~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

昨夜NHKで、「探偵Xからの挑戦状!第1回”DMがいっぱい”」の解決編が放送されました。

30分の番組で問題編を再現しながら解決編まで流すので、やはりかなり駆け足な印象ですね。

投稿メールの紹介も3件だけだったし・・。

竹中直人さんのキャラは相変わらずいいな~。


とりあえず犯人は、タオルを「くわえている」→「川窪桑江」で正解でした。

応募者1,794名中、犯人と理由まで正解したのは722名との事。

やっぱり正解率高いな~。

私も犯人は合っていましたが、理由が半分間違っていましたので722名に加えて貰えているのかどうか微妙かな・・。



全8回のこの企画、辻真先さん以外の執筆者は・・

 白峰良介さん

 黒崎緑さん

 霞流一さん

 芦辺拓さん

 井上夢人さん

 山口雅也さん

 折原一さん

の7名のようです。

本日スタートした第2回は白峰良介さんの「赤目荘の惨劇」ですので、第8回までこの順番でいくのでしょうか。

もしそうなら、トリは”叙述トリックの魔術師”(?)折原一さん。

てごわそう・・・。


皆さん好きな作家さんばかりですが、個人的にはバカミスキングの霞流一さんが一番楽しみです!



8回全部正解したら賞品とか貰えたらいいのに。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/04/02 21:36|Season 1TB:0CM:0

 

犯人候補は10名(と一匹)。

はたして真犯人は誰なのか、そしてキリコがあっさり見抜いたダイイング・メッセージの意味は!?


という事で、全然わからないながらもせめて何か投票しないと、と思い昨夜いろいろ考えてみました。

ミステリである以上「羽鳥嬢」や「田丸局長」なども少しは疑いつつ、とりあえず今回はオーソドックスに「高尾」「四谷」「大島」「川窪」の4人に絞ってみました(たいした根拠はありませんが・・)。


だじゃれ、だじゃれ、汗かき、汗かき、とつぶやきつつ何とかひねり出したのは・・

タオル・・タオル・・たおる・・のぼ

タオルを咥えている・・くわえている・・桑江!

左手、右手、両足、口・・ダイイング・メッセージが4つ・・よっつや(四谷)!

ぐらいでした・・。


で、結局送った答えは「汗かき=暑がり」という事も考えて、被害者が左手で指さしたのは「避暑地」として有名な(?)高尾。

「避暑=秘書」と「くわえている→桑江」で、犯人は「川窪桑江」で応募してみました(右手と両足は犯人の偽装ということで)。


どうせ見当違いなんだろうな~。


あと一時間ちょっとで解決編が放映されますので、とりあえず楽しみに観てみます。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/04/01 22:53|Season 1TB:1CM:0

 

昨日3/30(月)、「探偵Xからの挑戦状!”第1回”」の「DMがいっぱい 第5章」がサイトにアップされました。

克郎と水上刑事は推理に行き詰まり、結局、克郎の妹であり名探偵の“スーパー”こと「牧キリコ」に相談することになりました。

水上刑事から電話越しに事件の概要を聞いたキリコは・・「犯人ならわかりましたけど」(マジでっ!?)。

どうやら彼女はあっという間に被害者のメッセージを読み解いてしまったようです(全然わからん・・)。

“神戸社長はダジャレ好きで、しかも汗かきのためしょっちゅうタオルを使っていた”というのがどうやらヒントの様ですが・・・やっぱり分からん。

キリコが言うには「論理的に犯人はあの人に決まり!」だそうです。

被害者が口にタオルを突っ込んで死んでいるのも関係がありそうですが・・とりあえず明日の第6章を待ちます。

第2章で「左手は高尾を指差し」「右手は四谷を手のひらで押さえ」「両足は伊豆大島を蹴とばしているように見えた」はずが、今回の第5章では「右手で四谷を、左手で高尾を、両足で大島を、それぞれ絨毯上のマップで押さえていた」となっているのが気になりますが・・まあ推理にはあまり関係ないのでしょう。


牧薩次の「完全恋愛」の話題も出てきて、ミステリファンの心をくすぐられました。


そして本日3/31(火)、いよいよ問題編の最終章である「DMがいっぱい 第6章」がサイトにアップされ、推理投票の受付が開始されました。

・・・が、問題編の小説は昨日の第5章で終りだったんですね。

本日アップされた第6章では「編集部からの“特別付録”」と称して「登場人物の“おまけ”情報」や「現場見取り図」がアップされただけでした。

で、それも読んだけどやっぱり分からない・・。

問題編本文では「興奮すると標準語になる」と書かれていた田丸局長がこのおまけ情報では「興奮すると関西弁になる」と書かれていたのが気になったぐらいで・・まぁ単なるミスで犯人とは関係ないですよね、やっぱり。

