~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

黒田研二さん脚本(前川かずおさん画)の「逆転検事 第1話”逆転のコスチューム”」を読みました。

5/28(木)に発売になるニンテンドーDSソフト「逆転検事」を、登場人物はそのままにゲームのストーリーとは違うオリジナル脚本で先行漫画化した作品です。



「全国仮装学会パーティー」の会場に足を踏み入れたわれらが天才検事「御剣怜侍(みつるぎれいじ)」。

同じころ、会場となっているホテルの一角の女性用トイレで背中を刺されて血まみれの女性の死体が発見されます。

そこに駆けつけてきたのはこれもおなじみ「糸鋸圭介(いとのこぎりけいすけ)」、通称「イトノコ刑事」です。

そこら中に血が飛び散った凄惨な現場ですが、そのトイレの一室には赤ワインのボトルを抱えた下着姿の不審な酔っぱらいが!


一方、仮装パーティー会場のイケメン御剣検事は寄ってくる爆乳セクシー美女には目もくれず、魔女の恰好をした地味な女性に興味を持ちます。

各フロアを聞きこみに回っていたイトノコ刑事から事件の事を聞いた御剣は、現場を見る事もなくその鮮やかな推理であっさり真相に辿り着きます。


「フッ・・・、簡単なロジックだよ」


というセリフに萌えてしまう私はかなり重症なミステリマニアかも・・・(いまさらかな)。



小説で文章にしてしまうとどうしてもあからさまに説明的になってしまう伏線をごく自然に物語に溶け込ませる事が出来るのは、漫画という媒体の特権ですね。


第2話以降も楽しみです。


ヒラヒラ~。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/24 02:02|逆転裁判&逆転検事TB:0CM:0

 

完全恋愛完全恋愛
(2008/01/31)
牧 薩次

商品詳細を見る
昭和20年…アメリカ兵を刺し殺した凶器は忽然と消失した。昭和43年…ナイフは2300キロの時空を飛んで少女の胸を貫く。昭和62年…「彼」は同時に二ヶ所に出現した。平成19年…そして、最後に名探偵が登場する。推理作家協会賞受賞の「トリックの名手」T・Mがあえて別名義で書き下ろした究極の恋愛小説+本格ミステリ1000枚。

第9回本格ミステリ大賞の候補作の一つ、牧薩次辻真先)さんの「完全恋愛」(マガジンハウス)を読みました。

昨年からずっと話題になっていた作品ですので近いうちに読みたいと思いながらもなぜか後回しになっていたのですが、さすがに候補作も読まずに公開開票式に行くわけにもいきませんので早速(ようやく?)読んでみました。


他者にその存在さえ知られない罪を
完全犯罪と呼ぶ
では
他者にその存在さえ知られない恋は
完全恋愛と呼ばれるべきか?



という印象的な文章で始まるこの物語。

少しメタな話になりますが、この作品は辻真先さんが生み出したキャラクターである「牧薩次」(文英社主宰の「第1回みすてり大賞」を受賞したミステリ作家)が「柳楽糺(なぎらただす)」という画家の生涯を書いた物語です。

辻真先」は「牧薩次」のアナグラムだったりする(いやむしろ逆か?)のですが、長くなるのでここでは割愛します。


画家である「柳楽糺」、本名「本庄究(ほんじょうきわむ)」は、少年時代に東京の大空襲で両親や妹を失い、福島県の誉村(ほまれむら)という所で温泉旅館を経営している伯父に引き取られて暮らしていました。

地元の名家である伯父の家には有名な「小仏(こぼとけ)画伯」が居候しており、究少年は小仏画伯の娘である「朋音(ともね)」に淡い恋心を抱きます。

やがて終戦を迎え、伯父の経営する温泉旅館「刀掛(かたなかけ)本館」には進駐軍が出入りするようになりますが、傍若無人な振る舞いを続けていたジェイク大尉がある日何者かに殺害されます。

犯人は?

そして消えた凶器は?

究少年の生涯忘れ得ぬ思い出の出来事とともに、第1章は幕を閉じます。


その後、朋音は「真刈夕馬(まかりゆうま)」という闇成金に強引に嫁に貰われていき、また小仏画伯に才能を見いだされた究は「柳楽糺」の名を得て、師匠の世話をしながらいくつかの作品を世に送り出していきます。

そんなある日、究は朋音の娘である「火菜(ひな)」を夕馬の子ではなく自分の子だと確信するのですが・・。


少年時代に抱いた朋音への想いを一生貫いていく究。

そしてその身の回りで起こる不可解な事件。



柳楽糺(本庄究)という一人の人間を通して、終戦から平成の世までを――時に現実に起きた出来事を織り交ぜながら――書ききり、壮大な物語でありながら少しもその長さを感じさせない辺りはさすが大ベテランです。

物語の要所要所で発生する大きな謎も、序盤の消えた凶器を筆頭に、2300キロの距離をワープしたとしか思えないナイフ、そして2か所に同時に出現したとしか思えない「彼」、とあの手この手で読者を煙に巻き魅力的な世界へいざなってくれます。

何より嬉しいのは、画家の一代記とも恋愛小説とも読めるこの作品があくまで「本格ミステリ」としての骨格をしっかりと持っており、またそのミステリとしての伏線やいくつかのトリッキーな技が時代背景や登場人物の心情と非常に有機的に融合している事です。

