FC2ブログ

~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

女王国の城 (創元クライム・クラブ)女王国の城 (創元クライム・クラブ)
(2007/09)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
舞台は、急成長の途上にある宗教団体“人類協会”の聖地、神倉。大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、四人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。“城”と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し…。江神シリーズ待望の書き下ろし第4長編。

ついにと言うかようやくと言うか、有栖川有栖さんの「女王国の城」を読みました。

本格ミステリブログを立ち上げている人間が「女王国の城」もまだ読んでなかったのか、と叱られそうですが、読んでしまうのが勿体なくて、購入したままずっと大切に寝かせてあったのです。

この気持ち、分かってください(誰に言い訳してるんだろう?)


仕事柄大晦日も正月も働き詰めのため、毎年の事ですが、帰省する妻と子供たちに置いて行かれ、一時的な単身赴任状態のまま今年も一人で年を越しました。

そこでささやかな楽しみ。

今年は「女王国の城」を、文字通り読みながら年を越しました。

ちょうど第3章を読んでいる辺りで新年を(そして有栖川有栖さんの記念すべきデビュー20周年の年を)迎え、ミステリファン、そして有栖川有栖ファンとしてはこれ以上無い幸せな年越しでした。

さて、長い間寝かせてあったこの本が、熟成されてさらに面白味が増したかどうかは分かりませんが、以下、あらすじと感想です。


冒頭、初心者ドライバーであるアリスの運転するレンタカーで、木曾山中の「神倉」という土地を目指す「英都大学推理小説研究会(EMC)」の4人。

「ちょっと遠出するかもしれん」という言葉を残して行方をくらませた江神二郎部長を心配した4人は、下宿に残された痕跡を元に、部長は「神倉」へ向かったのではないかと推理し、後を追いかける事にします。

「神倉」-そこは「人類協会」という宗教団体の本部があり、住民の9割が「会員(信者)」という、特殊な街。

紆余曲折を経て何とか江神部長との再会を果たしたEMCの面々ですが、運悪く人類教会の本部である「城」の中で殺人事件に遭遇してしまい、警察への通報を頑なに拒否する人類協会の会員たちによって、「城」に軟禁されてしまします。

何とか脱出しようと奮闘するアリスたちですが、その間にも第2、第3の事件が・・。




という事で、毎回クローズドサークルの「江神二郎シリーズ」ですが、今回は宗教団体の本部である「城」、そしてそれをとりまく「神倉」という土地に閉じ込められてしまいます。

内容に関しては、いつもの有栖川作品と同じように、いやそれ以上に数々の伏線が張り巡らされ、それが論理的にある1点に向かって収束する、これ以上ない最高の作品でした。


ストーリーに関してあまり突っ込んだ感想を書くとネタバレにも繋がりかねませんので、今回は一つ、作中の事件とあまり絡まない所で感想をつらつらと・・。


まずは序盤、ほんのわずかに触れられる「桜川の変死体」。

そう言えばそうでした。

私が「神倉」という土地に聞き覚えがある気がしたのは単なるデジャ・ヴでは無かったのですね。

以前「ミステリーズ!」(東京創元社)で数名の作家さんが競作した「川に死体のある風景」。

その1篇が、有栖川有栖の「桜川のオフィーリア」(←主人公は江神二郎)でした。

私の記憶力もまだまだ捨てたものじゃないな・・。


今回なぜか四字熟語を会話に入れるのが小さなブームになっているらしいマリアたち。

緊迫した場面でもついつい笑ってしまいそうな会話がいくつもちりばめられていました。

それと同じく、エラリィ・クイーンフリークの望月先輩はやはり会話にクイーンが何度も登場するのですが、マリアがそれとなく「思考機械ヴァン・ドゥーゼン教授」の名前を出した場面にも思わずニヤリ。

彼女達の置かれた状況から「13号独房の問題」をすぐに連想した私は、やはり立派なミステリマニアでしょうか?

