~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

犯人に告ぐ犯人に告ぐ
(2008/03/21)
豊川悦司

商品詳細を見る
雫井脩介のベストセラー小説を豊川悦司主演で映画化!心に傷を負った刑事と姿なき殺人犯の緊迫の心理戦を描く本格サスペンス。川崎で起きた連続児童殺人事件。〈BADMAN〉と名乗りテレビに脅迫状を送りつけた犯人は3件目の犯行後、表舞台から姿を消す。膠着した警察は捜査責任者をテレビに出演させる大胆な“劇場型捜査”を決断する。担ぎ出されたのは過去に犯人を取り逃がし失脚した男・巻島。彼は犯人を挑発するが…。

原作小説を読んだ興奮の冷めやらぬうちに、今度は映画を観てみました

先日も書きましたが、雫井脩介さんは最新刊「犯罪小説家」に、まるで自分自身をモデルにしたかのような主人公(もちろん職業は小説家)を登場させています。

誤解の無いように書いておくと、当然この「犯罪小説家」は別に小説の映画化について論じている本ではなく、映画の監督をすることになった人気脚本家が、その粘着質で不快な独特の雰囲気で、その映画の原作小説の著者である主人公にまとわりついてくるという心理サスペンスです。

ただ、この小説の中で私が印象に残ったシーンの一つとして、主人公である作家が、監督を務める事になった脚本家に対して「・・・僕としては、小説とは違うシーンが出てきたり、ストーリーがアレンジされたりしても構いませんよ。多くの原作付き映画がそうであるようにね。小説は小説、映画は映画ですから」と言う場面があります。

もちろんこれは「犯罪小説家」の主人公「待居涼司」の台詞であって、「雫井脩介」の台詞ではありません。

しかし、東野圭吾さんも自身のエッセイの中で「映画化を任せた以上、私は監督、脚本家、さらには役者を信じることにしている。誰もがいいものを作ろうとしているはずだからだ。わざわざ面白くもないものを作ろうとは誰も思わない。熟考の末、最も面白いと思って作ったストーリーが原作と違っていても構わない。むしろそれは望むところだ。そのストーリーを生かす最善の演出を監督はやろうとするだろうし、役者さんたちはそれに応えようとするはずだ。」と書いていました。

しかし私の場合、映画を観て「原作はあんなに面白かったのに・・」と落胆したのは一度や二度ではありません

ただ、中には先日の「アヒルと鴨のコインロッカー」のように、「よくぞここまで原作の良さに忠実に映画化してくれた!」という嬉しい作品もありました

・・と言う事で、しばらくは「原作」と「映画」を見比べるマイブームが続くかもしれません

それにしても前置き、長っっ!!


で、ようやく映画です。

全体的に、すごく良く出来ていたと思います

特に豊川悦司さんは見事にハマリ役でした。

ただやはり駆け足の感は否めません

もちろん、もし原作通りに忠実に映画化したら恐らく4時間以上の映画になるでしょうから、これはしょうがないんでしょうね。

原作では、主人公が犯人に直接呼びかけ始めるのは何度かテレビに出演した後なのですが、映画では1回目の放送でいきなりでしたので、これは驚きました。

また、出産を迎えるのが、原作では娘だったのですが、映画では妻になっていました。

ただそれらの変更点はいいとして、一つだけ残念だった事があります

原作では、主人公の家族は色々と大変な目に遭いながらも、それでも主人公を支えているように見えました。

しかし映画では、家族は仕事ばかりの主人公を責め、どちらかというと足を引っ張る存在になっていました。

もちろん、その方がリアリティがあるのかもしれません。

いくら日本中が注目する重大事件の捜査指揮官とはいえ、夫であり父親ですから。

しかし、犯人を追いつめるサスペンスと同時に、辛い立場の主人公を支える家族の姿も原作の「良い部分」だったと思いますので、出来ればここは変えて欲しくなかったです

他にも細かい変更点は色々とありましたが、ただ、一番のクライマックスである・・

犯人に告ぐ(注 原作では「バッドマンに告ぐ」)。(中略)我々はようやくお前を追いつめた。逮捕はもう時間の問題だ。(中略)今夜は震えて眠れ。」

のシーンは、映画版の方が台詞がかなり長く、非常に迫力があり、まさに最高の見せ場でした

ここは唯一映画が原作を凌駕したシーンかも

とにかく、全体的には十分満足しました


次は何を観ようかな♪







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/14 23:47|・ミステリ映画&ドラマTB:0CM:0

 

