~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

解決編を観てちょっと心が折れてたので記事が遅くなりましたが・・・いや冗談です。たぶん。

九州中の店長が集まる会議だなんだでちょうど忙しかったので、更新が遅れました。



探偵Xからの挑戦状!シーズン2」の第1回、辻真先さん出題の「嵐の柩島で誰が死ぬ」の解決編が、水曜日の深夜に放送されました(と合わせて小説版の解決編もサイトにアップされました)。

で、すでに皆さんご存じとは思いますが、麻子を縛った犯人(と同時に今回の事件の犯人)は「松中曲人」でした(単独犯)。

私も一応推理投票は「松中」で送ったので、“正解者(73.7%)”ではあるのでしょうが、当然“完全正解者”ではありません。

今回の“完全正解者”の条件は「一番に目を覚まして“内部は調べ尽くした”はずの佐々木が知らないサンドイッチの存在を松中は知っていた」「佐々木は骨折しているので麻子を2階に運べない」「紅茶に睡眠薬を入れることが出来たのは松中だけ」の3点を理由に「麻子を縛ったのは松中」と推理し、なおかつ「松中は娘の復讐のために今回の事件を計画した」事を当てた(想像した)人、でした。


いや、無理ですって。

なぜ4名完全正解者がいるのか不思議。



辻真先さんは大好きです。

いやホントに。

好きなんだってばよっ!

先日初めてお会いしてお話しさせて頂いた時も、人柄も良くユーモアもあって本当に素晴らしい方でした。

今回も“竹中直人”をもじったであろう“松中曲人”を犯人に持って来るあたり、遊び心があっていいな~とか思うのですが。 思うのですが・・・・・ふぅ。


ちょっと落ち着きましょう。



まず「サンドイッチ」の件。

これは「犯人しか知りえない事を松中が知っていた」という事なのでしょうが、まさか佐々木が目覚めて家中を調べまわった後に松中がサンドイッチを用意した、という事はあるはずがありませんので、佐々木が自分で言っていた「私がトップで覚醒したんだが、内部は調べ尽くした」というのがそもそも嘘だということなんですね・・・。

「調べ尽くした」と言いながら、2階は見に行かなかったって事か・・・。



次の「骨折」はいいとして、問題は「睡眠薬」の件。

パン屑は当然麻子の隙を誘うために松中が自分で付けたという事でいいのですが、「麻子が運良く自分のカップから手を離してパン屑を取ってくれたので、その隙をついて佐々木・尾関・あやかがその場にいたにもかかわらず、錠剤の睡眠薬を麻子のカップに入れた」というのがさすがに(泣)

これを「有り」だとするなら、せめて食事後に突然尾関とあやかが朦朧としだした理由をどうにかしてくれないと、何も説明が無いって事は、この2人はただ「お腹がいっぱいになって突然ものすごい睡魔に襲われた」とでも解釈すればいいのでしょうか・・・。

ちなみに私は、尾関・あやかの様子から「尾関・あやかも麻子と同じように睡眠薬を呑まされた」か「尾関・あやかは松中の協力者で、意識が朦朧としたのは演技」の2パターンに絞り、さらに「もし松中単独犯の場合、死にたがっている無関係の4人を一晩でしかも一人で拉致してまわるのはどう考えても無理(仮にあやかは松中の病院に運ばれたのだとしても)」という観点から「尾関・あやかは松中の協力者」と判断しました。



あ~。

という事で、さんざん愚痴ってスッキリ!


さ、あと3回、楽しみましょう(笑)







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/10/17 00:43|Season 2TB:0CM:10

 

10/12(月)18:00が締切だった推理投票、結局これという確信の持てないまま、一昨日(日曜日)送信しました。

まず今回気を付けないといけなかったのが、問われている問題は「麻子を縛った人物」であって、「今回の事件の犯人」ではない、という点。

まあ恐らく基本的には同じ人物だと思うのですが、テレビ版問題編の竹中直人によれば、「麻子を縛った人物は論理的に特定できる」が「事件の真相を知るには想像力が必要」との事でしたので、つまり今回の小説・テレビの問題編だけでは、必ずしも事件の真相まで辿りつける訳ではない、という事ですね。

しかしそうは言っても真相を推理したいのがミステリファンの悲しい性。

とりあえず今回の事件の真相について考えてみたのは、

 ①冒頭の「蟻巣」を出た場面から先は全て麻子の夢。実はまだ麻子は「蟻巣」のカウンターで酔いつぶれている(序盤の「らしい」の多用が怪しい)。

 ②「死んでやる」を連発する麻子にお灸をすえるために仕組まれた芝居。この場合、麻子を縛ったのは現場にいた4名の誰かで、黒幕は蟻巣のママ。

 ③佐々木の本性を確かめ、懲らしめるために松中が仕組んだ。松中の単独犯。佐々木に暴行されて自殺した女生徒は実は松中の娘。

 ④上記③とほぼ同じだが、松中・尾関・あやかの共犯。

の4つでした。

で、とりあえず推理投票をどれで送るかさんざん悩み、一番辻真先さんらしいのは②番だよな~とか思いながら、結局今回の答えとして送信したのは④番の内容です(麻子を縛ったのは「松中」で送りました)。

麻子を縛るには、“佐々木は右手首を骨折していて無理”“あやかは麻子を二階に運ぶのが体力的に無理”“尾関は「あんたが蹴落としたのか?」で麻子が足まで縛られていたのを知らなかった”というロジックで「松中」にしましたが、もちろんこれは穴だらけで、“佐々木の骨折は偽装”“あやかは演劇部で体力的に鍛えられていた”“尾関は知らないフリをした”と言われてしまえば全て崩壊します・・・。

テレビ版問題編に出ていたように、風呂場のモニターで隠しカメラの映像を観ていたのは松中で間違いないのでしょうが、結局、数々の謎がよく分からないままで、あ~やっぱりまだまだ未熟ですね。

もし仮に「麻子を縛ったのは松中」で合っていたとして、

 ・佐々木は何を見て驚いたのか?(←自分が自殺に追い込んだ生徒(つまり松中の娘)、に変装した夏あやか?)

