~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

千年岳の殺人鬼 (光文社文庫)千年岳の殺人鬼 (光文社文庫)
(2007/02/08)
黒田 研二 二階堂 黎人

商品詳細を見る
千年岳スキー場では、奇妙なタイムスリップ現象が噂されていた。そこへ、オーストラリアの日本語学校のグループが訪れる。ヘリスキーに興じる一行は、ある人物の企みでコースを外れてしまう。突然一人が不可解な死を遂げ、さらに一行の凄惨な最期を記した“未来手帳”が出現。殺人鬼はこの中にいるのか?本格推理の雄、二人による超絶的スキー・ミステリの逸品。

続いて「スキー・サイコ・シリーズ」3作目にして「Killer Xシリーズ」2作目の「千年岳の殺人鬼」です。

今回は「タイムスリップ現象」がモチーフとして使われ、また登場人物の大半が外国人という事もあり、かなりトリッキーな印象の作品になっています。


主人公は「フミコ」。

普段はオーストラリアのメルボルンで日本語を教えている彼女ですが、生徒である「ビル」や「シューラ」たちの希望もあり、14名の生徒達と一緒に夏のオーストラリアを抜け出して、冬の日本へスキー旅行に来ています。

ところが彼女達が訪れた千年岳スキー場では、奇妙なタイムスリップ現象が噂されていました。

ある事情で遭難してしまったフミコたちですが、仲間が一人ずつ不可解な状況で殺されていきます。

黒いマントの殺人鬼は、彼女達の中にいるのか?

そして「ワームホール」は本当に存在するのか・・?

彼女達の前には未来を記した手帳も登場し、ますます読者を魅力的な謎の世界へいざないます。


「Killer Xシリーズ」全体を通しての共通した手法ですが、今回も主人公の一人称であるメインストーリーの合間に別の場面がカットインされ、作品を彩ります。

雪山で遭難し、次々と仲間を殺されていくフミコの一行。

残忍な手口で次々とホテトル嬢を殺害していく殺人鬼「キラー・エックス」。

山奥のスキー場と、首都圏のホテルでの事件のつながりは・・・?


いくつもの不可解な謎がちりばめられ、終盤それらがミステリとして収束されていく訳ですが、今回はトリッキーであるが故に、読み終えた時点で「何が起きたのかよく分からない」という印象の方が強かったというのが正直な感想です。

スキー板のロジックなどは面白いと思ったのですが、全体的に強引と言うかややこしすぎると言うか・・。

作品に仕掛けられた「捩れ」が複雑すぎて私の頭がついて行けなかった、というのが一番正しいかも。

この作品は真相を知った上で再読すれば色々と新しい発見がありそうですので、後日シリーズ全体の詳細な記事を書くときにはその辺りも織り込んでいきたいと思います。


ちなみに余談ですが、ホテトル嬢殺害場面の残虐っぷりは非常に好みでした(人格を疑われそうですが・・)。

ここを書いたのは二階堂さんじゃなくてくろけんさんかな?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/02/12 20:27|「Killer X」シリーズTB:0CM:2

 

Killer X キラー・エックス (光文社文庫)Killer X キラー・エックス (光文社文庫)
(2006/01)
黒田 研二 二階堂 黎人

商品詳細を見る
大雪に閉ざされた山荘に招かれた6人の男女。同窓会と思いやって来た彼らを待っていたのは、変わり果てた恩師の姿だった。下半身の自由を失い、大きな傷を負った顔は、不気味な仮面に覆われていたのだ。頻発する“突き落とし魔”事件との関係は―。外界から隔絶された世界で、謎の殺人鬼が牙を剥く!実力派作家2人がタッグを組んだ、超絶的本格ミステリ。

くろけん(黒田研二)さんと二階堂黎人さんの合作シリーズである「Killer Xシリーズ」の1作目にして、二階堂黎人さんの「スキー・サイコ・シリーズ」の2作目にあたる「Killer X」を再読しました。

この作品は刊行時に「クイーン兄弟」名義で発表され、愛川晶さんと二階堂黎人さんの合作「白銀荘の殺人鬼」が「彩胡ジュン」名義で発表されたのと同じように著者当てクイズがありましたが、主人公であるミステリ作家が「親指シフト入力のワープロ専用機」を使っている時点で、少なくとも二人のうち一人はあっさり判ってしまうような・・。


