いスプラッタ・ホラーとは違い、目に見えない何かが「ひたひた・・」と忍び寄ってくる感じが何とも言えず、またそこに本格ミステリ的な手法も合わせてあり、まさに評判通りの面白さ(怖さ?)でした。

もし暗い部屋で一人で読んでいたらちょっとシャレにならなかったと思います・・。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/14 23:31|・三津田信三TB:0CM:0

 

今日は、以前から気になっていた作家「三津田信三」の光文社文庫書き下ろし長編「禍家」を読み始めました。

・・・が、実はまだ読み終えておりませんので、感想はまた明日m(_ _)m


先日、新品が手に入らずに泣く泣くネットで古本を注文した「乱歩の選んだベスト・ホラー」(ちくま文庫)が、本日届きました。

これも早く読まねば。

しかし、自分が今イチオシの商品として売り場でアピールしている「告白」(双葉社)も早く読みたいっ!!

あ~時間が足りない~。

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る
わが子を亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。様々な人間の言葉が事件の真相を解き明かす。








皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/13 23:20|・その他TB:0CM:0

 

江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)
(2005/07/12)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る
「おれは二十面相だ!!」「怪人と少年探偵」「妖星人R」「超人ニコラ」「探偵小説の「謎」」所収。

このところ現代ミステリを中心に読んでいたのですが、今日は久しぶりに「江戸川乱歩全集」を読んでみました。

2003年から2006年にかけて光文社文庫から全30巻で刊行された全集で、全巻買い揃えたのはいいのですが、実はあと8冊(23~30巻)未読なんです・・

その中から今日は第23巻に収録されている「おれは二十面相だ!!」を読みました。

中学・高校・大学と色々な本を読みましたが、本格ミステリを読み漁り始めたのは今から5年ぐらい前(20代後半)からです。

ただよく考えてみると、本が好きになったきっかけは小学生の時に図書室で借りて読んだ「少年探偵団」のシリーズだったと思いますので、そういう意味ではまさに江戸川乱歩は私がミステリマニアになった原点のような気がします。

さて前置きが長くなりましたが、この「おれは二十面相だ!!」は明智小五郎少年探偵団が活躍する物語の中でもかなり後期の作品です。

文章こそ子供向け(昭和35年「小学6年生」連載作品)ですが、さすがにミステリのツボはしっかり押さえてありました。

密室から消え失せる大学生・生きた手首・宙に浮く花瓶、そして何より乱歩独特の雰囲気がやっぱりファンにはたまりません。

乱歩を読んで小説やミステリに魅了された子供たちが、ある者は私のようにミステリを愛する読者となり、またある者は書く楽しみを覚えて作家になって、その作品がまた今現在の私たちを楽しませてくれていると考えると、なんだか少し嬉しい気がします(私だけ?)。

現代人の活字離れがよく話題になりますが、これからもどうか数多の物語からあふれ出る魅力を少しでも多くの人たちと分け合えますように。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/12 23:38|・江戸川乱歩TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。