犯人に告ぐ (上)(双葉文庫 し 29-1)犯人に告ぐ (上)(双葉文庫 し 29-1)
(2007/09/13)
雫井 脩介

商品詳細を見る
闇に身を潜め続ける犯人。川崎市で起きた連続児童殺害事件の捜査は行き詰まりを見せ、ついに神奈川県警は現役捜査官をテレビニュースに出演させるという荒技に踏み切る。白羽の矢が立ったのは、6年前に誘拐事件の捜査に失敗、記者会見でも大失態を演じた巻島史彦警視だった―史上初の劇場型捜査が幕を開ける。第7回大薮春彦賞を受賞し、「週刊文春ミステリーベストテン」第1位に輝くなど、2004年のミステリーシーンを席巻した警察小説の傑作。

先日、雫井脩介の最新刊「犯罪小説家」を読みました。→その時の記事はこちら。

この作品の主人公は、あたかも著者が自分をモデルにしたかのような小説家で、しかも自分の作品が映画化されるにあたって、色々戸惑うというシーンがたくさんありました。

しかし!

何と私は「犯人に告ぐ」をまだ読んでなかったのです

という事で、「話題の小説と、その映画化」に興味を持った私は、遅ればせながらようやく読みました


主人公は神奈川県警の警視、巻島史彦。

ある日、幼児誘拐事件が発生します。

警視庁と縄張り争いをしながらも、大包囲網を敷いて、身代金受け渡し場所に現れる犯人を待ちますが・・。

部下のミスもあり、あと一歩の所で犯人らしき男を取り逃がしてしまう巻島

誘拐された幼児は遺体で発見され、そこには警察と巻島を嘲る手紙が。

全ての責任を押しつけられた巻島は、記者会見でも大失態を演じてしまいます。


―そして6年後。

「バッドマン」を名乗る犯人が起こす、連続児童殺害事件。

半年以上手掛かりを掴めない警察は、左遷先で抜群の検挙率を挙げている巻島を呼び戻し、「バッドマン」逮捕のため、巻島をテレビ出演させる事にします

劇場型犯罪」を解決させるための、前代未聞の「劇場型捜査」の幕開けです


いや~、ぐいぐい引き込まれました

ミステリー」と呼ぶのは少し語弊がありますが、間違いなく一級品の警察小説であり、エンターテイメント小説でした

横山秀夫、とまではいかないかも知れませんが、警察の事もよく調べてリアリティを持たせてあるし、「犯人VS警察(巻島)」だけではなく、警察内部の裏切り者との駆け引きや、6年前の事件の禍根、そして主人公自身の家族の事・・。

エンターテイメントのツボをしっかりと押さえてあり、上下巻の2分冊ながら一気に読んでしまいました

映画化されたのも納得です


さて問題は、その「映画化」ですが・・。

「原作小説」は最高でした。

「映画」はどうでしょう・・?

その話はまた次回


追伸:映画の記事はこちら→映画「犯人に告ぐ」(雫井脩介原作)を観ました。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/13 18:44|・雫井脩介TB:1CM:3

 

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る
湯川の頭脳に挑戦してくる犯人たち。科学を殺人の道具に使う人間は許さない―絶対に。

東野圭吾のガリレオシリーズが長編・短編2作同時に刊行されましたが、まずは短編集「ガリレオの苦悩」を先に読んでみました

発売直後は、店の在庫を品切れさせたくなかったのですぐに買うのは我慢したのですが、そろそろ売れ行きも落ち着いてきましたので・・

これは喜んでいいことなのか・・?

「情念の長編」と銘打たれた「聖女の救済」と、同じく「論理の短編」と銘打たれた「ガリレオの苦悩」。

今回の短編集に収められた作品は5篇です。


「落下る(おちる)」
―アイデアがあるなら試せばいい。価値のない実験なんかない。

マンションから突然落下してきた女性。

自殺か?他殺か?

事件の前にこの女性の部屋を訪れていた男性に疑いがかかりますが、女性が落ちた時、この男性はそのマンションの下を歩いていた・・。


私はドラマ「ガリレオ」は観ていませんが、この短編に、いきなり女性刑事の「内海薫」が登場してきたのには驚きました。

最初は東野さんがドラマに影響されて新たなキャラを登場させたのかと思いましたが、この「落下る」は2006年の作品ですので、実際は小説が先だった、という事でしょうか。

色々と事情があって、警察には協力しなくなった湯川准教授。

理由はやはり石神の一件でしょう。

しかし、この女刑事の熱心さに、ガリレオの心も少しずつ動いていきます。

オカルトチックな、現実にはあり得ない現象を科学の力で解明していく、というのがこのガリレオシリーズの特徴ですが、今回はうまく外した、というかある意味意外な結末でした。

