~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

お手上げです。

いやホントに。

いつも惜しい所まで行くのですが、著者の思惑を完全に読みきれない・・。


まず“目撃”がテーマの今回の作品「サンタとサタン」。

現場は巨大な密室状態で、女性2人は善意の目撃者。

となれば犯人は小藤田・根元・塩井の3人のうち誰かの単独犯、と考える所まではまず大丈夫だと思います(この時点で違っていたらお手上げですが)。

まず真奈江と良乃が目撃した約2分間の格闘シーンですが、この2人は嘘はついていない(嘘をつく理由がない)とはいえ、おそらく何らかの錯誤をしてると思われます。

雪の降り続く夜、谷を挟んだ約30メートルの距離での「目撃」。

格闘が始まる時点で「赤いコートを着て帽子を被り、顔には白い鬚をつけている」人物と「白っぽいガウンを着た」人物がいたのは間違いないようですが、何度も視界(カーテンの隙間)から外れながら互角の戦いを繰り広げ、なおかつ赤いコートの人物の帽子と髭は途中で取れてしまったようですので、考えられるのは「目撃者の錯誤による被害者と犯人の入れ替わり」。

途中で片方の人物が両手にバットを持っているシーンがあり、目撃者はこれを「サンタ」と呼んでいますが、そう判断したのは後姿が“赤かった”ため。

奇しくもこの時、東の山頂から降りてきた除雪車のライトが東側の窓の“赤いダルマの絵を描いた1メートル四方のステンドグラス”越しに室内を照らしています。

しかもこのとき相手側の「ガウン男(あくまで目撃者がそう呼んだ)」はテーブルの陰から頭だけ出している状態で、体は(着ている服は)見えていません。

となれば実際のシーンは「帽子も髭も取れたサンタ服の男がテーブルの陰に隠れていて、白いガウンに赤い光を浴びた男がバットを2本振り上げていた」という事ではないでしょうか。

であればこの時フェンシングのように左手を突き出した「白い手袋」の男は、実際は白いガウンを着た被害者の荒巻(突き出した時に左手が赤いライトの範囲から外れたのでは)。

そして目撃者の2人がカメラを取りに行くなどして目を離したときにちょうど攻守が入れ替わり、最後に赤い手袋の右手でガウン男を殴ったのが真犯人。

あとはそれぞれの捻挫の位置と照らし合わせて・・・・と考えたのですが、ここで行き詰まってしまいました。

基本的には3人の男全員に犯行は可能だったと考えられますので、あとはこれまでに出てきた証拠から3人のうち2人は犯行が無理だった、と消去法で推理を進めるべきなのでしょうが、これが分からない・・・。



この時点でとっくに家族は寝静まり、かなり遅い時間でしたので、次の日(つまり今日の事ですが)も仕事だからもう寝ないと、と思いながら無理やり推理をこねくり回して、結局よく分からないまま「小藤田」で推理投票を送りました・・・。

でも今これを書きながら思い返すと、部屋ごとのガウンの色の違いの事は何も考えてないし、シャワーを浴びていた根元、死体を発見した塩井・・・。


う~ん・・・。


あ~、霞さんの回は完全に当てたかったのに~、くやし~!


これで「目撃したシーンはコントの練習だった」とかだったら立ち直れないかも。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/04/22 23:02|Season 1TB:0CM:0

 

4/19(日)「探偵Xからの挑戦状!“第4回”」の「サンタとサタン 第4章」がサイトにアップされました。


喪中警部は良乃と真奈江から更に詳しい目撃証言を聞き出していきます。

バットのようなものを振り回して争っていたサンタとガウン男。

途中でサンタの白髭と帽子が取れながらも互角の戦いを続けていたようです。

谷を挟んで30メートルの距離、それも雪の夜のカーテンの隙間からですので全てが見えていた訳ではないようで、気がつくといつの間にかサンタが有利になっていたとの事。

両手にバットを持って振り上げているサンタに対し、ガウン男は横倒しになったテーブルに隠れて首だけ出している無様な状態になっていたようです。

それを見た良乃はバッグに入っているカメラを取りに行ったため10秒ほど目を離したようですが、その間も続きを見ていた真奈江によれば、反撃に転じようとしたガウン男が右手に持った茶色い壜をサンタに向かって投げようとした所、サンタが左手に持ったバットをフェンシングのように突き出してガウン男の右腕を突き、ガウン男は壜を落としてしまったとの事。