あぁ、また「思考機械の事件簿」が読みたくなってきた・・。


終盤、UFOオタクの荒木とともに「陰謀」について議論する場面がありますが、そこでの江神部長の「幼稚で誇大な妄想と”戯れてみせる”のが本格ミステリだ」というくだりは非常に感銘を受けました。


そして今回も不敵に読者の前に立ちはだかる「読者への挑戦」。

いつもとは少し雰囲気の違う「読者への挑戦」に、まさしく全身の血が泡立つ思いでした。

そこに並んだ言葉の美しさ。

そして「本格ミステリ」を心から愛し、それを貫き通す「有栖川有栖」という人物の、あまりに大きなその存在。

気障な文章が気障に見えない、その自信あふれる「読者への挑戦」に、心をわしづかみにされました。

本格ミステリとは”最善を尽くした探偵”の記録だ。」

座右の銘にさせていただきます。


さて、アリスの「性寂論」とでも言うべき「寂しさ」についての独白も、切なく、とても興味深かったですが、やはり気になるのはアリスとマリアの関係。

マリアが、久々の再会で「アリス、握手。私と握手して」と言っていたシーンで悶え、終盤の「俺に命を預けてくれるか?」ではちょっと笑ってしまいました。

それにしても、ラストの「ううん、全部」は・・。

おぉ~、次回作が気になります!

それと今回は織田先輩がカッコ良かった!!

次回作でも皆に見せ場があるといいな♪



あとがきでも触れていましたが、この「江神二郎シリーズ」は、番外編とでも言うべき短編たちを別にすれば、以前から「長編5作で完結予定」と著者は語っています。

その通りであれば、いよいよ次回が完結編。

江神二郎は、母親の預言(呪い?)にどう立ち向かうのか。



本格ミステリとはどうある「べき」か?

本格ミステリはどこに向かう「べき」か?

そんな議論とは少し距離を置いているように見える著者。

ただひたすたらに本格を愛し、貫き、迷わず書き続ける有栖川有栖なら、きっとまた「江神二郎」の素晴らしい物語を創造してくれることでしょう。


その日を楽しみに、いつまでも待ちます。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/01/05 01:27|・有栖川有栖TB:0CM:2

 

いや~、面白かった!

先ほどNHK総合で、大倉崇裕さん原作のドラマ「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~」の放送がありました。

DVDレコーダーをセットしていたのですが、我慢出来ずに結局録画しながら同時に観てしまいました

原作の骨子はそのまま残しつつ、全体的にかなり笑えるドラマに仕上がっていました。

・・・って言うか、はっちゃけすぎ!!


殺される池内准教授、「なんだ猫か・・」って!

途中の「演歌カラオケDVD」風の演出と言い、わけ分からない筒井教授のキャラといい、池内准教授のブレイクダンスといい、面白すぎ!!


永作博美さん演じる福家警部補は少し原作とイメージは違っていましたが、永作さんのあからさまな作り笑顔や、原作には無かった決めゼリフなど、どれも良かった!

私の中の福家警部補はもっと無表情で淡々としているイメージでしたが、人の話を全く聞かずに自分のペースで会話を続けていく辺りは原作通りでした。

犯人の柳田嘉文はちょっと壊れてましたが・・。


この面白さは、脚本の福原充則さんの手腕ですか?


番組の後に「刑事コロンボ」のCMが流れたのも最高でした。

刑事コロンボ」は明日の夜から毎週土曜日放送のようですが、残念な事にウチはBSが映らない・・。

やっぱり素直にDVDで集めようかな・・。


NHKさん、ぜひ福家警部補の他のエピソードもドラマ化して下さい!!




あまりに楽しいドラマだったので興奮気味の記事になりましたが、観る価値ありの作品でした。



あ、遅くなりましたが、皆様新年明けましておめでとうございます。

本年も、「謎と論理と遊び心」をどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m



ちなみに、このドラマの原作の記事はこちらから→ 「福家警部補の挨拶/大倉崇裕」







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/01/02 23:15|・ミステリ映画&ドラマTB:0CM:2

 

ミステリーズ! vol.32(DECEMBER2008)ミステリーズ! vol.32(DECEMBER2008)
(2008/12)
不明

商品詳細を見る
第18回鮎川哲也賞・第5回ミステリーズ!新人賞贈呈式レポート掲載。樋口有介の連載最終回ほか、いしいひさいちの連載コミック、評論、エッセイ、ブックレビューなど充実した1冊。

どうやらこれが2008年最後の記事になりそうですが・・

偶数月発売の隔月刊誌「ミステリーズ!」のVol.32を読み終えました。


今回の読みどころは、何といっても樋口有介さんの連載「捨て猫という名前の猫」の最終回です!

