~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

20世紀の幽霊たち (小学館文庫)20世紀の幽霊たち (小学館文庫)
(2008/09/05)
ジョー ヒル

商品詳細を見る
奇妙な噂がささやかれる映画館があった。隣に座ったのは、体をのけぞらせ、ぎょろりと目を剥いて血まみれになった“あの女”だった。四年前『オズの魔法使い』上映中に一九歳の少女を襲った出来事とは!?(『二十世紀の幽霊』)そのほか、ある朝突然昆虫に変身する男を描く『蝗の歌をきくがよい』、段ボールでつくられた精密な要塞に迷い込まされる怪異を描く『自発的入院』など…。デビュー作ながら驚異の才能を見せつけて評論家の激賞を浴び、ブラム・ストーカー賞、英国幻想文学大賞、国際ホラー作家協会賞の三冠を受賞した怪奇幻想短篇小説集。

ちょっとミステリ以外の本が続いていますが・・・。

今回は、ホラー作家であるジョー・ヒルの「20世紀の幽霊たち」という中・短編集です。

近年世界中で高い評価を受けている「ジョー・ヒル」の作品集で、海外では限定版のみに収録された作品なども収めてある、日本オリジナルの「決定版」。

本人は極力伏せているようですが、彼はあの「スティーヴン・キング」の二男です。

さてさて、その作品は・・・。


「年間ホラー傑作選」

まさに冒頭を飾るにふさわしい一篇。

「アメリカ年間ホラー傑作選」というアンソロジーの編者である主人公は、郵送で送られてきたある作品に興味を持ち、何とか著者と連絡を取ろうとします。

ようやく住所をつきとめた主人公は彼の自宅を訪れますが、そこで待っていたのは・・・。


ホラー作家らしい、いかにも、な薄気味悪い作品でした。



「二十世紀の幽霊」

女の幽霊がでるという噂がある映画館。

その映画館の現在の経営者であるアレックは、その幽霊を最初に目撃した人物の一人だった。


アレックが見た幽霊や、彼がこの映画館の経営者になるまでのいきさつが、回想シーンを挟みながら数々の名作映画とともに語られていきます。

ノスタルジックな映画たちが次々に登場するこの物語ですが、そのラストシーンも、非常に映画的で印象に残るものでした。



「ポップ・アート」

この作品には驚かされました!

この「20世紀の幽霊たち」の序文でも「至高の域に達するとびきりの大傑作」と絶賛されていますので、一体どんな作品だろうと思っていましたが・・・。

まさか、少年と空気人形との友情物語で自分が涙ぐむ事になるとは予想も出来ませんでした。



「蝗(いなご)の歌をきくがよい」

あのフランツ・カフカの「変身」の主人公であるグレーゴル・ザムザは、ある朝目を覚ますと一匹の巨大な虫になっていました。

そしてこのジョー・ヒルの「蝗の歌をきくがよい」の主人公であるフランシス・ケイは、ある朝目を覚ますと一匹の巨大なイナゴになっていたのです!

しかし、フランシスがグレーゴルと違っているのはその姿だけではなく、なんと彼(フランシス)はこの現実を喜んで受け入れているから驚きです。

グレーゴルのように不気味に変身した身の上を嘆くのではなく、数々のモンスター映画を愛するフランシスは、新しい体を得て喜々として飛び回り、家族や同級生を惨殺してまわります。

う~ん、エグい。



「アブラハムの息子たち」

これは、ジョー・ヒルが「ヴァン・ヘルシング教授のさまざまな顔」というアンソロジーに寄稿した作品だそうです。

この作品では、晩年のヴァン・ヘルシング教授とその2人の息子たちが登場し、吸血鬼殺しの技法を教えようとする父親と、吸血鬼の存在そのものを中々受け入れられない息子たちとの様々な葛藤が描かれています。

結末は非常に衝撃的でした。




「うちよりここのほうが」

野球監督をしているパパと、他の子と違う少し個性的な僕。

ホラーやダークファンタジーの作品集の中にありながら、親子・家族の関係を描いた、心に染みる純文学でした。

忘れられない、家族との思い出。

あなたの一番の思い出は何ですか?



