~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「三津田信三著作リスト」を更新しました(改訂8版)。→三津田信三著作リストへ

2010/03/13 02:14|・著作リスト更新履歴TB:0CM:0

 

霧舎巧傑作短編集 (講談社文庫)霧舎巧傑作短編集 (講談社文庫)
(2007/04/13)
霧舎 巧

商品詳細を見る
名探偵・後動悟が密室の列車内で華麗なアリバイ崩しを披露する「手首を持ち歩く男」。師・島田荘司の人気シリーズから御手洗潔と石岡和己の名コンビが登場する「動物園の密室」。他に《あかずの扉》研究会と《霧舎学園》のメンバーも集結し、オールスター探偵がハイレベル推理を連発する、珠玉のミステリ短編集!



「手首を持ち歩く男」

東京から関西方面に向かう新幹線の中、グリーン車の個室で対峙している二人の男。

二人の間には不穏な空気が漂っています。

それと前後して車内で姿を見せていたのは、絵描きを名乗る「手首を持ち歩く男」と、ビュッフェで後動悟に声を掛けてきた自称「命を狙われている男」。

やがて件の個室からは惨殺死体が発見されますが、果たして被害者は、そして犯人は何者なのか。

同じ場面が繰り返されるプロローグとエピローグの構成が秀逸です。


「紫陽花物語」

「手首を持ち歩く男」と同じく、霧舎巧さんがまだプロの作家としてデビューする前の作品だそうです。

お婆さんの着ている着物、盗撮魔の撮った写真、紫陽花の茎の切り口、家具屋のトラック、いくつもの事象を論理的に結びつけて、後動悟は一つの真実の可能性を導き出します。

読みながら「ちょっと強引じゃない?」と思っていたら、いやはや、そんなオチで来ましたか。


「動物園の密室」

島田荘司氏から「御手洗潔のパスティーシュを書きませんか」と誘われて生まれた作品。

動物園を舞台に、御手洗と石岡君が迷子の子供たちと触れ合いながら(笑)、不思議な密室殺人の謎に挑みます。

使われているトリックもいかにも「御手洗もの」に出てきそうなトリックで、この作品を書いたのは実は霧舎巧ではなく島田荘司本人だと言われても何の疑いも抱かないでしょう。

果たして犯人の脱出方法は?

そして、御手洗潔が到底許すことの出来ない凶器とは?


「まだらの紐、再び」

二階堂黎人さん編の「密室殺人大百科(上)」(講談社文庫)に収録されていた一篇です。

覚醒剤中毒の女子大生が寮の自室で変死し、時を同じくして、管理人室には殺害された上に手首から先を持ち去られている管理人の死体が。

「まだらの紐」と言えば、もちろん元ネタは有名すぎるアレですが、霧舎さんはそこにいくつもの捻りを加えて、非常にアクロバティックな作品に仕上げています。

後動悟と真村真一警部が初めて出会った《沼毒蛇事件》としても興味深い一篇です。


「月の光の輝く夜に」

これまでの収録作とは打って変わって、とても幻想的な恋愛譚です。

しかし、もちろんミステリでもあります。

ジョーが満月の夜に出会った不思議な少女、月子。

ジョーにとって初めての恋、そして初めての失恋。

食い違った発言や行動を繰り返す月子には、一体どんな秘密があるのでしょう?

そして間違いなく心を通わせていたにも関わらず、別れを告げた月子の真意は?

いまひとつスッキリしない終わり方ですが、その理由は次の収録作で、意外な人物によって明らかにされます。


「クリスマスの約束」

この短編集のボーナストラック的な位置づけの作品でもあり、霧舎巧という作家の真髄を見る事の出来る作品です。

描かれるのは、あるクリスマスの、《あかずの扉》研究会メンバーの日常の風景。

しかしながら、それぞれバラバラの年代に、様々な媒体に発表されたここまでの6編の短編が、この作品で一気に一本の線で結ばれます。

あの作品の登場人物が、そしてあの作品の何気ない一言が、これまでに張られたすべての伏線がこの一点に集結します。

まさに“伏線の魔術師”霧舎巧、恐るべし!!

