~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

毎月5日に更新されている「本格ミステリ作家クラブ」の「HMC今月の本格トピックス」が、本日(すでに昨日か)更新されました。

そういえば先月(4/5更新)はこの記事を書き忘れたような・・・



それはさておき「私の愛するキャラクター」からは、

う~ん今月は知っているキャラクターがない・・。

とりあえず「ジョン・ディクスン・カーを読んだ男」と「三丁目の夕日」は読んでみようと思いました。



「会員の新刊」からは、

創元推理文庫の「あなたが名探偵」はさっそく買いました。

すでに「ミステリーズ!」掲載時に全て読んでいますが、私の記憶力ではきっと初読のように楽しめるでしょう。

有栖川有栖さんの「闇の喇叭」がいよいよ発売ですね!

楽しみっ!!

石持浅海さんの「まっすぐ進め」も発売まであと1か月、もちろん買う予定です。

乾くるみさんの「六つの手掛かり」も気になりますが、まずは「イニシエーション・ラブ」以外の既刊を早く読まないと。

歌野晶午さんの「白い家の殺人」の新装版も先日発売になりました(あっ、買いそびれてる!?)

大倉崇裕さんは待望の福家警部補シリーズ新刊「福家警部補の再訪」が近日発売(5/22頃だったかな?)です!

北村薫さんの「ニッポン硬貨の謎」(創元推理文庫)もすでに購入済み。

これも「ミステリーズ!」連載時に読んでいますが、2~3か月おきに少しずつ読んだのと最初から最後まで一気に読んだのとではまた印象も変わってくるでしょう。

霧舎巧さんの「名探偵はもういない」はノベルス版で既読。

道尾秀介さんの「龍神の雨」も今月下旬にいよいよ発売です。

三津田信三さんは、まさにこの春は「刀城言耶祭り」ですね。



「執行会議メンバー・今月の一言」からは、

北村薫さん、そんなの出たらお金がいくらあっても足りなくなります・・。

綾辻行人さん、「Another」連載終了おめでとうございます。

発売を楽しみにしておきます。

黒田研二さん、どうしても「ふる○ん」で着替えている姿しか想像できない今日この頃・・。

乾くるみさん、それはかなり凄いのでは・・・私も前職の時に職場でハマってました(おいおい)。



さて来週にはここに名前のある先生方とお会いできる訳ですが・・・何だか夢のようでイマイチ実感が湧きません。

公開開票式のレポート、頑張って書かないと。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/05/06 01:20|・本格ミステリ作家クラブTB:0CM:0

 

本格ミステリ作家クラブより、5月に行われる「第9回本格ミステリ大賞公開開票式」の招待状が届きました!


北村薫会長と綾辻行人事務局長の直筆サイン入り、プレミアものの招待状です!!


公開開票式招待状 - コピー
(↑クリックで拡大します)


幸せ~~♪

本格ミステリ作家クラブのそうそうたるメンバーが揃う公開開票式に同席できる一般人はわずか10名!

ダメモトで応募したら見事に当選してしまいました!


万が一当選した時に備えてすでに飛行機の時間もチェックしていた私。

仕事柄連休は取れませんので、九州から東京まで強行軍の日帰りプランです。


間違いなく一生の思い出になりますね。

あ~、今から緊張してきた







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/10 01:10|第9回本格ミステリ大賞TB:0CM:3

 

今日は、毎月恒例になってきている「本格ミステリ作家クラブ」サイト更新のお知らせです。

サイトへは右のリンク集からどうぞ。



さて、「会員の新刊」からは・・

有栖川有栖さんの「赤い月、廃駅の上に」(メディアファクトリー)、歌野晶午さんの「そして名探偵は生まれた」(祥伝社文庫)の2点は購入済みですので、近々読みます。

くろけん(黒田研二)さんの「ペルソナ探偵」(講談社文庫)は、ちょうど今日読み始めました。

くろけんさんは今月「カンニング少女」も文庫になりますので楽しみです。

西澤保彦さんの「マリオネット・エンジン」(講談社ノベルス)は昨日読み終えましたので、いま記事を書いている最中です。

三津田信三さんは、死相学探偵シリーズ第2作目の「四隅の魔」(角川ホラー文庫)が発売ですね。

1作目の「十三の呪」がまだ未読ですので早く読まないと。


「執行会議メンバー・今月の一言」からは・・・

歌野晶午さんは花粉症なんですね。

私も結構ひどい方ですが、3年前に転勤で今の土地に来てからは少し症状が和らいだ気がします。

大倉崇裕さんは相変わらず怪獣の話題ですが、福家警部補の新作を楽しみにしています。

くろけんさんは新作を執筆中なのかな?