「黒電話」

著者によると「うちよりここのほうが」「黒電話」「挟殺」で「野球ミニ3部作」なのだそうですが、この「黒電話」は「うちよりここのほうが」とは打って変わって、ダークで残酷な話に仕上がっています。

ある日、見知らぬ男から突然誘拐・監禁された、主人公の少年ジョン・フィニイ。

閉じ込められた地下室には、どこにも繋がっていない1台の黒電話が・・・。


この文庫には、雑誌掲載時には削除されていたという幻の後日談も収録されています。



「挟殺」

いつものように問題を起こしてしまい、アルバイトを突然クビになった青年ワイアットは、自宅に帰る途中の人気のない木立の中で見覚えのある一台の車を発見します。

その車に乗っていたのは、喉を切り裂かれ血を流す子供と、その子を抱き抱える母親。

母親は、「見知らぬ男に襲われた」とワイアットに訴えますが、その手にはナイフが・・・。

瀕死の子供の手当てをしながら、半狂乱の母親を振り切って、何とか助けを呼びに行くワイアット。

学生時代、盗塁に失敗して1塁と2塁に挟まれた時と同じように、絶望的な感覚を味わいながらワイアットは走り続けます・・。



「マント」

色褪せた毛布をマントにして遊ぶ主人公の少年。

ある日、登っていた木の枝が折れて宙に投げ出された主人公ですが・・。

母親や彼女との現実的な問題を描きながらも、どこかファンタジックな作品でした。

ちなみに著者のジョー・ヒルは、以前マーヴェル・コミックスのために「スパイダーマン」の原作を執筆したこともあるそうです。



「末期の吐息」

「聴死器」を使って収集した、様々な人々の「末期の吐息」を展示している博物館を訪れた3人の親子。

ここには「ポー」や「ロアルド・ダール」の末期の吐息も収蔵されているようです。

興味津々の父親や息子と違い、全く信じようとしない母親はこの博物館を出て行こうとしますが・・。

少年の最後の行動が皮肉に満ち溢れていて、個人的には非常に好みの作品でした。



「死樹」

収録作品中最短、何と3ページの掌編。

著者曰く「この作品がどのように誕生したのか、作品の裏にある創作の苦しみ、困難を克服した瞬間、頓挫、霊感などについて語ることもできなくはない」、が、そんな事をすると作品そのものより長くなってしまうので、やめておくそうです



「寡婦の朝食」

放浪者である主人公のキリアンは、流浪の旅の相棒であったゲージを亡くし、やむを得ずそのまま一人で旅を続けます。

その途中、キリアンは食べ物を恵んでもらおうと一軒の民家を訪問しますが、夫を亡くし、その家で娘たちと暮らしていたこの家の未亡人は、キリアンに食事を振る舞い、しかもボロボロの衣服を纏ったキリアンが、亡くなった夫と服のサイズが同じぐらいという事で、親切にも服や靴まで恵んでくれます。

この家の幼い娘たちは裏庭のすぐ近くの森で遊んでいたのですが、彼女達は、また旅を続けようと歩き始めていたキリアンを見つけ、遊びに加わるように誘ってきます。

その長女が放った、最後の一言!

「末期の吐息」と同じく、ラストが非常に気に入りました。



「ボビー・コンロイ、死者の国より帰る」

ゾンビ映画にエキストラとして出演するための特殊メイクを終えたボビーは、同じくエキストラとしてその場に居合わせた昔の彼女、ハリエットと再開します。

役者になる夢が挫折し、田舎に戻ってきていたボビー。

すでに結婚していて子供もいるハリエット。

そして、低予算ながら何とかいいゾンビ映画を作ろうとし、最高のシーンを求める、ジョージ・ロメロ監督。

その別々の3人の思いが一つに収束したラストシーンの会話は秀逸です。



「おとうさんの仮面」

突然、両親とともに別荘に泊まりに行くことになったジャック少年。

別荘ではなぜか仮面を付けるように勧められるジャックですが・・。


少年の目を通して、大人たちのいびつな部分が次々と語られていきます。

そして最後にはジャック少年も・・・。



「自発的入院」

男の子なら誰でも、ティッシュの箱やダンボールを使って色々な工作をした経験があるのではないでしょうか(我が家の息子たちも毎日「箱ちょうだい!」と叫んでいます・・)。

しかし、ある種の天才が作ったダンボールの迷路が、実は異次元に繋がっているとしたら・・・。

日常の風景が突如ダークファンタジーに変貌する、まさにこの作品集随一の力作です。



「救われしもの」

3年がかりでやっと手に入れた車に乗り、別居中の妻と娘の元へ向かう主人公。

極寒の季節に車を飛ばす主人公ですが、途中で奇妙なヒッチハイカーを拾ってしまったり、やっとの思いで辿り着いた妻の実家でも冷たくあしらわれ、更に帰り道ではその車までも失ってしまいます。

タイトルとは違い、救われない物語だった気がするのですが・・



本をたくさん読み、なおかつ仕事も出来る!という稀有な存在(?)の先輩に紹介されて手に取った本書ですが、「ホラー作家」という肩書きにもかかわらず、非常に文学的な作品が多かったのが意外でした。