しかし、当初「佐野史郎」のイメージで描かれていたというガリレオ(湯川学)ですが、ドラマや映画を観ていない私が読んでも、湯川の一つ一つのしぐさが妙にキザに見え、明らかに「探偵ガリレオ」や「予知夢」の頃とキャラが違うように感じるのは気のせいでしょうか

内海薫も、どうやっても柴崎コウの顔しか浮かんできません

小説の中の湯川が変わったのか、それとも読む側の私の意識がメディアに引きずられてしまっただけなのか・・。



「操縦る(あやつる)」
―人の心も科学です。とてつもなく奥深い。

「メタルの魔術師」の異名をとっていた元助教授の自宅に、湯川ら昔の教え子数人が集まります。

しかしその時、自宅の離れが炎上し、そこで暮らしていた元助教授の息子が「刺殺体」として焼け跡から発見されます。

・・・使われたトリックは、ガリレオシリーズならではでした。

こんな特殊な装置は、普通分かりません

ただ今回注目すべきは犯人の動機。

そしてそれ以上に注目すべきは、少しずつ「人の心」が理解できるようになってきた湯川准教授、といったところでしょうか



密室る(とじる)」
―人間が生み出した謎を解くには、人間のことを知っておく必要がある。

湯川は、脱サラしてペンション経営をしている大学時代の友人の元を訪れます。

友人が言うには、数日前にこのペンションで起こった事件には「密室」が関わっているとの事なのですが・・。

う~ん、やはりトリックは特殊ですね

どこかのブログでネタバレしているのも見かけましたが
(もちろん、私が見たのは読んだあとです。)

ま、これもトリックうんぬんよりは、その陰にある人間ドラマに主眼を置くべきでしょう。



「指標す(しめす)」
―神秘的なものを否定するのが科学の目的じゃない。

今回は水晶を使った「ダウジング」が登場します。

強盗殺人が発生し、同時に、庭にいたはずの犬が姿を消します。

しかし、容疑者の娘が「ダウジング」を使ってその犬の居場所を発見

これは神秘の力か、何かのトリックか―。

そして真犯人は・・?

今回も「人の心」が分かるようになってきた湯川学でした



「攪乱す(みだす)」
―魔法なんてものは、この世に存在しない。

「悪魔の手」を名乗る人物から、警察と湯川に挑戦状が届きます。

そして、その挑戦状で「事故と見分けがつかない方法で無差別殺人を行う」と予告した犯人は、それを実行に移します。

必要以上に、湯川を敵対視する犯人。

湯川は、犯人に心当たりは無い、と言いますが・・。

またもや超理系的なトリック(装置)が登場しますが、それはさておき、犯人の歪んだ動機には同情の余地はありませんでした。

科学者同士の対決、といった構図でしたが、湯川の方が1枚上手でした



このシリーズの特徴ではありますが、普通の人には分からないトリック(装置)が多く使われているため、謎が解けた時の「うわっ!そうだったのか!」といった驚きは特にありませんでした

どちらかと言うと、「へ~、そんな機械があるんだ~」という感じで

まあ今までの「草薙刑事が困って湯川に相談して事件が解決する」というパターンからバリエーションが広がり、直情型の女刑事の登場や、湯川が裏方ではなく表舞台に立つようなストーリーが多かった所は楽しめたかな







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/11 23:28|・東野圭吾TB:1CM:3

 

Rの刻印 読者参加型犯人当てミステリーRの刻印 読者参加型犯人当てミステリー
(2008/10/10)
ふじしろ やまと

商品詳細を見る
探偵はあなた!読者参加型「犯人当て」文庫。古代エジプト女王ハトシェプストにまつわる歴史的発見をめぐり、次々に起こる殺人。「問題編」を読んで犯人を推理し、エジプト旅行ほか豪華賞品を当てよう!

さて、先日紹介した「新本格謎夜会」から、イーピン企画つながりで紹介するのがこの本

何と「読者参加型犯人当てミステリー」の「Rの刻印」です!

この本に書かれているのは「問題編」のみ。

巻末の「逮捕状(解答用紙)」を期限(2009年1月15日、当日消印有効)までに送ると、後日「解決編」が送られてきます

著者の「ふじしろやまと」というのは、謎解きイベント「ミステリーナイト」等を企画制作しているイーピン企画のプロデューサー「城島和加乃」さんと、同じくプランナー兼シナリオライターの「かとうだい」さんの共同執筆名だそうです。

ストーリーは・・・

エジプトで発掘調査を行っている日本の大学の調査隊が歴史的な発見をし、それを同じく日本のテレビ局が撮影します。

ところが関係者の一人が殺害され、その事件を調べていた人物もまた口封じに殺されてしまいます。

しかし!