未読作品を少しずつ読みながら、気長に待ちます。

法月綸太郎さんは、個人的にはあまり色々深く考えないでもう少し気楽に小説を書いて欲しいと思っていますが・・・評論家としての目で小説を読んでしまうと中々そうもいかないんでしょうね。



最近、1冊読んでは3冊買って・・という日々を繰り返していたら、さすがに妻から「買いすぎ!」とお叱りが・・。

「今月から月に5冊まで!」と言われましたが、それは無理







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/03/05 23:59|・本格ミステリ作家クラブTB:0CM:0

 

お久しぶりです、一週間の禁書生活から復帰した音倉誓示ですm(_ _)m

本日無事に試験も終わり、あとは来週半ばの合格発表を待つばかり。

はたしてたった一週間の勉強で合格できるのか「簿記3級」!

って、ミステリと全然関係ないですね・・。


今日のように「子供が休みの日に私も休み」という事はめったに無いので、試験が終わった後は家族で生まれて初めて「サーカス」を観に行きました。

本音を言うと、いまどき「サーカス」って・・とか思いながら行ったのですが、なかなかどうして素晴らしかったです!

ゾウが2本足で歩くのを初めて見ました!!


それはさておき、第9回「本格ミステリ大賞」候補作が先日決定いたしましたので、今日はその記事で。


「小説部門」候補作

 「完全恋愛/牧薩次」(マガジンハウス)

 「裁判員法廷/芦辺拓」(文藝春秋)

 「造花の蜜/連城三紀彦」(角川春樹事務所)

 「ペガサスと一角獣薬局/柄刀一」(光文社)

 「山魔の如き嗤うもの/三津田信三」(原書房)


「評論・研究部門」候補作

 「幻影城の時代 完全版/本多正一編」(講談社)

 「探偵小説のクリティカル・ターン/限界小説研究会編」(南雲堂)

 「「謎」の解像度/円堂都司昭」(光文社)

 「本格ミステリ・フラッシュバック/千街晶之ほか」(東京創元社)

 「密室入門!/有栖川有栖×安井俊夫」(メディアファクトリー)


やばっ!

「評論・研究部門」はともかくとして、「小説部門」も未読ばかり・・。

もちろん、いずれ読もうと思っていた作品ばかりではありますが・・言い訳ですね。

大賞の決定は5/13(水)。

この日都内某所で、「本格ミステリ作家クラブ」会員たちによる投票の、公開開票式が行われます。



さて、まだまだ手元に順番待ちの本が山積みになっていますので、試験も終わったし、またどんどん読んでどんどん書くぞ~!







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/02/22 23:12|第9回本格ミステリ大賞TB:0CM:0

 

本格ミステリ作家クラブ」のサイト(←右のリンク集からどうぞ!)が更新され、「2009年2月の本格トピックス」が掲載されています。



トップページに会員である泡坂妻夫さんの訃報が載っているのは当然の事なのですが、やはり本当に亡くなられたのだと再確認するようで、悲しいです。


「会員の新刊」から個人的に気になる作品をいくつか。

石持浅海さんの「顔のない敵」が先月文庫化されています。

地雷をテーマにした秀逸な連作短編集ですので、未読の方はこの機会にぜひ(私はノベルスで読んでいますので文庫は未購入ですが)。

歌野晶午さんは、本日祥伝社文庫から「そして名探偵は生まれた」が発売。買います。

くろけん(黒田研二)さんと二階堂黎人さんの合作「永遠の館の殺人」は先月発売済み。

つい昨日読了し、シリーズ全体の大きな仕掛けに驚嘆して大満足でした(ただいま記事を執筆中・・もう少しかかりそうです)。

またここには載っていませんが、くろけんさんは2/13に「ペルソナ探偵」が文庫化です(講談社文庫)。

道尾秀介さんは連作短編集「鬼の跫音」が角川書店より発売になりました。

「カラスの親指」に続き、運良くサイン本が手配できました。

またこれもここには載っていませんが、西澤保彦さんの異色短編集「マリオネット・エンジン」も明日講談社ノベルスより発売予定です。


さて、「執行会議メンバー・今月の一言」からは・・

そうそう、有栖川有栖さんの「赤い月、廃駅の上に」(メディアファクトリー)が本日発売です。

鉄道怪談集・・というところが少し不安ですが、もちろん買います。

大倉崇裕さん、怪獣もいいですが「福家警部補」楽しみにしていますのでお願いします。

くろけんさん、「まだ20日しか」って・・一体いつの間に・・。

未読の作品を読みながら、新作を気長に待ちます。

東川篤哉さんは九州のご出身だったんですね!

何かそれだけでちょっと嬉しかったりして。



「大きな棺の小さな鍵」もまだ未読で手元にあるので早く読まねば。

第9回本格ミステリ大賞公開開票式、当たらないかな~。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/02/06 13:30|・本格ミステリ作家クラブTB:0CM:2

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。