主人公は駆け出しのミステリ作家「本郷大輔」。

ある日、彼の元に高校時代の恩師である「立原茂」-通称「シゲルちゃん」-から同窓会の招待状が届きます。

北海道の人里離れた山奥にあるシゲルちゃんの住居「深雪荘」に集まった大輔たちですが、同窓会のはずなのに、ここに集まったのはなぜか「本郷大輔」「佐伯ユミ」「服部雅巳」「遠藤光彦」「田淵篤」の同級生5名と、遠藤が連れてきた少年「馬場明夫」の合計6名のみ。

しかもシゲルちゃんは、同窓会の招待状など出した覚えが無いと言います。

折からの大雪で深雪荘に足止めされる大輔たちですが、一人、また一人と死んでいき・・。


この作品の冒頭には「口絵代わりの抜粋シーン」として、終盤のあるシーンが一部だけ先に書かれています。

もちろん冒頭部分を読んだだけでは、これが緊迫した場面だという事は分かるものの、まだこの時点では何が起こっているのかはよく分かりません。

しかし実際にこの作品を読み進めてそのシーンに辿り着いたとき、その状況がいかに不可思議な状況なのかを読者は思い知らされます。

・・が、この二人が生み出した作品の、それもわざわざ冒頭に持ってきた場面が、ただの不可思議な状況で終わる訳がありませんでした。


ところで、私が小説を読んでいる時、常に頭の中ではその物語の映像が流れています。

人物像やその舞台設定など、詳細に描かれていればいるほど頭の中の映像もクリアになります。

そして本格ミステリを読んでいて一番楽しい瞬間が、この頭の中の映像が一瞬にして全く違う映像に置き換わる瞬間です。


この「Killer X」は、まさにそんなドンデン返しのオンパレードでした!

作品の途中にたびたびカットインされる「突き落とし魔」の正体、シゲルちゃんの事、あの人物の事・・。

読者を欺くために、丁寧に丁寧に何重にも張り巡らされた小さな伏線たち。

そしてそれまで見えていた世界を一瞬で変えてしまう、終盤の衝撃的なドンデン返し!

それも一つや二つではありません。

しかも真相を知った後に読み返してみても、決して作者は読者に嘘をついていない事が分かります。



今この記事を書いている段階で、シリーズ最終作である「永遠の館の殺人」まで読み終わっています。

「永遠の館の殺人」はもちろん単独で読んでも楽しめるように書かれてはいますが、やはりシリーズ全体に対する仕掛けが非常に見事で魅力的でした。

ただ、「白銀荘の殺人鬼」からの全4作を読んでみて、単独の作品として一番お気に入りなのはこの「Killer X」です。


ぜひご賞味ください。


(後日、と言ってもずいぶん先になると思いますが、全4作の出来事を時系列で並べ替えて整理した解説記事をアップしようと思っていますので、細かい内容はその時に。もちろん作品を読んだ方だけに見て貰おうと思います。)







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/02/09 01:50|「Killer X」シリーズTB:0CM:2

 

白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)
(2004/02/10)
愛川 晶 二階堂 黎人

商品詳細を見る
スキー客で賑わうペンション「白銀荘」。そこに血腥い殺人鬼の匂いを纏った客が紛れ込んだ。多重人格症に悩む彼女は、ある目的を果たすため、連続殺人をもくろんでいた。おりしも、豪雪により白銀荘は外界と遮断された密室状態に!そして、相次ぐ殺人―。さらなる悪夢が。今、血の惨劇の幕が開く!本格推理の鬼才二人によるサイコ・ミステリーの傑作、登場。

先日、くろけん(黒田研二)さんと二階堂黎人さんの合作シリーズである「Killer X 3部作」の3作目、「永遠の館の殺人」が文庫(光文社文庫)になりました。

シリーズ1作目である「Killer X(キラー・エックス)」は、2001年11月に光文社カッパ・ノベルスから「クイーン兄弟」という名義で刊行され、当時はこの「クイーン兄弟」が何者か、という著者当てクイズも話題になりました(本格ミステリ作家2人の合作であることは明かされていました)。

その後、シリーズ2作目「千年岳の殺人鬼」、3作目「永遠の館の殺人」が発表され、全3作の完結となりました。

ただこの3部作より前に、同じく二階堂黎人さんが愛川晶さんと合作し、「彩胡ジュン」名義で発表した「白銀荘の殺人鬼」という作品(この時も著者当てクイズあり)があり、この作品の登場人物の一部や作品世界が「Killer Xシリーズ」と共通しているため、まずは「Killer Xシリーズ第ゼロ作」とも言える、この「白銀荘の殺人鬼」から読み返してみました。