サンタの左手の白い手袋が印象的だったそうです。

ちなみにガウン男の右腕には白い包帯が巻かれていた様子。

警部によれば殺された荒巻も右腕を捻挫して包帯を巻いていたそうです。

そこで良乃が戻ってきたため、今度は真奈江がカメラを取りに行くために窓を10秒ほど離れたとの事。

という事で窓の所に戻ってきた良乃の証言によると、目に飛び込んできたのは赤い手袋をした右手にバットをしっかり握ったサンタがそのバットを大きく振り上げ、逃げ道を探すために後ろを振り返っていたガウン男の後頭部に振り下ろすまさにその瞬間!

カメラを持って戻ってきた真奈江もガウン男の後頭部にバットが当たる所からは一緒に見たようですが、バットを振り上げている所はちょうど見逃した様子。

殴られたガウン男はカーテンの隙間から見えていた視界から外れ、10秒後ぐらいには部屋の電気も消されて何も見えなくなったようです。


・・・とここまで読んでみて、サンタの「手袋の色の違い」が当然引っかかったのですが、これは作中の警部も同じだったようでその点を2人に問いただします。

結局2人の話では「サンタがバットでガウン男の右腕を突いた時の左手の手袋は“白”」「サンタがバットを大きく振り上げてガウン男の後頭部を殴りつけた時の右手の手袋は“赤”」というのは間違いないようですが、サンタとガウン男の争いを見ていた約2分間をよく思い出すように言うと、両手とも同じ色の手袋だったような、白いタオルをバットに巻いていてそもそも手袋はしていなかったような、etc・・・とどうもあやふやです。

良乃と真奈江の2人は、ロッジの明かりが消えて何も見えなくなったあと、自分たちの小屋を出て現場のロッジに向かったとの事。

小屋とロッジは小さな谷を挟んでいるため、ロッジに辿り着くのに30分ほどかかったようです。

しかもロッジに着いてドアを開けると、部屋は荒れているものの肝心の死体が無い!

しかもこのあと雪の中で発見された死体は真新しいTシャツに分厚い黒毛皮のコートをまとっていましたので、普通に考えると犯人が白いガウンを脱がせて着替えさせたという事になります。


そして昨日「探偵Xからの挑戦状!“第4回”」の「サンタとサタン 第5章」がサイトにアップされました。


こんどは「まっぱ魚雷」のメンバーである3人の男性が事情聴取を受けます。


被害者である荒巻茂の死体が発見されたのは、23:40頃。


まず根元は、ちょうどシャワーを浴びていたところに真奈江が訪ねてきたとの事。

塩井の所には良乃が呼びに来て、塩井と良乃の2人で小藤田のロッジに行ったようです(小藤田の画像は、テーブルの上で何をしているのでしょう?)。


前述の通り根元は荒巻の同期、塩井は先輩で小藤田は後輩ですが、全員大学の「パフォーマンス研究会(略してパーマン研)」つながりとの事。


で、男女5人で荒巻を探したところ15分ぐらいで塩井が死体を発見したという事のようです。


そして本日「探偵Xからの挑戦状!“第4回”」の「サンタとサタン 第6章」がサイトにアップされました。

いよいよ問題編のラストです。



喪中警部が取りだしたのは、荒巻のロッジにあった白いガウン。

死体の切り傷(初耳ですが!)とガウンの血痕の位置が一致するとのことで、被害者がこれを着ていたのは間違いないようです。

このガウンは各ロッジに備え付けられていたもので、丈は膝まで、手首のところにゴムが入っていて、保温効果に優れた素材で作られたすごく暖かいガウンだという事です。

しかもロッジの寝具の色に合わせてそれぞれのロッジに色違いのガウンが置いてあったとの事で、小藤田のラベンダー棟にはラベンダー色のガウン、根元のブラウン棟にはブラウンのガウン、塩井のアイボリー棟にはアイボリーのガウン、そして殺された荒巻はもちろんホワイト棟だったようです。

