FC2ブログ

~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

極限推理コロシアム (講談社ノベルス)極限推理コロシアム (講談社ノベルス)
(2004/04/06)
矢野 龍王

商品詳細を見る
二つの館に強制的に集められた七人の「プレイヤー」たちに「主催者」は命じる―「今から起きる殺人事件の犯人を当てよ」―もちろん、被害者もプレイヤーの中から選ばれる。二つの館で起きる事件を、互いにもう一つの館より早く、解決しなければならないのだ。不正解の代償は「死」!過酷きわまるデス・ゲームの幕が開く!究極のサバイバル・サスペンス!第30回メフィスト賞受賞。

まずショックな出来事が一つ。

少し前にノベルスで買っていたこの本が、今月文庫で発売されました

もう少し買うの待てばよかった・・

結局文庫が発売になった後にノベルスで読んでるし・・

一応(?)書店で働いてるのに・・。

あ、ホントに店長ですから。念のため


さて内容ですが・・

う~ん、まあそれなりに面白かったです。

突然見覚えのない場所で目覚めた主人公。

「夏の館」と名づけられたその場所には、主人公を含め7人の「プレイヤー」が集められていた。

「主催者」は命じる。「今から起きる殺人事件の犯人を当てよ」。

しかも同じ境遇の「冬の館」の7名よりも早く。

そしてその殺人事件の被害者は「プレイヤー」たち自身・・・。


設定はすごく面白かったんです。

ただ悲しい事に、これだけ本格ミステリばかり読んでると、いわゆる「スレた読者」になってしまうんですよね・・・ミステリを読み始めたころの純粋な気持ちはどこへやらって感じで

つまり残念なことに、この作品の一番大きなトリックが途中で何となく予想がついてしまって、カタルシスを感じるはずの解決シーンで「ああ、やっぱりか」となってしまいました。

しかも、主人公が推理の糸口にする「主催者からのヒント」も、ちょっとこじつけっぽいというか無理があるというか

ただ、決して買って損したなどという駄作ではありません。

十分面白い作品です

ただし、もっと昔に読んでいたら、素直に驚いて今以上に楽しめただろうな、と思うと少しさみしくなった私でした

同じような特異な設定の作品をあと3作ほど出されているようですので、機会があれば2作目以降も読んでみようと思います







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/27 23:33|・矢野龍王TB:0CM:0

 

モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
(2008/10/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
検索から、監視が始まる。漫画週刊誌「モーニング」で連載された伊坂作品 最長1200枚。岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」五反田正臣は警告する。「見て見ぬふりも勇気だ」渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて、見る角度次第」永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」

伊坂幸太郎の「モダンタイムス」を読みました。

普段はほとんど本格ミステリしか読まないくせに、なぜか伊坂幸太郎だけはどうしてもやめられないんです

先日、同じく伊坂さんの「魔王」が文庫になりましたが、その続編になります。

舞台設定は、「魔王」の約50年後

前作「魔王」に収録されていたのは、ある会社員が不思議な力を身につけ、大衆を扇動する危険な政治家に対して、その力を使って挑んでいく表題作の「魔王」と、主人公の弟の5年後の姿を描いた「呼吸」の2篇でした。