ミステリーズ!」は創刊号から定期購読していますので、この連載も第1回から読んでいますが、それまでは樋口有介さんの作品を読んだ事がなく、私はこの連載で初めてその文章に触れ、柚木草平というキャラクターを知りました。

そして、いつの間にかこの隔月刊誌の中で、毎回最も楽しみな作品の一つになっていました。

今回の最終話では、ついに事件の真相が明らかになっていきますが、読みながら「終盤に登場した人物が真犯人でおしまい?」と、ちょっと拍子抜けしつつ、「ま、文体や人物造形に特徴のある作品(作家さん)みたいだから、狭義のミステリとしての純度はそんなに高くないのかな」と、それはそれでまあいいか、などど思っていたのですが・・・

すみません、甘かったですm(_ _)m

真相が明らかになってそのまま幕を閉じるかに見えた物語でしたが、この作品の真価はそれからでした!

主人公が関係者の元を訪ねてまわり、そこで次々と明らかにされていく、事件の裏側にあった更なる驚愕の真実。

意外な伏線がひとつひとつ回収され、汚い人間の裏側が、そして反吐が出そうな真実がその姿を現します。

軽妙なハードボイルドタッチが特徴の軽めのミステリかと思っていましたが、とんでもない!

しっかり「本格」でした。

最後まで大満足です!

いずれ「柚木草平シリーズ」は、1巻から読んでみようと思います。


さて、他にも今回は「第18回鮎川哲也賞・第5回ミステリーズ!新人賞贈呈式リポート」(←梓崎優さん、男前ですね)や、北山猛邦さんの「名探偵音野順シリーズ」、竹内真さんの「珊瑚朗先生無頼控シリーズ」など、色々楽しませて頂きました。


そして次号Vol.33(2009年2月発売)では、何とあの「湊かなえ」さんの新連載がスタートするとの事で(「湊かなえ」さんが誰だか分からない方はこちらの記事をどうぞ)、今からとても楽しみです!



このブログをご覧いただいている皆様、今年も本当にお世話になりましたm(_ _)m

もしよろしければ、2009年もよろしくお付き合いくださいませ



そして、来年も素晴らしいミステリと出会えますように。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/31 21:20|・ミステリーズ!TB:0CM:0

 

ナイル殺人事件 デジタル・リマスター版(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】 [DVD]ナイル殺人事件 デジタル・リマスター版(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】 [DVD]
(2008/11/13)
ピーター・ユスティノフベティ・デイヴィス

商品詳細を見る
「オリエント急行殺人事件」に続きオールスター・キャストで映画化されたアガサ・クリスティのミステリ。原作は『ナイルに死す』。美貌と聡明さを兼ね備えた上、つい最近莫大な遺産を相続したリネット・リッジウェイは、親友ジャクリーンの婚約者と突然婚約をし、人目を避けてエジプトへハネムーンに旅立った。壮大なエジプトの景色を背景に、物語中バラバラになっていた様々な謎が最後には全て一本の線で結ばれるという、クリスティ推理劇の醍醐味が存分に堪能出来る推理映画の傑作。D・ニーヴンを始め、M・ファロー、J・バーキン、O・ハッセー、J・ウォーデンらの素晴らしい役者陣に加え、ポアロ役のP・ユスティノフの演技が絶品! 文句のない第一級の推理映画。