ちなみに二階堂黎人さんのウェブサイトを見た限りでは、「Killer Xシリーズ3部作」にこの「白銀荘の殺人鬼」を加えて「スキー・サイコ・シリーズ4部作」とも呼べるようです。


主人公は「立脇順一」・・・の中にいる別の人格「美奈子」。

設定からして著者名通り「Psycho(サイコ)」(=彩胡)ですね。

美奈子は、同じく順一の中の別人格である「晴代」と共謀して、ホスト人格である順一を消し去り、自分がこの肉体のホスト人格になろうと目論みます。

その計画とは、美奈子と晴代で残虐な大量殺人を起こし、その直後に気の弱い順一の人格を表に出してショックで心の奥へ追いやり、二度と順一の人格が表に出ないようにする、というもの(このあたりの動機と方法については多少無理があるような気がしないでもありませんが・・)。

ちなみに順一は、美奈子や晴代の人格が表に出ている時は意識がありません。

美奈子は、順一の行動などは全て把握していますが、晴代が表に出た時だけ同じように意識を失います。

晴代は、どの人格が表に出ていても全ての行動を把握しています。

ということで、もちろんこれが一つの鍵になります。


妻・娘と3人で、福島の「磐梯リゾートスキー場」にスキーに来た順一。

白銀荘というペンションに宿泊するのですが、美奈子と晴代はこのペンションでついに計画を実行に移すことにします。

このペンションに居合わせたのは、お互いネットで知り合ったという若い女性の3人組や建設会社の社員旅行らしき4人組、ペンションのオーナー夫婦とスタッフである若い男女2名など。

運良く大雪のためペンションは孤立し、美奈子はいよいよ大量殺人を実行に移します。

しかし、美奈子が次々とスタッフや宿泊客を殺害している合間にも時々晴代が表に出てきて、美奈子はそのつど意識を失ってしまいます。

そしてその後には決まって身に覚えのない死体が。

晴代も殺人を楽しんでいるのか、はたまた美奈子と殺害人数を競っているのか・・。


私がこの作品を初めて読んだのは今から4~5年前だったと思いますが、さすがに一番メインのトリック(初読時はまったく予測できずに衝撃を受けた覚えがあります)は覚えていました。

ですので再読の今回は細かい伏線などにも注意しながらじっくり読めました。

さすがに熟練のお二人、あちこちに丁寧な伏線が張られています。

しかし、初読時は本格ミステリを読み漁り始めて間もない頃だったので、この作品には非常に衝撃を受けましたが、あれから4~5年、ひたすら本格ミステリばかりを読んできた今になると、この密室のトリックには特に感動もなく、また「首無しの死体」はやはり先を読んでしまいます(もちろんのこ作品に関しては「再読」というのが一番大きな理由ですが)。

ただ、お二人の「読者に対して伏線をフェアに張る」姿勢には感銘を受けます。

やはりこの「読者に対してフェアである」という部分が、本格ミステリの魅力であり、美点だと思います。


ちなみに私は基本的に叙述トリックは好物ですので、多少のあざとい表現も許容範囲内です。


しかし、プロ作家同士の「合作」というのは楽しそうではあるものの、それ以上に難しい部分が多いのではないか、という気がしますが実際はどうなのでしょう?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/01/30 00:08|「Killer X」シリーズTB:0CM:0

 

逆転裁判  (5) (ヤングマガジンコミックス)逆転裁判 (5) (ヤングマガジンコミックス)
(2008/12/05)
前川 かずお

商品詳細を見る

首都圏では12/5(金)発売だったこのコミック、九州でも3日遅れで昨日発売になりました

この地域格差が何か悔しい・・

ま、それはさておき、今回は、

第13話 逆転食いしん坊(後編)
第14話 逆転力VS神通力(前編)
第15話 逆転力VS神通力(後編)

の3篇が収録されています。

まずは「逆転食いしん坊」。

ミステリ小説には「叙述トリック」という小説ならでは(でもないか)のトリックが存在しますが、有栖川・綾辻両氏の「安楽椅子探偵シリーズ」などの映像作品や、この「逆転裁判」のようなミステリコミックの場合、やはり映像や絵ならではの仕掛けが楽しいものです。

何が言いたいかと言えば、この「逆転食いしん坊」、前編の最初の数ページ目に大きなヒントがあったんですね

しかも割と大きめのコマなのに・・全然気づきませんでした

あからさまにヒントが描かれていながらも中々気付かれない、というのは漫画だからこそ

これが小説で、「ジャスティス正義の○ー○○の○ー○は、○○の○ー○○に比べて○○かった」(伏せ字ばかりですみません)なんて書いたら一発でネタがバレますもんね(気付かなかった自己弁護?)