これを読んだ当時は「何も考えずに日常に流されてはいけない!」と強く危機感を持った覚えがあります。

なんせ読んだ小説にすぐ影響される体質なもので・・

この「モダンタイムス」では、主人公は違うものの前作の登場人物が何人か登場し、その後の世界が語られていきます。


今回の主人公は、あるシステムエンジニアです。

いきなりとんでもないシーンから始まって、一気に物語に引き込まれました

何とか危機を乗り越え日常生活に戻りますが、その後ある仕事に関わってから、身の回りに不穏な出来事が起こり始めます。

これは「検索」をしたからなのか・・。

いつもの伊坂作品と同じく、独特のユーモアを交えた軽妙な語り口で、物語は次々に新しい展開を迎えていきます。

現代社会に潜む、重いテーマについての物語のはずなのですが、500ページ超という長さを感じさせずに、ぐいぐい読み進まされます。

魔王」を読んでいなくても楽しめる作品ではありますが、個人的には、絶対に「魔王」を読んだ直後に読む事をおすすめします。

そうすれば、間違いなく何倍もこの物語を深く楽しめるはずです。

実は私はハードカバーが出た時に前作を読んでいて、今回「モダンタイムス」を読む前にもう一度目を通したかったのですが、本が手元になくて・・

綾辻さんや伊坂さんのサイン本などの大切な本や、すでに読んでから何年も経っている本は実家の方に保管してあるんですよね

こっちの家に置いていると、ちっこい怪獣2人がいつ破るか分からないもんで・・

と言う事で、前作の登場人物の名前とかかなり忘れてましたので、それが少し残念でした。



それでは最後に・・

岡本猛は脅す。「この本を読む勇気はあるか?」

五反田正臣は警告する。「読まないのも勇気だ」

井坂好太郎は嘯く。「長編は要約できねえんだよ」

渡辺佳代子は怒る。「面白いかどうかなんて、見る角度次第」

メールは告げる。「あなたは読むべきですよ、絶対。」

なぜなら「そういうことになっているから」




おまけ

勇気のあるかたは、作品に出てくるキーワードで「検索」してみてください
面白いサイトにたどり着けると思います
その後、あなたの身がどうなっても一切責任は持ちませんが








皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/25 23:45|・伊坂幸太郎TB:1CM:2

 

ミステリーズ! vol.31(OCTOBER2008) (31)ミステリーズ! vol.31(OCTOBER2008) (31)
(2008/10)
不明

商品詳細を見る
■第18回鮎川哲也賞・第5回ミステリーズ!新人賞選評■砂漠が一転、クローズド・サークルに?!第5回ミステリーズ!新人賞受賞作 梓崎優「砂漠を走る船の道」■芸大の学祭で巻き起こった殺人に、「聴き屋」の僕は? 第5回ミステリーズ!新人賞佳作。市井豊「聴き屋の芸術学部祭」■好評読み切り第二弾 乾ルカ「モドル」■連載最終回 井上尚登「行方不明ベア」、高城高「スクーネル船上の決闘」、しかくの「La Petite Fadette」■隔号掲載 門井慶喜、森福都ほか

あうっ

また画像がない

今回も、フェルトを使った、トヨクラタケルさん(イラストレーター)の素敵な「ウサギ団」のイラストが表紙なのに・・。

残念!

さて、今回は東京創元社の書籍扱い隔月刊誌(ややこしいな・・)「ミステリーズ!Vol.31」です

いきなり話がそれますが、書店に並んでいる本には、ものすごくおおざっぱに分けると「書籍」と「雑誌」がありまして(他にも「ムック」とかいくつかありますが)、この本は一見「隔月刊誌」、つまりは「雑誌」と見せかけておいて実は「書籍」という、時には書店員を悩ませるちょっと困ったタイプの本です

なぜ困るかというと・・

長くなるので、またいつかそのうちに

ちなみにこの「ミステリーズ!」は創刊号から定期購読していますので、この本だけで家の本棚がえらいことになってます


さて、ようやく内容ですが・・

毎回多くのミステリ作家の方々が、それぞれ連載や読み切り、エッセイなどで心ゆくまでミステリファンを楽しませてくれる非常に密度の濃い本なのですが、その中でも今回は特に大きな収穫がありました!!

第5回ミステリーズ!新人賞受賞作

「砂漠を走る船の道」(梓崎優)です!!

選考委員(綾辻行人有栖川有栖辻真先)の満場一致での受賞作、どんなものかと読んでみて・・見事にやられました


砂漠と言う名のクローズド・サークル。

まずはこの舞台が魅力的です。

登場人物はごくわずか。

しかし、そこで起こる連続殺人。

当然容疑者は限られています。

フーダニット(犯人は誰なのか?)でもあるのですが、それ以上に「なぜ、こんな時に仲間を殺すのか」という謎(と解決)が素晴らしかった!

これは思い付きませんでした!

しかも分かってみれば納得!

砂漠という特殊な環境の中での、不可思議な事件と謎。

そして意外な、しかし納得のいく真相。

これだけでも十分に楽しめる本格ミステリだったのですが、何とこの作品はそれだけでは終わりませんでした!