私の知識不足・読解力不足により、的外れな感想になっている部分はご容赦くださいませ。

たまにミステリ以外の本を読むのも、視野が広がる気がしていいものです(先日も同じような事を書いたような気が・・)。



しかし、長かった・・。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ



2008/12/25 23:54|・その他TB:0CM:0

 

突然ですが、書店であれ何であれ、「小売業」という業種に就いている以上、残念ながら「万引き」との関係は切っても切り離せません。

私の店でも、十数台の防犯カメラ・商品に付けるセキュリティタグ・出入り口のセキュリティゲート、とそれなりの機器を導入していますが、実際は「ほぼ毎日」店のどこかで万引きが起こっているというのが現実です。

やはり一番多いのは中高生ですが、私が過去に逮捕した例で言えば、下は小学4年生から上は60代まで幅広い年齢層がこの犯罪に手を染めています。

まだ売場の担当者だった頃、赤ちゃんを乗せたベビーカーを押しながら、自分の母親らしき人と一緒に商品の問い合わせをしてきた若いお母さんが、その15分後にはCDを6枚盗っていた時には、相当ヘコみました。


・・・そして先日。

スタッフが「万引きの瞬間を見た!」と言って店長室に駆け込んできました。

すぐに売場に飛び出しましたが、ちょうど犯人たちは店を出ようとしている所で、そのスタッフも、私に知らせにくる間その犯人たちから目を離してしまっているため、逮捕する訳にはいかず、悔しい思いをしながら見送る事しか出来ませんでした。



その犯人たちというのは・・・・小学4~5年生ぐらいの女の子を含む、親子3人連れでした。

その女の子はズボンを履き、上にはジャンバーを着ていたのですが、スタッフの話によると、その女の子のズボンは腰のところがゴムになっていて、その(背中側の)腰の所に、母親が本を挟んで上からジャンバーで隠していたそうなのです。

しかも近くには父親も立っていたそうです。

万引き犯を捕まえられなかった事はもちろん悔しいのですが、それ以上に、この話を聞いて何だかとてもやりきれない気持ちになりました。

盗られた商品はコミック1冊です。

ですが、この女の子は、このコミック1冊のために一体どれだけの代償を払わないといけないのでしょうか。

自分が何をしたか分からない年齢では無いはずです。


新古書店の台頭で万引きは年々増加を続け、私もこれまで数多くの悔しい思いをしたり、また運良く捕まえた相手には激しい怒りをぶつけたりしてきましたが、これほどこの犯罪を「悲しい」と思ったのは初めてでした。

自分の店でも警戒を続けますが、この女の子のためにも、この家族が早く一度捕まってくれる事を切に願います。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ

2008/12/24 02:23|・書店での出来事などTB:0CM:2

 

ふりっぷさんの運営するブログ「SIDE_FLIP blog」をリンク集に加えさせて頂きました。

幅広く推理小説を読んでおられるようで、ブログだけではなく、そこから辿って行けるサイト「SIDE_FLIP あかずの書斎」でも、数多くの作品に触れることが出来ます。

熱のこもった詳細な書評を書いておられ、個人的には、「ネタバレ」にも気を使っているところが非常に好感が持てます。

ぜひご覧くださいませ


同じ趣味の仲間が広がっていくのは楽しいですね







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/21 23:47|・その他TB:0CM:2

 

リンク集に、G三世さんのブログ「こちら極東基地」を追加させて頂きました。

私のブログは「新本格世代」の作品に偏りがちですが、G三世さんはいわゆる「探偵小説」を中心に年代別にカテゴライズされていて、非常に興味深いです。

ミステリ好きの方はどうぞご一読を





皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/19 00:55|・その他TB:0CM:0

 

七つの死者の囁き (新潮文庫)七つの死者の囁き (新潮文庫)
(2008/11/27)
有栖川有栖 石田衣良

商品詳細を見る
死者はそこにいる。生きている私たちの記憶の中に、夢の中に、そしてすぐ背後に。私たちを見つめ、語りかけ、時に狙っている。ひそやかで絶え間ない、死者たちの攻勢―。少女の幽霊は窓辺に立ち、死んだ恋人からのメールが届く。自殺した女の呪詛が響き、亡くなった男は秘密を打ち明け、死霊の化身が地底から出現する。怖恐と憂愁を纏った七つの死者たちの物語。文庫オリジナル。