この2人目の被害者は、自分の身にもしもの事があった時のために、数々の手掛かりを残しておいてくれました

あなたは「暗号」で残されたそれらの手掛かりを解読し、事件の真犯人を見抜くのです!!

・・・ということで、先日の「安楽椅子探偵と忘却の岬」のリベンジとばかり、早速読みました。

手掛かりは、被害者が自分の手に書き込んだ「ダイイングメッセージ」。

更には、少しずつタイミングをずらして届く5枚の絵ハガキと、最後に届く「アンクの書」。

全てが暗号で書かれていますが、「絵ハガキ」と「アンクの書」の暗号はよくある「頭の体操」のような割と易しめの内容でしたので、すぐに解読できました

とはいえそれらを解読したからといって全てが分かるわけではなく、当然これをヒントに自分で推理を展開しないといけないのですが・・。

締切までまだ余裕があるので、とりあえずそこで一旦ストップしています

夏休みの宿題とか、最後の数日にまとめて片づけてたタイプなもので・・

「最優秀名探偵」に選ばれた方は、何と「エジプトナイルクルーズツアー」にペアで招待!

また惜しくも最優秀を逃した上位入賞者には、「優秀探偵賞」として「エジプトグッズ」や「講談社特製グッズ」などが貰えるそうです

全国の名探偵たちに負けないようにがんばるぞ~


そういえば、前回の記事で「ミステリーナイトなどのイベントを九州でもやってくれないかな~」と書いたところ、イーピン企画の城島プロデューサーから「九州でも定期的にやっていますよ」というご連絡を頂きました

勉強不足で申し訳ございませんでしたm(_ _)m

今度機会があった時は、何とか都合をつけて参加してみたいと思ってます

休み取れるかな・・







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/09 23:10|Rの刻印TB:0CM:4

 

新本格謎夜会(ミステリー・ナイト) (講談社ノベルス)新本格謎夜会(ミステリー・ナイト) (講談社ノベルス)
(2003/09)
綾辻 行人有栖川 有栖

商品詳細を見る
綾辻、有栖川両氏をはじめ、多くの推理作家の作品から盗作を繰り返していた男が密室の中で殺された。しかも、部屋の鍵は男の口の中に入れられていた!―新本格誕生15周年を記念して行われた謎解きイベント&トークショーをここに完全再現。

今回は「新本格謎夜会」(←ミステリー・ナイトと読みます)という本を紹介します。

ちなみに、小説ではありません

この本は2003年に発売になった本ですが、その前年(2002年)は綾辻行人さんのデビュー15周年の年!

1987年に綾辻行人さんは「十角館の殺人」でデビューし、それと同時にいわゆる「新本格ムーブメント」が始まりました。

また時を同じくして、「ホテルに宿泊し実際に事件を体感した上で、探偵となって謎解きに挑戦する」というイベント「ミステリーナイト」も「E-Pin(イーピン)企画」という会社の元で生まれ、2002年に15周年を迎えました。

http://www.epin.co.jp/(←E-Pin企画のサイトはこちらから)

という事で、ともに15周年を迎える「新本格」と「ミステリーナイト」が手を結び、2002年に「新本格謎夜会(ミステリーナイト)」というイベントが東京と神戸で開催されました!

このノベルスは、このイベントに参加した「新本格を愛するライター、大地洋子」さんが、当日のイベントに参加できなかった私のようなミステリファンのために、当日の楽しかった空気を感じてもらえるように上手~くレポートした1冊です

当日の謎解きイベント(人気作家の作品を盗作しまくった作家が、密室で殺害される事件!)も、参加者と同じ条件で手がかりが示され、この本を読んだだけで実際にイベントに参加した気分になれます。

・・が、それと同じくらい楽しめるのが、やはり著名作家さんたちのトークイベント!

綾辻行人有栖川有栖の両名はもちろんの事、山口雅也・竹本健治・二階堂黎人倉知淳喜国雅彦法月綸太郎我孫子武丸・太田忠司・麻耶雄嵩西澤保彦(順不同、敬称略)といったそうそうたるメンバー(一部「作家」じゃない人がいますが)が参加し、作品からは分からない色々な顔を見せてくれています

九州でこういうイベントをやってくれないかな・・。

「イベントレポート」兼「ファンブック」のような本ですが、好きな方は読んでみてはいかがでしょうか?


ちなみにE-Pin企画さんでは、来年3月に「探偵ミステリーツアー(今回の舞台は富士五湖)」を開催するようです。

行けるものなら行ってみたい・・(休みが取れない)。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/06 23:04|・綾辻行人&有栖川有栖TB:1CM:2

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。