作品全体にさりげなく仕掛けられた、もう一つの大きなトリック!


もう完全に魅了されました

思わずもう一度最初から読み直したのは、歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」以来だったような気がします。

三段組みとはいえ、二十数ページの短編。

こんなに贅沢な短編があっていいのでしょうか!

一発でファンになりました

いずれ本になって発売されるのは間違いありませんが、それまで待てない方は、この作品だけでもぜひ読んでみて下さい。

私たちを楽しませてくれる新たな書き手の誕生に、きっと嬉しさがこみあげてくるはずです

そして梓崎優さん!

これからのご活躍を、心から楽しみにしております







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/23 23:35|・ミステリーズ!TB:0CM:0

 

このブログを少しでも役に立つようにしたいのと、自分自身の備忘録も兼ねて、作家さんの著作リストも少しずつ増やしていきます。


「座間味くんシリーズ」
 ・月の扉・・・光文社カッパ・ノベルス('03)、光文社文庫('06)
 ・心臓と左手・・・光文社カッパ・ノベルス('07)、光文社文庫('09)
 ・玩具店の英雄・・・光文社('12)

「碓氷優佳シリーズ」
 ・扉は閉ざされたまま・・・祥伝社ノン・ノベル(’05)、祥伝社文庫(’08)
 ・君の望む死に方・・・祥伝社ノン・ノベル('08)、祥伝社文庫('11)
 ・彼女が追ってくる・・・祥伝社ノンノベル('11)、祥伝社文庫('14)
 ・わたしたちが少女と呼ばれていた頃・・・祥伝社ノンノベル('13)

「テロリストシリーズ」
 ・攪乱者・・・実業之日本社ジョイノベルズ('10)、実業之日本社文庫('13)
 ・煽動者・・・実業之日本社('12)

「ノンシリーズ」
 ・アイルランドの薔薇・・・光文社カッパ・ノベルス(’02)、光文社文庫(’04)
 ・水の迷宮・・・光文社カッパ・ノベルス(’04)、光文社文庫(’07)
 ・BG、あるいは死せるカイニス・・・東京創元社('04)、光文社カッパ・ノベルス('07)、創元推理文庫('09)
 ・セリヌンティウスの舟・・・光文社カッパ・ノベルス(’05)、光文社文庫(’08)
 ・顔のない敵・・・光文社カッパ・ノベルス(’06)、光文社文庫(’09)
 ・人柱はミイラと出会う・・・新潮社('07)、新潮文庫('10)
 ・Rのつく月には気をつけよう・・・祥伝社('07)、祥伝社文庫('10)
 ・温かな手・・・東京創元社('07)、創元推理文庫('10)
 ・賢者の贈り物・・・PHP研究所('08)、PHPノベルス('09)、PHP文芸文庫('11)
 ・耳をふさいで夜を走る・・・徳間書店('08)、徳間文庫('11)
 ・ガーディアン・・・光文社カッパノベルス('08)、光文社文庫('10)
 ・まっすぐ進め・・・講談社('09)、河出文庫('14)
 ・君がいなくても平気・・・光文社カッパノベルス('09)、光文社文庫('11)
 ・リスの窒息・・・朝日新聞出版('10)、朝日ノベルズ('11)
 ・この国・・・原書房('10)、光文社文庫('13)
 ・八月の魔法使い・・・光文社('10)、光文社文庫('12)
 ・見えない復讐・・・角川書店('10)、角川文庫('13)
 ・ブック・ジャングル・・・文藝春秋('11)、文春文庫('13)
 ・人面屋敷の惨劇・・・講談社ノベルス('11)
 ・トラップ・ハウス・・・光文社('12)、光文社文庫(未刊、'14.11.12発売予定)
 ・フライ・バイ・ワイヤ・・・東京創元社('12)
 ・届け物はまだ手の中に・・・光文社('13)
 ・カード・ウォッチャー・・・角川春樹事務所('13)、ハルキ文庫('14)
 ・三階に止まる・・・河出書房新社('13)
 ・二歩前を歩く・・・光文社('14)
 ・御子を抱く・・・河出書房新社('14)
 ・相互確証破壊・・・文藝春秋('14)