新潮文庫11月の新刊。

有栖川有栖道尾秀介作品収録のオリジナルアンソロジー、とくれば買わない訳にはいきません。

ただし「本格ミステリ」のアンソロジーではないので、ミステリ的な視点で読まないようにするのに苦労しました。

という事で、以下各作品の感想です。


「幻の娘」/有栖川有栖

あの名作「幽霊刑事」で、殺された神崎刑事の幽霊とともに活躍した、霊媒体質の刑事「早川篤」が主人公です。

ある事件の容疑者がアリバイを主張しますが、それを証明してくれるという少女は実は10年前に死んでいて・・・。


ミステリとしてのトリックは非常にスタンダードで、真犯人を自供に追い込むまでの描写もわずか1ページほどに省略されています。

ですが当然この作品の読みどころはそういう部分ではありません。

幽霊が「見えてしまう」早川刑事が、自分には何が出来るのか、そして何をするべきなのかを悩み成長していく過程を頼もしく思い、そして少女の幽霊が姿を現す条件に思い当ったところで胸が熱くなりました。

有栖川有栖作品の中では「江神二郎」や「火村英生」ほど有名ではありませんが、個人的にはこの「早川刑事」が活躍する長編をまた読みたいです。

幽霊刑事」を未読の方は、この「純愛小説」と言ってもいいほどの感動作はぜひとも読んでみて下さい。

私は最後の数ページで涙が込み上げ、物語が幕を閉じたあとの10ページでさらにえらいことになりました



「流れ星のつくり方」/道尾秀介

真備庄介シリーズの1篇。

今回の主人公は真備でも道尾でもなく、助手の「北見凜」です。

旅先の旅館から夜の散歩に出かけた凜は、ふとしたきっかけである少年と出会います。

病弱そうな印象のその少年は、凜にある「問題」を出しますが・・。


凜から電話で話を聞いただけで真相を見破った真備の洞察力はさすがです。


その残酷な真相。

そして凜が作った流れ星に願いをかける少年。

ラジオを聴くのが好きなこの少年が、最後に明かすもう一つの真実。

その告白はあまりにも悲しすぎます。



「話し石」/石田衣良

「S氏は話し石の採集家だった。」の一文で始まる、わずか7ページの掌編。

冒頭に「星新一に捧げる」とある通り、まさに星新一さんのショートショート集を読んでいる気分になりました。

中学生の頃ショートショートを読み漁っていたのを思い出し、懐かしかったです。

石田衣良さんは、こういう作品も書けるんですね。



「熱帯夜」/鈴木光司

大学時代に、独特の雰囲気を纏った(というかちょっとイッてしまっている)女性と付き合い、ちょっとしたイタズラから、その後の人生を台無しにされてしまった男の話。

27年後、集中治療室で甘美な死の誘いを受け入れようとしている主人公の元に現れたのは・・・。



「嘘をついた」/吉来駿作

自殺した彼女の霊を、女友達と一緒に探す主人公。

次第に明らかになっていく、彼女の死の意外な真相と異常な動機。

何かをを守るためにいくつもの嘘をついてしまう主人公ですが、娘さんを亡くした「オッサン」に対して最後にかけた言葉は、優しさにあふれていました。



「最後から二番目の恋」/小路幸也

死の間際に「バク」と名乗る生き物が現れ、「あなたの思い出をくれれば、代わりにもう一つの人生をプレゼントします」と告げられます。

バクがプレゼントしてくれる「もう一つの人生」とは、「破れた恋の内の一つを選び、その恋が確実に実る人生」。


「最後から二番目の恋が実る人生」を選んだこの物語の主人公は女性なのですが、冒頭の「バク」との会話が性別不詳で描かれているため私は男性と思いこんでしまい、読んでいて途中まですごく違和感がありました。

特に意図があっての事では無いようですので、作者のミス?

終盤、「最後から二番目の恋」の意外な姿に驚かされ、また更にその外側にもう一つの切ない物語が。

これはぜひご自分の目で確かめてみて下さい。



「夕闇地蔵」/恒川光太郎

人の姿が「色」としてしか見えない「地蔵助」という捨て子が主人公です。

地蔵助は、友達の冬次郎がある廃屋で次々と女性を殺めている事を知ります。

止めなければ、と思う地蔵助ですが、冬次郎が女性と交わりそして殺めていく姿を何度も覗き見しているうちに、この覗き見自体に邪で淫らな興奮を覚えていってしまいます。

しかし、捜査の手が伸びてきた事に気付いた冬次郎は、昔地蔵助が捨てられていたという村はずれの冥穴堂に逃げて行き、そこで・・・。

不思議な物の怪も登場し、何とも言えない魅力を持った作品でした。




ミステリ以外の作品を読む機会はあまり多くはありませんが、こうして普段読まない作家さんたちの作品に触れるのも時々は楽しいものですね






皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ



2008/12/18 23:07|・アンソロジーTB:0CM:4

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。