またそれぞれのロッジには舞台で使う衣裳である赤いコートも置いてあり、これもガウンと同じように膝丈・手首にゴム、そしてサンタの衣装らしく裾には白いライン。

クリスマスライブでやる予定の長編コント「サンタとサタン」の舞台衣装だそうです。

しかもこの日の朝、買い出しの帰りに車で事故って4人とも体のあちこちを捻挫。

根元は背中と左足首、塩井は右膝と腰、小藤田は左肩、そして荒巻は右腕をそれぞれ負傷して包帯や湿布をつけていたようです。

しかも全員が荒巻に対して動機があり、この別荘地は巨大な密室となっていて外部の人間は入れなかった事も分かりました。



さて、犯人は誰だ?



今日は体調が悪くてあまり頭が働きませんが、頑張ろう~!







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/21 23:43|Season 1TB:0CM:0

 

全8回の「探偵Xからの挑戦状!」もいよいよ折り返し地点。

今回は”愛すべきバカミスキング”霞流一さんの登場です!



という事で、まずは4/16(木)にアップされた「サンタとサタン 第1章」。


雪山で発見された死体。

見つけたのは「小藤田孝彦(ことうだたかひこ)」です。

全身が雪で埋もれつつあるこの死体は「荒巻茂(あらまきしげる)」。

小藤田の叫び声を聞いて、4人の男女が駆けつけてきます。


ここは荒巻の父親の別荘。

荒巻は小藤田・「根元洋治郎(ねもとようじろう)」・「塩井直人(しおいなおと)」と4人でコントグループ「まっぱ魚雷」を結成しており、クリスマス・ライブの練習のためにこの別荘で合宿をしている所でした(まだ知名度の低い若手芸人だったようですが)。


居合わせた女性2人はどちらも20代半ばで「田畑真奈江(たばたまなえ)」と「堀良乃(ほりよしの)」。

会社は違うものの、2人とも雑誌記者だということです。

2人ともスクープ合戦とばかりに死体の写真を撮りまくっています・・。


警察に通報しようにもケータイは圏外、ロッジの固定電話は雪のためか通じなくなっているようで、まさしく典型的なクローズドサークル・・・と思いきやちょうど除雪車が近づいてきます。