この時代や、この人間関係だからこそ違和感なく成立するトリック。

物理的なもの、心情的なもの、運命的なもの、それぞれにベテラン作家の老練の技が光ります。

終盤のアリバイトリックなどは、一歩間違えば三流ミステリの非常にご都合主義的な真相になりそうな所を、序盤のあるシーンを伏線とする事で逆に大きな驚きを読者に与える事に成功していますし、さらにこの物語全体を覆い尽くす最大の、そして真の「完全恋愛」についても――「刀掛本館」を襲ったあの出来事の場面にさりげなく埋め込まれた一文でその可能性に気付いてしまったとはいえ――やはり非常に素晴らしい趣向であり、ミステリ小説の白眉であると考えます。


この切なく真面目な物語の中にも、蟻巣・チェシャ猫・ポテト・スーパー・夕刊サン、とこの著者らしい遊び心がふんだんに盛り込まれており、ともすれば重くなりがちな話の中で一服の清涼剤として読者に微笑みを与えてくれたのも見逃せない所です。


本格ミステリ大賞候補作、さすがでした。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/23 23:47|・辻真先(牧薩次)TB:0CM:0

 

本日「探偵Xからの挑戦状!”第5回”」の「森江春策の災難 第1章」がサイトにアップされました。



あ~結局また記事を書いてしまった・・・。

もう毎週水曜日に、送った犯人の名前と自分の推理だけ書く事にしようと思ったばかりなのですが。



今回の出題者は「日本一地味な名探偵”森江春策”」(←芦辺先生ごめんなさい)を擁する「芦辺拓」さんですね。

第1章はほとんど前置きだけで終わりましたが、「正統派」という印象ですごく好感が持てました(念のため繰り返しますが私は「バカミス」も大好きです)。


まだ登場人物が一人もアップされていませんが、つまり「森江春策」と「菊園綾子」と「新島ともか」は犯人では無いという事ですね!


最後の折原一さんの問題はとても正解できないような気がしますので、それまでに何とか一問は完璧な解答を送ってみたいなぁ。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/23 16:27|Season 1TB:0CM:0

 

ミステリの楽しみの一つは「意外な犯人」ではありますが・・・・。


当たったとか外れたとか言う以前に、ちょっと今回はキツイ・・・。


バカミスは好きです。

霞流一さんも鳥飼否宇さんも蘇部健一さんも好きです。


ただ今回のはちょっと。



そろそろこのブログも本来の状態に戻そうかな。

記事を書けていない既読本がかなり溜まってきたし。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/23 01:08|Season 1TB:0CM:3

 

お手上げです。

いやホントに。

いつも惜しい所まで行くのですが、著者の思惑を完全に読みきれない・・。


まず“目撃”がテーマの今回の作品「サンタとサタン」。

現場は巨大な密室状態で、女性2人は善意の目撃者。

となれば犯人は小藤田・根元・塩井の3人のうち誰かの単独犯、と考える所まではまず大丈夫だと思います(この時点で違っていたらお手上げですが)。

まず真奈江と良乃が目撃した約2分間の格闘シーンですが、この2人は嘘はついていない(嘘をつく理由がない)とはいえ、おそらく何らかの錯誤をしてると思われます。

雪の降り続く夜、谷を挟んだ約30メートルの距離での「目撃」。

格闘が始まる時点で「赤いコートを着て帽子を被り、顔には白い鬚をつけている」人物と「白っぽいガウンを着た」人物がいたのは間違いないようですが、何度も視界(カーテンの隙間)から外れながら互角の戦いを繰り広げ、なおかつ赤いコートの人物の帽子と髭は途中で取れてしまったようですので、考えられるのは「目撃者の錯誤による被害者と犯人の入れ替わり」。

途中で片方の人物が両手にバットを持っているシーンがあり、目撃者はこれを「サンタ」と呼んでいますが、そう判断したのは後姿が“赤かった”ため。

奇しくもこの時、東の山頂から降りてきた除雪車のライトが東側の窓の“赤いダルマの絵を描いた1メートル四方のステンドグラス”越しに室内を照らしています。

しかもこのとき相手側の「ガウン男(あくまで目撃者がそう呼んだ)」はテーブルの陰から頭だけ出している状態で、体は(着ている服は)見えていません。

となれば実際のシーンは「帽子も髭も取れたサンタ服の男がテーブルの陰に隠れていて、白いガウンに赤い光を浴びた男がバットを2本振り上げていた」という事ではないでしょうか。

であればこの時フェンシングのように左手を突き出した「白い手袋」の男は、実際は白いガウンを着た被害者の荒巻(突き出した時に左手が赤いライトの範囲から外れたのでは)。

そして目撃者の2人がカメラを取りに行くなどして目を離したときにちょうど攻守が入れ替わり、最後に赤い手袋の右手でガウン男を殴ったのが真犯人。

あとはそれぞれの捻挫の位置と照らし合わせて・・・・と考えたのですが、ここで行き詰まってしまいました。

基本的には3人の男全員に犯行は可能だったと考えられますので、あとはこれまでに出てきた証拠から3人のうち2人は犯行が無理だった、と消去法で推理を進めるべきなのでしょうが、これが分からない・・・。



この時点でとっくに家族は寝静まり、かなり遅い時間でしたので、次の日(つまり今日の事ですが)も仕事だからもう寝ないと、と思いながら無理やり推理をこねくり回して、結局よく分からないまま「小藤田」で推理投票を送りました・・・。

でも今これを書きながら思い返すと、部屋ごとのガウンの色の違いの事は何も考えてないし、シャワーを浴びていた根元、死体を発見した塩井・・・。


う~ん・・・。


あ~、霞さんの回は完全に当てたかったのに~、くやし~!


これで「目撃したシーンはコントの練習だった」とかだったら立ち直れないかも。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/04/22 23:02|Season 1TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。