この驚きを芯から味わうためにも、出来ればこの短編集は「《あかずの扉》研究会シリーズ」を(そして出来れば「霧舎学園シリーズ」も)読んだ上で手に取った方が、より幸せかもしれません。


霧舎さんの作品群は、いつもどこかで繋がっています。

この「霧舎巧傑作短編集」を読み終えた私は、著者の言葉にいざなわれるままに早速「マリオネット園」を読み返しました。

・・・結果は、言うまでもないですね。

ミステリの愉しみ、ここにありです。







「謎と論理と遊び心」トップへ

2010/03/13 00:56|・霧舎巧TB:0CM:0

 

「《あかずの扉》研究会シリーズ」
 ・ドッペルゲンガー宮 《あかずの扉》研究会流氷館へ・・・講談社ノベルス(’99)、講談社文庫(’03)
 ・カレイドスコープ島 《あかずの扉》研究会竹取島へ・・・講談社ノベルス(’00)、講談社文庫(’04)
 ・ラグナロク洞 《あかずの扉》研究会影郎沼へ・・・講談社ノベルス(’00)、講談社文庫(’05)
 ・マリオネット園(ランド) 《あかずの扉》研究会首吊塔へ・・・講談社ノベルス(’01)、講談社文庫(’05)
 霧舎巧傑作短編集・・・講談社ノベルス(’04)、講談社文庫(’07)

「名探偵シリーズ(《あかずの扉》研究会シリーズ外伝)」
 ・名探偵はもういない・・・原書房ミステリー・リーグ(’02)、講談社ノベルス(’06)、講談社文庫(’09)
 ・名探偵はどこにいる・・・原書房ミステリー・リーグ(’06)、講談社ノベルス(’09)
 ・名探偵はよみがえる・・・原書房ミステリー・リーグ(未刊、発売未定)

「私立霧舎学園シリーズ」
 ・四月は霧の00密室・・・講談社ノベルス(’02)
 ・五月はピンクと水色の恋のアリバイくずし・・・講談社ノベルス(’02)
 ・六月はイニシャルトークde連続誘拐・・・講談社ノベルス(’02)
 ・七月は織姫と彦星の交換殺人・・・講談社ノベルス(’03)
 ・八月は一夜限りの心霊探偵・・・講談社ノベルス(’03)
 ・九月は謎×謎修学旅行で暗号解読・・・講談社ノベルス(’05)
 ・十月は二人三脚の消去法推理・・・講談社ノベルス(’07)
 ・十一月は天使が舞い降りた見立て殺人・・・講談社ノベルス(’09)
 ・十二月は聖なる夜の予告殺人・・・講談社ノベルス(’09)
 ・私立霧舎学園十一月編&十二月編プレミアムセット(限定2,000部)・・・講談社ノベルス(’09)

「新本格もどきシリーズ」
 ・新本格もどき・・・光文社カッパ・ノベルス(’07)、光文社文庫(’10)
 ・新・新本格もどき・・・光文社カッパ・ノベルス(未刊、’10年夏以降発売予定)

「オムニバス等」
 ・気分は名探偵・・・徳間書店(’06)、徳間文庫(’08)




’10.3.4 改訂2版
太字は既読作品)







「謎と論理と遊び心」トップへ

2010/02/22 02:13|霧舎巧著作リストTB:0CM:3

 

記事のアップが遅れましたが、2/17(水)に「第10回本格ミステリ大賞」の候補作が発表になりました。

今回の候補作は以下の通りです。


【小説部門】候補作(タイトル50音順)

 『Another』綾辻行人(角川書店)

 『追想五断章』米澤穂信(集英社)

 『花窗玻璃』深水黎一郎(講談社)

 『密室殺人ゲーム2.0』歌野晶午(講談社)

 『水魑の如き沈むもの』三津田信三(原書房)


【評論・研究部門】候補作(タイトル50音順)

 『アジア本格リーグ』島田荘司選【出版企画に対して】(講談社)

 『英文学の地下水脈』小森健太朗(東京創元社)

 『戦前戦後異端文学論』谷口基(新展社)

 『都筑道夫ポケミス全解説』小森収編集(フリースタイル)

 『ミステリ・ジョッキー2』綾辻行人・有栖川有栖(講談社)


「評論・研究部門」はともかくとして、「小説部門」は大体想像していた通りでした。

・・とか言いながら、現段階で読めているのは米澤穂信さんの「追想五断章」だけだったりするのですが。

「Another」と「密室殺人ゲーム2.0」は、いま目の前に積み上がってます。

「花窗玻璃」と「水魑の如き沈むもの」もどうせ買うつもりでしたので、今年も公開開票式(5/15)までには候補作は全部読む予定です。

公開開票式への参加権ももちろん応募する予定ですが、今年もまた当たるといいな~。

けど例年平日開催だった公開開票式が今年は土曜日に変更になったので、何だか競争率が上がりそうな予感が・・。

なんせ「当選者10名」の狭き門ですからね。

昨年も参加者は関東周辺にお住まいの方々がほとんどだったようですので、「九州枠」とか「遠方枠」とか作ってくれませんか!本格ミステリ作家クラブの方々っ!!