ちなみに「まっぱ魚雷」のリーダーは荒巻。

塩井は荒巻の大学の先輩で、メンバー唯一の30代。

根元は荒巻の同期で、小藤田は最年少の22歳(荒巻の後輩)です。


そして昨日「探偵Xからの挑戦状!”第4回”」の「サンタとサタン 第2章」がサイトにアップされました。


除雪車の無線で無事に警察に連絡が取れ、別荘の敷地には大勢の警察関係者がやってきました(陸の孤島じゃなかったのか・・)。

他殺らしき荒巻(27歳)の死因は、頭部を殴打されたことによるショック死。

凶器と考えられる鈍器状のものは発見されていない。

死亡推定時刻は22:30~23:30の間。

雪が降り続いているため、ものの数分で足跡は消えてしまい、死体のそばに足跡があったかどうかはまったく不明です。

この別荘地には、広大な敷地の中に14棟のロッジが点在しているとの事。

その中で最も大きく、管理事務所として別荘の中枢を担っている「センターロッジ」の会議室で事情聴取が始まります。

慇懃なくらい丁寧な中年警部の名前は「喪中栄太郎(もなかえいたろう)」。

まずは真奈江と良乃が事情聴取を受けていますが、この2人のキャラが濃すぎてなかなか話が前に進みません・・。

ちなみにこの2人は同じ大学の同期で、2人とも「おふくろ会」という「雑誌の袋とじを研究するサークル」に所属していたようです。

現在はそれぞれ別の会社でライターとして働いており、良乃は「月刊ウーン」、真奈江は「バックレ・マンスリー」にそれぞれ記事を書いているようです。

2人とも束の間の休みを利用して温泉旅行に来たのですが、泊まっているのはこの広大な別荘地・・・から狭い谷を挟んで向こう側にある今にも朽ち果てそうな粗末な小屋。

この小屋は2人の先輩の叔父さんの持ち物だそうです。


で、この2人はこの小屋からまさに犯行の現場をリアルタイムで目撃したとの事。


以下、第3章へ。


そして本日「探偵Xからの挑戦状!”第4回”」の「サンタとサタン 第3章」がサイトにアップされました。


22時すぎに布団に入ったものの、除雪車の音がうるさくて眠れなかった2人。

窓から谷向こうのロッジを見ると、妙な動きが目に入ったとの事。

そのロッジは「リビングロッジ」と呼ばれている、ここで2番目に大きいロッジだそうです。

ちなみにこの2人がそのロッジを見たのが22:35頃。

ロッジの窓のカーテンが1メートル(本文では「1メール」となっていますが単なるミスでしょう)ぐらい開いていて、そこではサンタクロースの恰好をした人物と白っぽいガウンを着た人物がお互いにバットのような棒を持って争っていたとの事。

ただ遠すぎて顔までは分からなかったようです。


事件と関係なさそうな無駄話が多くてなかなか話が前に進まないですが、その中にもこっそり伏線が隠れているようないないような・・・なんせ著者が霞流一さんですから油断はできません。

まだ第3章ですので詳細は分かりませんが、容疑者は小藤田・根元・塩井の3名になるのかな?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/04/18 23:59|Season 1TB:0CM:2

 

ほぼ大正解!


・・・でしたが、携帯を使った鳴き声トリックの事は考えていませんでしたし、そもそも犯人投票では「前日誘拐」と「携帯を取りに戻った時にぬいぐるみに火を付けて小火騒ぎ」については書いたものの、鳴き声については何も触れませんでした。

という事で、完全正解者44名の中には入っていません・・・。



しかし当てといてなんですが、何の伏線も無しに「合鍵」はまずいでしょう・・。



さっ、次はいよいよ「”バカミスキング”霞流一」さんですね!

サンタとサタン」というタイトルからして、すでに霞さんらしさが・・。


第1回の「くわえ」を超えるダジャレが炸裂しそうな予感。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/16 01:14|Season 1TB:0CM:2

 

さて、昨夜何とか推理を投票しました。



まず今回の問題で真っ先に疑ったのは理香の狂言ですが、第6章まで読み進めるとどうも違うっぽかったのと、そもそも犯人の選択肢に理香がありませんでした(どうでもいいですが、なぜ宅配便の男だけ選択肢が名前ではないのでしょう?)。

前回の「赤目荘の惨劇」の時も書いた気がしますが、犯人当てをやる以上は「単独犯」である事をどこかで明記して欲しいものです(いくら「共犯」がタブーとはいえ)。

「DMがいっぱい」ではさすが辻先生だけあってそこはしっかり押さえてありましたし、綾辻・有栖川両氏の安楽椅子探偵シリーズのように作中で無くても明言してくれればしっかりと推理の前提が出来上がるというものですが。

ま、そんなこと言わなくても単独犯なのは当然、という事なのでしょうね(送信フォームではどちらにしろ一人しか選択できませんし)。



さて今回も力不足で、結局「これで間違いない!」という推理は浮かびませんでした・・。

そもそも「合鍵」の存在する可能性について問題編で触れられていませんので、それも可能性に入れるのか、それとも誰も持っていないという前提で考えるのかで推理が変わってしまう・・・。