今日は、数多のクリスティ映画の中でも最高傑作の誉れ高い「ナイル殺人事件」(原作小説のタイトルは「ナイルに死す」)を観ました。

1978年に劇場公開された作品で、ちなみに私は原作は未読です。


エジプトで新婚旅行中の、美貌の富豪令嬢リネットと、その夫であるサイモン・ドイル。

しかし、その幸せに満ちた2人の新婚旅行に、リネットの親友でありサイモンの元婚約者だったジャッキー(ジャクリーン)が、ストーカーの如く執拗に付きまといます。

親友に婚約者を奪われて半狂乱のジャッキー。

「時々これをあの女(リネット)の頭に突きつけてやりたくなる」と、22口径の小型拳銃をバッグに忍ばせています。

そして舞台は、ナイル河を下る豪華客船カルナック号へ。

この船に乗り合わせたのは、”ベルギー”の名探偵「エルキュール・ポアロ」を始め、クセのある人物ばかり。

ある夜、船上のサロンで、酔っ払ってサイモンに絡んでいたジャッキーは、とうとうその小型拳銃でサイモンの足を撃って重傷を負わせてしまいます。

歩けないほどの重傷を負ったサイモンは、治療を受けるため医師の部屋に泊まります。

そしてその翌朝、自室で頭を撃ち抜かれて死んでいる富豪令嬢リネットの姿が発見され、そのかたわらには血で書かれた「J」のダイイングメッセージが・・。

しかし、サイモンを撃った後に一晩中元看護婦の監視下にあったジャッキーには、リネット殺しは不可能なはず。


しかもその船に乗り合わせた他の乗客は、

  妻子ある男性との恋を邪魔された上、5年間奉仕した給金も貰えず辞める事も許可して貰えない、リネットのメイドのルイーズ。

  リネットの管財人でありながら、その財産を不正に使用していた事をもみ消そうとしている、叔父で弁護士のアンドリュー・ペニントン。

  リネットの貴重な真珠のネックレスを何とか手に入れたいと狙っていた、宝石狂いの富豪貴婦人ヴァンスカイラー。

  ヴァンスカイラー夫人の付添人であり、過去にリネットの父親により自分の一家が破産に追い込まれた事を今でも恨んでいる、元看護婦のバウワース。

  煽情的な恋愛小説を書く女流作家で、リネットをモデルにした「色情狂のメスヒヒ」が登場する作品を名誉棄損でリネットから訴えられ巨額な賠償金を請求される事になっていた、サロメ・オッターブルン。

  その娘であり、何とか母を破産から救いたいと思っていた、ロザリー。

  莫大な富を相続したリネットを「ヒルの様に貪欲な、社会にはびこる寄生虫」と揶揄し、「見せしめにバラされるべき」と語っていた、ジム・ファーガソン。

  過去に、リネットの友人を治療と称して廃人にしてしまい、自身の研究所の悪評をリネットに言い振らされて恨んでいる、ドイツ人医師のベスナー。

これらの人物たちはそれぞれに動機があり、また犯行も可能だったという状況で、なんと全員が容疑者となってしまいます。


この船の支配人から、船上での捜査権を委任されたレイス大佐と共に犯人探しを始めるポアロですが、何と、第2・第3の殺人も起こってしまいます。


終盤、犯人が誰なのか確信したポアロが「どうぞ皆さんサロンへお集まりください。全てが明らかになります。」と言うシーンは、ミステリお決まりのパターンだからこそ、嬉しくて鳥肌が立ちました。

関係者を一同に集めて名探偵が推理を披露する!

やっぱりこれですよね!

「紳士淑女の皆様」で始まる、ポワロの名推理。

結末は、どうぞご自分の目でお確かめくださいませ。


この映画は、そのストーリーの素晴らしさだけではなく、作中のエジプトの雄大な景色も大きな見どころの一つです。

また、推理の仮説をその都度映像で再現しており、ミステリ映画として非常に分かりやすい親切な内容でした。


余談になりますが、読者参加型犯人当てミステリー小説「Rの刻印」に取り組んでいる私は、1978年のこの映画と、2008年の犯人当て小説が妙に頭の中でリンクしてしまって、何か不思議な感じでした

ナイル河を下る豪華客船やカルナック神殿など、あまりにも舞台が共通していて・・。

おかげで全く興味のなかったエジプトに、一度行ってみたいという気になってしまいました。


ミステリの女王「アガサ・クリスティ」の作品も、まだまだ未読の物が多いので、いつか早川書房のクリスティー文庫を全巻読破したいと思っていますが、一体いつになることやら・・。


ともあれ、映画「ナイル殺人事件」はまさに評判通りの最高傑作でした!