まっ、今年も「人事を尽くして天命を待つ」事にします(って、人事を尽くしたのか?いやそもそもまだ応募券を切り取ってすらないし)。

応募締め切りは「3月末」ですよ~。

皆さん文庫(「珍しい物語のつくり方/本格ミステリ作家クラブ編」by講談社文庫)を買ってどしどし応募しましょう~(オビに応募券が付いてます)。







「謎と論理と遊び心」トップへ

2010/02/21 23:32|第10回本格ミステリ大賞TB:1CM:3

 

昨年「週刊ヤングマガジン」で連載されていたマンガ版の「逆転検事」が、フィールドを「月刊ヤングマガジン」(毎月第2水曜日発売)に移して連載再開されました。

脚本はもちろんこの人、夏はスイミングインストラクター、冬はスキーインストラクターの肉体派(?)本格ミステリ作家、くろけんこと黒田研二さんです。


1月4日、新年の仕事始めの日を迎えたおもちゃ会社「おもちゃ堂」の本社ビルで、社長秘書の「遠井幸(とおいさち)」(26歳)が、社長室で遺体となっている「大餅屋鰤吉(おおもちやぶりきち)社長」(43歳)を発見します。

遺体発見時、社長室のドアは開いたままでしたが、社長のデスクがなぜか移動させられており、鰤吉社長は神棚と掛け軸の下で正座をし、腹部に短刀が刺さったまま「切腹」のような状態で大量の血を流して絶命していました。

死因は腹部からの大量出血による失血死、死亡推定時刻は3~4日前のようです。

掛け軸には、書道が唯一の趣味だった鰤吉社長直筆の「浅い川も深く渡れ」という含蓄のある(?)言葉が書かれており、また、仕事人間だった鰤吉社長は職場以外での人付き合いは皆無で、唯一心を許していたのは愛犬「ロケット」(くろけんさんの愛犬「ロック」のもじりでしょうか?)だけだったようです。

デスクの上からは、年賀状に混じって、「我が命日に地獄より舞い戻り貴殿を呪い殺さん 大餅屋玩之輔」と書かれたハガキも見つかり、またゴミ箱からは筆で「下川」と書かれているらしき紙も見つかります。

先代の社長であり創業者の「大餅屋玩之輔(おおもちやがんのすけ)」は、長男の鰤吉社長、次男で副社長の「大餅屋積樹(おおもちやつみき)」(41歳)、三男で専務の「大餅屋竹馬(おおもちやちくま)」(39歳)の父親ですが、昨年の元旦に社長室で切腹自殺を図り亡くなったとの事。

デスクの上にあったカードは、冥界からの脅迫状なのか?

経営難に苦しんでいた鰤吉社長は、父親と同じように元旦に切腹自殺してしまったのか?

「下川」のように読める紙は鰤吉社長が書いたダイイングメッセージなのか?



秘書の遠井は鰤吉社長を尊敬していたようですが、前妻との間に生まれた、存在すら知らなかった兄を突然連れて来られて2代目社長の座を奪われた竹馬などは、かなり鰤吉を嫌っていたようです。

警察は早々に自殺と断定したようですが、御剣検事の眼は欺けません。

ゲームファンには嬉しいキャラクター、カガク捜査官を目指す「宝月茜」も登場し、力を合わせて事件の真相究明にかかります。


・・・・・と、ここまでが〈前編〉。


〈後編〉では、数々のささいな手掛かりを元に御剣検事が一気に真相をあぶり出すのですが、残念ながらネタバレになるのでここでは細かくは語れません。

ただ、今回は後編で初めて登場する手掛かりなどもあったため、前編だけで完全に真相に辿り着くのはちょっと難しかった気がします。

また、犯人が仕掛けた偽装やそれに関する真相も、ちょっといつもに比べて無理筋の物が多かったようです。

ま、真相が分かった後で前編を読み返してみると、しっかりコマの中に真相に繋がる伏線が描かれていたりしますので、こういう楽しみはミステリマンガならではですね。


さて、次号(2/10発売の3月号)からは銀幕の世界で起こった事件が描かれるという事で、今後も楽しみです。








「謎と論理と遊び心」トップへ

2010/01/21 02:43|逆転裁判&逆転検事TB:0CM:2

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。