~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

本日「探偵Xからの挑戦状!”第2回”」の「赤目荘の惨劇 第4章」がサイトにアップされました。



×月14日午後5時過ぎ

土砂崩れにより帰れなくなった香月・熊沢・寺本の3人は結局赤目荘に泊めてもらうことになります。

赤目荘の見取り図と部屋割りがアップされていますので、これが犯人当ての手がかりの一つになるのでしょうか。



×月14日午後7時

熊沢と寺本を除いた5人(勇造・映子・憲久・美音・香月)は一階の食堂で夕食をとります。

夕食後、香月は憲久に誘われて彼の部屋の「武器コレクション」を見に行くのですが、そこでバタフライナイフが1本なくなっている事に気づきます。

この部屋に大量の武器がある事は家族はもちろんのこと、熊沢や寺本も知っているようです。



いよいよ明日は事件が起こる・・・のでしょう、たぶん。

第4章まできてまだ何も起こらないなんて・・。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ



2009/04/05 23:59|Season 1TB:0CM:0

 

本日「探偵Xからの挑戦状!”第2回”」の「赤目荘の惨劇 第3章」がサイトにアップされました。


×月14日午後4時過ぎ

赤目荘の2階から下りてきた2人の男、作業服を着た50がらみの男は市議会議員の「熊沢靖男」、もう一人の小柄で猫背の男は観光協会職員の「寺本貴志」です。

2人とも完全に激昂しています。

どうやら今回の依頼人である資産家の「志水勇造」は、市が計画していた観光用の橋の建設に資金を出すと言っておきながら突如心変りして出資を中止したため、方々から恨みを買っているようです。

自宅のポストには「出資中止を撤回しろ」という手書きの脅迫状が入れられており、今回の依頼は、筆跡鑑定をして犯人を見つけ出して欲しいという内容でした。

勇造は熊沢と寺本を疑っているようですが、そこに土砂崩れで帰宅を阻まれた当の2人が赤目荘へ引き返してきます。



今回の物語ではどうやら勇造が何者かに殺害されるようですが、まだ事件は起こらず。

明日の第4章で、いよいよ事件発生かな?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/04 21:55|Season 1TB:0CM:0

 

本日「探偵Xからの挑戦状!”第2回”」の「赤目荘の惨劇 第2章」がサイトにアップされました。


X月14日午後3時30分

探偵助手の香月と、依頼人の息子「志水憲久」は赤目荘に到着しました。

出迎えてくれたのは20代後半らしき清楚な雰囲気の女性(すみません、画像を見る限り「清楚な女性」には見えないんですが・・)。

彼女は憲久の婚約者の「柏木美音」だそうです。

しかし、憲久の父であり今回の依頼人である「志水勇造」は2人の結婚に反対しているとの事。

ちなみに「赤目荘」という名前は、近くにある「赤目の滝」からとられたようです。

そしてそこに登場する、目鼻立ちのくっきりした30代半ばぐらいの女性。

昼間から酔っ払っているこの女性は勇造の後妻の「映子」です。

そして勇造の元に訪ねてきている「熊沢」と「寺本」の名前が出てきましたが、まだまだ事件は起こりません・・。



明日に期待。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/03 23:54|Season 1TB:0CM:0

 

本日「探偵Xからの挑戦状!」の第2回、白峰良介さんの「赤目荘の惨劇 第1章」がサイトにアップされました。

白峰良介さんと言えばデビュー作の「飛ぶ男、墜ちる女」が有名で、確か同志社推理小説研究会有栖川有栖さんの先輩にあたる・・・のだったかな、違ってたらすみません。


今回のストーリーは”いかにも”な嵐の山荘もの、いわゆる「クローズドサークル」みたいですね。


仕事で「赤目荘」という山荘に出かけた江楠探偵社の助手「香月幸司」ですが、赤目荘は集中豪雨による土砂崩れで孤立してしまい、しかもそこで殺人事件が発生したようです。

物語は、助手の香月が上司の「江楠探偵長」に手記形式のメールで事件の状況を報告するという形で進んでいきます。



とりあえずまだ事件も起こっていませんので、明日以降を楽しみにしておきます。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/04/02 23:59|Season 1TB:0CM:0

 

昨夜NHKで、「探偵Xからの挑戦状!第1回”DMがいっぱい”」の解決編が放送されました。

30分の番組で問題編を再現しながら解決編まで流すので、やはりかなり駆け足な印象ですね。

投稿メールの紹介も3件だけだったし・・。

竹中直人さんのキャラは相変わらずいいな~。


とりあえず犯人は、タオルを「くわえている」→「川窪桑江」で正解でした。

応募者1,794名中、犯人と理由まで正解したのは722名との事。

やっぱり正解率高いな~。

私も犯人は合っていましたが、理由が半分間違っていましたので722名に加えて貰えているのかどうか微妙かな・・。



全8回のこの企画、辻真先さん以外の執筆者は・・

 白峰良介さん

 黒崎緑さん

 霞流一さん

 芦辺拓さん

 井上夢人さん

 山口雅也さん

 折原一さん

の7名のようです。

本日スタートした第2回は白峰良介さんの「赤目荘の惨劇」ですので、第8回までこの順番でいくのでしょうか。

もしそうなら、トリは”叙述トリックの魔術師”(?)折原一さん。

てごわそう・・・。


皆さん好きな作家さんばかりですが、個人的にはバカミスキングの霞流一さんが一番楽しみです!



8回全部正解したら賞品とか貰えたらいいのに。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/04/02 21:36|Season 1TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。