で、まあ何とか組み立てた推理は・・・

まず理香の報告書に添付された画像によると、1日目と2日目に「白いドーム型猫用ベッド」にいたシェヘラザードが3日目には「水色の」ベッドにいます。

しかも顔を見せずに背を向けた状態で。

また、1日目・2日目はブラッシングをしたり餌を食べにベッドから出てくるシーンがありましたが、3日目は誘拐されたことに気付くまでの間「ベッドから出てこなかった」という記述があるのみ。

これらの事と、1日目・2日目に「2つ」だった餌の器やトイレが3日目には「1つ」しか使用した形跡が無い事と合わせて考えると、3日目に水色のベッドで背を向けたままだったシェヘラザードは「ぬいぐるみ」か何かで、実際は2日目の夜(理香が帰った16:00以降)もしくは3日目の朝(理香が来る13:00以前)に誘拐されたのではないかと考えました。

そして身代わりのぬいぐるみを置くときにベッドを間違えた。

ただし、これは「合鍵」が無いと無理なのでは・・・。


で別の方向からアプローチすると、まず脅迫電話で犯人は「シェヘラザード」という名前を口にしていますので、少なくとも犯人は猫の名前を知っている人物、という事になります。

またシェヘラザードをぬいぐるみにすり替えたのは、3日目に自分が訪問した後もシェヘラザードは鈴田さんの家にいた(自分が誘拐したのではない)と理香に思わせるためで、その意味では3日目に来た4名は全員怪しくなります。

ただ小島・矢野(宅配便の男)はシェヘラザードの名前を知らない可能性が高いので、北村・三好の疑いが濃厚(あくまで可能性ですが)。

また脅迫電話をかけてきた犯人は、鈴田さんが明日まで帰って来ない事を知らない様子ですので、それを知っていた(2日目に来た時に理香が伝えた)北村は容疑から外れる・・・かも。

3:30の脅迫電話のあとに理香が家中シェヘラザードを探した時はどこにも姿がありませんでしたので、3:00過ぎの小火騒ぎは犯人がぬいぐるみを燃やしたのものではないかと思われます。


という事で犯人は甥の三好

前日のうちに誘拐しておいて、当日(3日目)の2:50に「携帯電話を忘れた」と戻ってきた際、ぬいぐるみに火をつけて(タバコを吸うのでライターを持っていたはず)ベランダから外へ捨て、証拠隠滅。

理香は「来客や宅配便が帰った後もシェヘラザードは室内にいたはず」と言っていますが、理香が聞いた猫の鳴き声は小島が苦情として言っているように野良猫のものだったのでは。



もちろん、この推理は穴だらけです。

前日に誘拐したのなら「合鍵」が必要ですし、かといって当日2:00にDVDを探しに来た時に連れ去ったのでは、理香の「手ぶらで薄着」という証言と食い違ってしまう。

猫たちはタバコの臭いが嫌いなので三好がシェヘラザードを簡単に捕まえられたのかどうかも疑問ですが、北村が犯人だとすると3日目に(白いベッドに入った)シェヘラザードの写真を見た時の反応も納得いかなくなりますし、小火騒ぎのタイミングとも合わない。


とりあえず、イマイチしっくりこないまま「三好」で犯人投票を送りました。

宅配便の男は最初から考慮に入れていませんが、もし小島が犯人で「ベランダの防災扉から忍び込んだ」などという真相だったらヘコむ・・・。



ちなみに「小火騒ぎは犯人が理香を下の階におびき出すために起こした」というのは考えていません。

裏庭で小火騒ぎがあったからと言って、6階にいる人間が確実に部屋から出て下まで降りてくるかどうかはあまりにも蓋然性が低すぎる。



あと2日目の写真でエカテリーナの瞳孔が昼間にも関わらず開かれているのも何かの伏線かと気になりましたが、別に夜でなくても興味のある物を見た時なども瞳孔は開くようですので、猫じゃらしを見ているという事でスルーしました。



真相に近づけた気はするのですが、最終的に合っているという自信がまったく無い・・・。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ
2009/04/15 10:38|Season 1TB:0CM:4

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。