ちなみに犯人候補は「可能克郎」「羽鳥嬢」「田丸局長」「水上刑事」「“四谷”に気づいた地元署の若い刑事」「高尾登」「四谷昌明」「大島冴子」「川窪桑江」「チェシャ猫」「牧キリコ」の10名(と1匹!?)です。

被害者はダジャレで犯人を表そうとしたのは間違いないと思いますが・・分からね~。

やはり私は探偵には向いてないようです。



推理投票の締め切りは明日4/1(水)の午前10時。

明日も仕事なので、寝る前に何とか考えて投票しないと・・。



ところで第2回の著者は誰なんだろう?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/03/31 22:56|Season 1TB:0CM:0

 

昨日3/28(土)、「探偵Xからの挑戦状!”第1回”」の「DMがいっぱい 第3章」がサイトにアップされました。

被害者の神戸社長は徹底したワンマン社長で、会社の重要案件はほとんど一人で抱えこみ、また女性関係においては「英雄色を好む」という事で、気に入った女性がいると酔わせてヤバい写真を撮り、それをネタに口説き落とすのを得意技にしていたようです(おいおい・・)。

大量のCD-ROMがしまってある社長室のクローゼットが物色された形跡があり、どうやら犯人の目的と動機はこの辺りにありそうです。

そして社長の死を知り駆けつけてきた幹部社員3名の名前は、やはりと言うか何と言うか・・。

「高尾登」

「四谷昌明」

「大島冴子」

さて、犯人はどいつだ・・!?



余談ですが、主人公の「可能克郎」は、昨年上梓されて現在第9回本格ミステリ大賞候補作になっている「完全恋愛」(マガジンハウス)を書いたミステリ作家「牧薩次」の義理の兄です。

分かる人にしか分らないネタかも知れませんが、こういうのが楽しい!

克郎と水上刑事が待ち合わせた場所が「スナック蟻巣」というのも、思わずニヤリです。


そして本日3/29(日)、「DMがいっぱい 第4章」がサイトにアップされました。

神戸社長の秘書「川窪桑江」によれば、幹部社員3人共にそれぞれ動機があるとの事。

高尾と四谷は社長の後継者の座をめぐって対立しており、しかも二人の内のどちらかが会社の金を使い込んだ疑いがあり、それに関してのデータが入ったCD-ROMが社長室のクローゼットに収納してあったとの事です。

そして妙に色気過剰の大島は案の定神戸社長とそういう関係で、高尾と四谷が言うには社長は大島から秘書の川窪に乗り換えるつもりだったため別れ話で揉めていた・・。

しかも神戸社長は、大島にプレゼントすると約束した時価一千万の宝石を大島ではなく川窪に贈り、しかしながらおカタイ川窪がそれを受け取らなかったため、その宝石は社長室のクローゼットの中へ・・。

どうやらそれぞれに動機があり、しかも共犯のセンは無いようです。

被害者の状況、容疑者、動機が出そろい、連載も残り2回。


あ~、明日の更新が待ち遠しい。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/03/29 23:59|Season 1TB:0CM:0

 

昨日スタートしたNHKの「探偵Xからの挑戦状!」ですが、本日、第1弾「DMがいっぱい」問題編の第2章がサイトにアップされました。

ちなみに「DMがいっぱい」の「DM」は「ダイレクトメール」ではなくて「ダイイング・メッセージ」の事だそうで、さすがベテラン辻真先さん、一筋縄ではいきそうもありません。

昨日の第1章では、主人公の「可能克郎」が神戸不動産社長「神戸清之助」の死体を発見し、警察が駆けつけてくるところで終わりましたが、本日の第2章でその死体の異常な状況が少しずつ明らかにされました。

まずは社長室の床一面に敷かれた、首都圏の地図をあしらった特注の絨毯(なんじゃそりゃ!?)

口にタオルを突っ込まれ、首にはカーテンの紐らしきものが巻きついている神戸社長の死体ですが、よく見てみると、左手は床の地図の「高尾駅」を指差し、不自然に曲げられた右手は「四谷駅」を手のひらで覆い隠し、ピンと伸ばした両足は「伊豆大島」を蹴とばしているように見えます。

う~ん、まさにダイイング・メッセージだらけ。

明日の第3章以降で容疑者の名前も明らかになっていくのでしょうが、今の段階では何が何だかさっぱり分からない・・。



犯人当ての応募は3/31(火)に受付開始、解答編のドラマは4/1(水)の深夜24:10から放送開始です。

おそらくリアルタイムで観ると思いますが、とりあえずDVDレコーダーの録画予約はセットしておくか・・。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/03/27 23:43|Season 1TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。