「共著・オムニバス等」
 ・深夜バス78回転の問題(「顔のない敵」所収)・・・講談社ノベルス('04)、講談社文庫('08)
   (「本格ミステリ04」(講談社ノベルス)から文庫化に際し改題)
 ・珍しい物語のつくり方(「陰樹の森で」所収)・・・講談社ノベルス('06)、講談社文庫('10)
   (「本格ミステリ06」(講談社ノベルス)から文庫化に際し改題)
 ・法廷ジャックの心理学・・・講談社ノベルス('07)、講談社文庫('11)
   (「本格ミステリ07」(講談社ノベルス)から文庫化に際し改題)
 ・新・本格推理 特別編・・・光文社文庫('09)
 ・不可能犯罪コレクション・・・原書房('09)
 ・ザ・ベストミステリーズ 推理小説年鑑2010・・・講談社('10)
 ・逆想コンチェルト イラスト先行・競作小説アンソロジー 奏の2・・・徳間書店('10)
 ・NOVA 書き下ろし日本SFコレクション5・・・河出文庫('11)



'14.11.5 改訂10版
太字は私の既読作品です)







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/10/21 23:33|石持浅海著作リストTB:0CM:0

 

BG、あるいは死せるカイニス (カッパ・ノベルス)BG、あるいは死せるカイニス (カッパ・ノベルス)
(2007/06)
石持 浅海

商品詳細を見る
流星観測に出かけたはずの高校生・西野優子が、深夜の学校で殺害された!美人で頭もよく、生徒たちの憧れの対象だった彼女が、なぜ、誰に殺されなければならなかったのか?優子の妹・船津遥は、姉の死に打ちひしがれるが、やがて彼女の死の謎を追い始める。辿り着いたキーワード「BG」が意味するものは?優子の死の謎が解けるとき、世界は―。驚くべき展開をみせる石持本格の極北。

さて、地道に石持浅海さんの本も読み進めています。

まだ読めてないのはあと3冊ぐらいかな?

初めて読んだのが「扉は閉ざされたまま」で、とにかくこの最高傑作があまりに気に入ったので、それ以外の作品も少しずつ読んでいます。

デビュー作「アイルランドの薔薇」もさすがでしたし、「月の扉」もよかった!

月の扉」の続編(後日譚)が収録された短編集「心臓と左手」も楽しめました。

また「水の迷宮」では、久々にミステリで泣きました


・・と他の作品の事ばかり書いてもしかたがないので、とりあえず今日は「BG、あるいは死せるカイニス」です。

主人公は高校2年生の私、船津遥。

ある日、姉の優子さんが深夜の学校で殺されます。

姉はレイプ未遂の末に殺されたようだが、レイプは普通、女が集団で男を襲うもののはず。

ちなみに私と優子さんは腹違いの姉妹で、優子さんは、私のお父さんがまだ女性だった頃に産んだ子供・・

そう、ここは現代日本によく似た別の世界(のはず)。

人間は生まれた時は全員女性で、その後、生物的(肉体的)に優れた一部の女性だけが男性化するという世界。


姉の死の謎を追いかける主人公の周りに、新進気鋭のジャーナリストや謎の白人女性などが現れ始めます。

この世界でしかありえない動機も見え隠れし・・。

最後は、少し後味が悪かったように思います。

これが架空の物語であればいいのですが・・。


石持浅海さんの作品は常に論理的に事件が解決することが多く、それが大きな魅力でもあるのですが、時には主人公(やそれ以外の登場人物)の思考があまりにも論理的すぎて、リアリティが無いように感じられることがあります。

この作品も、これが普通の高校2年生の思考回路か?と思う場面が何度もありましたが、すみません、これは私の誤解でした

最後まで読めば分かります

と言う事で、やっぱり石持浅海さんの作品はどれも面白い!

これだけハズレが少ない作家さんも珍しい気がします。

さ~、残りの作品も早く読みたいなっと







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/19 23:52|・石持浅海TB:1CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。