やっぱりミステリっていいなぁ~。

ラストシーンの「最近、オリエント急行で非常に面白い体験をした」というポワロの台詞にも、思わずニヤリでした。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/30 19:39|・ミステリ映画&ドラマTB:0CM:3

 

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
(2008/12)
大倉 崇裕

商品詳細を見る
本への愛を貫く私設図書館長、退職後大学講師に転じた科警研の名主任、長年のライバルを葬った女優、良い酒を造り続けるために水火を踏む酒造会社社長―冒頭で犯人側の視点から犯行の首尾を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。刑事コロンボ古畑任三郎の手法で畳みかける、四編収録のシリーズ第一集。

東京創元社の隔月刊誌「ミステリーズ!」掲載時に全て読んでいるため、購入がついつい後回しになっているうちに文庫になってしまった、大倉崇裕さんの「福家警部補の挨拶」です。

冒頭でまず犯人の視点から事件の状況を描き、その後主人公(福家警部補)がその犯人を追いつめるまでを描いた「倒叙ミステリ」。

刑事コロンボ」も「古畑任三郎」も大好きな私にとっては、たまらない一冊です。

収録作品は4作。


「最後の一冊」(雑誌掲載時のタイトルは「本を愛した女」)

記念すべき第1話の犯人は、私設図書館の女性館長である、「天宮祥子」です。

いつもネタバレに細心の注意を払いながら記事を書いているので、いきなり犯人の名前を書けるのは何かすごく気持ちいいですね


天宮は、自分が館長を務めるこの経営難の図書館をなんとか存続させようと日々奮闘しているのですが、この図書館を創設した、故「江波戸康祐」の息子であり、現オーナーの「江波戸宏久」は図書館を閉鎖して売り飛ばそうとしています。

そこで天宮は、「貴重な本を盗まれた振りをして保険金をだまし取る」という架空の儲け話をでっちあげて宏久を真夜中の図書館に呼び出し、隙をついて分厚い本で康祐を殴り殺します(殺せるものなのか?)

さらに天宮は、現場を「宏久が夜中に本を盗みに入って、誤って事故死した」ように見せかけます。


そして翌朝。

出勤した事務員によって死体が発見され、いよいよ「福家警部補」の登場です!

身長は152センチ、縁なしの眼鏡をかけ、髪はショート。

眉の上で切りそろえられた髪のせいでひどく幼く見えるが、30歳は超えているはずの小柄な女性。

それが「福家警部補」です!

いつも、表紙のすりきれた手帳に何事か書き留めながら、どんな小さな矛盾も見逃さずに徹底的に調査し、犯人を追いつめていきます。

今回は、合鍵、空調、手袋など、ちょっとした違和感や矛盾点から館長である天宮を疑い、最後にはその罪を暴きます。

その手際の鮮やかなこと!

世の中には「完全犯罪」などと言うものは中々存在せず、犯人は大抵何らかの不手際を残しています。

今回福家警部補が、犯人である天宮を追いつめた切り札は、天宮が「本を愛するがあまり」取った、ある行動でした。

見事!


「オッカムの剃刀」

今回の犯人は、城北大学理学部の講師である「柳田嘉文」。

もと科警研科学捜査部の主任で、カービング(復顔術)のエキスパートです。

柳田は、同じ城北大学の医学部准教授「池内国雄」から、「過去のある事」で脅迫を受けており、そのため、周到な計画を練り、強盗殺人に見せかけて路上で池内を撲殺します。

もちろん捜査に当たるのは、われらが「福家警部補」。

バッグの中の警察バッジが中々みつからず、とても警部補、というか警察関係者には見えないその風貌のため、現場に入ろうとするところを制服警官に制止されています

現場に駆けつけるや否や、血だまりの中に落ちている眼鏡、更には被害者の持ち物であるキーリングやタバコ、被害者の靴のすり減り方などから様々な事を読み取っていく福家警部補。

最後には、柳田が「犯人しか知りえない情報」を知っているということを見事に暴きだし、この、警察の捜査を知りつくした手ごわい犯人をついに観念させます。

それにしても、福家警部補が柳田を疑い始めたきっかけがまさかこんな理由だとは・・・まさに慧眼!