脅迫状の指紋に関するロジックも分かりやすくて好きでした。


「逆転力VS神通力」は、買い物リストと点検用出入り口の証言から推理は出来ましたが、体重の件は気付かなかった

漫画らしい、というか「逆転裁判」らしい割と大がかりな物理トリックですね。

ま、物理トリックと言えばくろけんさんのデビュー作「ウェディング・ドレス」のほうが度肝を抜かれましたが・・

ちなみに「GPナルホドー」には大笑いさせていただきました

証言台に立つキャラの後ろに「サイコ・ロック」の絵が描かれていたり、相変わらずの冴えを見せる「狩魔冥」のムチなど、逆転裁判好きのツボをしっかり押さえながらも、ストーリーはしっかり本格しているのはくろけんさんの脚本あってこそですね。


さて、この「逆転裁判」はこれでしばらくお休みとなり、年明けから新しいプロジェクトが始動するという事ですが、これはたぶんニンテンドーDSの「逆転検事」の事でしょう

来春の発売を楽しみにしています


くろけんさんの作品も来年には続々と文庫化されるようですので、今から楽しみです
講談社ノベルスがほとんど入手困難で・・




ムチムチ教・・・いいかも







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/09 11:35|逆転裁判&逆転検事TB:0CM:0

 

ウェディング・ドレス (講談社文庫 く 62-1)ウェディング・ドレス (講談社文庫 く 62-1)
(2008/02/15)
黒田 研二

商品詳細を見る
結婚式当日、何者かに襲われた祥子。婚約者のユウ君と手分けをしながら、祥子は真犯人を目指した。鍵となったのは、あるビデオに関わる猟奇殺人と、母が遺したウェディング・ドレス。そしてユウ君と再会したとき、不可解なジグソーパズルは完成する。全編に謎と伏線が鏤められた第16回メフィスト賞受賞作。


先日、本格ミステリ作家クラブの事(と言うかこのブログの事)で、たまたま「くろけん」さんこと黒田研二さんからメールを頂く機会があり、書店の店長をやってるとはいえ、現役の作家さんから個人的にメールを頂くなんて初めての機会だったので、しばらくはあまりの嬉しさに超ハイテンションでした

で、ふと冷静に考えてみると・・くろけんさんって確かメフィスト賞作家で(第何回だったか忘れたけど)・・ヤンマガに連載している「逆転裁判」の原作者で・・二階堂黎人さんと合作で「クイーン兄弟」とかいうペンネームで「キラーX」って本を出してる作家さんだよな・・

げっ!「そのうち読みたい本格ミステリ作家リスト」(←私の頭の中の)には入ってるけど、まだ合作の「キラーX」以外読んだ事がないっ!
(クロケンさんすみません m(_ _)m)

・・という事に気付いて、早速デビュー作の「ウェディング・ドレス」を読みました


いや、面白かったんですこれが!

オビに東野圭吾さんの推薦文が載っていて「謎と論理がぐるぐる回る、この一発芸には目眩した」と書いてあるんですが(「一発芸」って褒めてるのか?)・・まさにその通りでした。

主人公の祥子と、婚約者のユウ君。

それぞれの視点から交互に物語が語られていくのですが・・何かがおかしい。

何とも言えない不思議な違和感を感じながら、物語はどんどん核心に向かって進んでいきます。

実を言うと、作品全体の仕掛けは途中で何となくは気付いたのですが、なんせ伏線の張り方がとても丁寧で、最後の最後にそれがホントに綺麗に回収されていきます。

途中に幻想的なシーンもあるのですが、それにもきちんと論理的な説明が付けられていました。

また作品の中に密室殺人も登場するのですが、これがさっぱり分からなくて・・真相を知った時には思わず「島田荘ニかよっ!」と心の中で叫んでしまうぐらい、かなり力技なトリックでした

・・いや島田荘ニさんももちろん大好きなんですよ

というわけで、なんだかんだですごく楽しめましたので、これからもくろけんさんの本はどんどん読んでいきます!








皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/10 23:56|・黒田研二TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。