「愛情のシナリオ」

今回の犯人は、女優の「小野木マリ子」。

そして、睡眠薬で眠らされた上、一酸化炭素中毒による事故死に見せかけて殺害されるのは、料理番組「樂らくクッキング」でおなじみの女優「柿沼恵美」(←って何か聞いたことあるような・・・)です。

今回も、親指の火傷、ペットボトルの水、コンロの乾電池、ペットの餌など、ささいな事から犯人に目星を付け、じわじわと追い込んでいく福家警部補。

今回のエピソードでは、福家警部補の異常な映画マニアっぷりにも驚かされます。

犯人の隠された動機については予想通りの展開でしたが、福家警部補が最後にマリ子につきつけた、「犯行時、マリ子が現場にいた証拠」にはやられました。

うまいっ!

ただし、いくら1階部分が駐車場になっている家とはいえ、窓やドアに目張りをしたわけでもない一軒家で、排気ガスで中毒死するものなのでしょうか?

それだけ少し気になりました。


「月の雫」

今回の犯人は、生産量は少ないながら、手間暇かけて良質な日本酒を製造する蔵元「谷元酒造」の社長、「谷元吉郎」です。

殺害されるのは、機械醸造による粗悪な酒を大量生産しながらも、その強引なやり方で勢力を伸ばし続けている「佐藤酒造」の社長、「佐藤一成」。

佐藤から会社を乗っ取られそうになっている谷元は、真夜中、谷元酒造の蔵に佐藤社長をおびき出し、隙を見て、水を張った巨大なタンクの中に佐藤社長を突き落として殺害します。

佐藤社長が盗みに入って事故死した、と見せかけるあたりは、第1話の「最後の1冊」と同じパターンとも言えます。

今回も、免許証、握りつぶされた名刺、梅の開花と、些細な不審点から犯人を絞り、追いつめていく福家警部補。

捜査の途中、ウォッカと日本酒を大量に飲みながらも、涼しい顔をしてその酒豪ぶりを見せつけます。

祖父の代から続いている良質な酒を守りたい一心でその手を汚してしまった谷元も、ある意味では被害者なのかも知れません。

ただ今回も、水を張ったタンクに突き落としただけで殺害できるのか、というのが少し引っ掛かりました。

今回の被害者である佐藤社長は、運良く(?)落ちる途中にタンクの内部で頭を打ったため亡くなりましたが・・。

別にアラ探しをするつもりは無いのですが、非常に好きな作品集だけに余計に気になってしまいました。


回を追うごとに「福家警部補」の色々な一面が見えてくるこのシリーズ。

すでに掲載誌である「ミステリーズ!」(東京創元社)には第8話まで掲載されています(その後しばらく掲載が無いのが心配なのですが・・)。

コロンボの「うちのカミさんが・・」のような黄金パターンとまではいかないかも知れませんが、福家警部補も、「あと一つだけ」と言いながら3つも4つも質問をするあたりは、読んでいてついついニヤニヤしてしまいます

「倒叙」という特殊な形式を使っていることや、中盤の捜査の部分では次々に場面が入れ替わり淡々と進んでいくあたりは、もしかすると人によっては好みが分かれるかもしれません。

が、

私はこのシリーズは大好きです!

第5話以降が収録された2作目の発売を楽しみに待ちつつ(←今度はちゃんと単行本で買います)、また連載の再会を心待ちにしております。



追伸:ドラマの記事はこちら→NHK正月ドラマ「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~」(大倉崇裕原作)を観ました。






皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ



2008/12/29 23:55|・大倉崇裕TB:2CM:1

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。