 ・テレビ版で、なぜ尾関とあやかは同じドアから出てきたのか?(←2人とも松中の共犯?)

 ・あやかのポーチの中身は?

 ・松中は自殺?それとも心臓発作?

あ~、謎だらけ。

あの建物が建っているのは島じゃないだろうって事ぐらいは分かるのですが・・・(^^;)


これって同じ人が2回以上推理を送信したらどうなるんでしょうね。

あ~、とにかく明日の解答編が待ち遠しい~。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ




2009/10/13 15:06|Season 2TB:0CM:9

 

さて、毎日少しずつ配信される問題編。

結局は最終章まで読まないときちんとした推理が組み立てられないので(最終章まで読んでもきちんとした推理なんか出来てないくせに、というツッコミは置いといて)、推理投票の締切がタイトだった前回は「早く最後まで読ませろっ」とかなり内心イライラしていましたが、その点今回のシーズン2は締切まで一週間近い猶予がありますので、何となく心に余裕を持って、少しずつ配信される問題編を楽しめている気がします。



という事で、最終章までの情報を大雑把に整理してみると、まず登場人物に関しては、

 ・葉月麻子(28歳)・・・レポーターにして女優。時々名探偵。失恋するとすぐ死にたくなる。亜麻色のワンピースを着て、耳には星型のイヤリング。

 ・松中曲人(50歳)・・・町医者。大怪我を負った娘を助けられなかった。心臓に持病あり。妻とは離婚。毒薬にも詳しいらしい。麻子の事をテレビで見て知っていて、ファンらしい。

 ・佐々木亨(40歳)・・・都内の高校で教頭を務めていた。“新見”という生徒が“佐々木先生に暴行された”という遺書を残して飛び降り自殺したのを“夕刊サン”にすっぱ抜かれ、家庭も仕事も失ったため、無実を訴えて鉄道自殺しようとした。その時に右手首を骨折し、いつの間にか手当てされていた。

 ・尾関謙(23歳)・・・長髪のフリーター。ネットで毒薬を購入した。

 ・夏あやか(16歳)・・・三度の自殺未遂を起こしている女子高生。睫毛の長い演劇部の先輩にいじめられたのが原因。睡眠薬を飲んだが、いつの間にか吐かされてここに連れて来られた。



また、人物以外の情報としては、

 ・台風が接近中。

 ・建物のドアは、台風はもちろんの事、中からもぶち破れないほど頑丈。

 ・犯人(?)からのメッセージが流れたのは午前2時過ぎ(つまり新宿から3時間以内の場所?)。

 ・2階は展望ホールになっていて、数脚の椅子とロッキングチェアが一つあり、テーブルにはたっぷりのミックスサンドと紅茶、フルーツにナイフも用意されていた。

 ・紅茶に劇薬は入っていなかった様子。麻子は少しずつ飲み、尾関とあやかはガブ飲みした。松中と佐々木は飲んだかどうか不明。

 ・サンドイッチに関しては、麻子(「毒は入ってないみたいです!」)と松中(「パン屑を頬にくっつけた」)は一応食べたように読み取れる。尾関とあやかも食べようとしている画像あり。ただし誰一人「食べた」とは明記されていない。

 ・一階のドア3枚のうち中央のドアは、短い廊下の奥に洗面室と浴室、トイレがある。

 ・左右のドアの先には3室ずつのベッドルームがあり、左を男性(松中・佐々木・尾関)に、右を女性(麻子・あやか)に割り当て。

 ・男性側3室のうちの一室はマッサージ機能付きベッドあり(話し合いで、佐々木がその部屋を使用)。

 ・猛烈な睡魔に襲われた麻子が目を覚ますと、二階ホールのロッキングチェアに縛り付けられていた。

 ・佐々木が目を覚ましたのはマッサージ機能のスイッチが入ったため。

 ・縛られた麻子の背後で「なにか掠れるような物音が聞こえ」、その方向を見た佐々木は悲鳴を上げ、階段から落ちて死亡。

 ・松中は中央のドアの先の短い廊下で絶命(尾関の持っていた毒で?)。



という事で、今回の問題は、

「麻子を捕えたのは何者でしょう」

です。

選択肢は

 ・葉月麻子(自作自演)
 ・松中曲人
 ・佐々木亨
 ・尾関謙
 ・夏あやか
 ・謎の声の主
 ・「蟻巣」のママ
 ・その他(自由記入欄あり)

の8つ。



う~ん、全然分からない・・・。

とりあえずは今晩の問題編のテレビ放送を見てから考えるか。

建物の間取りも確認したいし。

”ミステリーマイスター”なんて無理無理





現実の台風は何とか九州をそれてくれて一安心ですが、これから迎える地域の方はお気をつけくださいませ。


特に東海・関西には好きな作家さんたちがたくさんいるから心配。

あ、関東にもいっぱいいるか。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/10/07 22:59|Season 2TB:0CM:8

 

さて、いよいよ始まりましたNHKのケータイ連動犯人当てミステリー「探偵Xからの挑戦状!シーズン2」。

全4回のトップを飾るのは、前回と同じく辻真先さんです。

タイトルは「嵐の柩島で誰が死ぬ」。

NHKのうたい文句によれば「極めつけの”嵐の孤島”ミステリー」だそうですが、さてさて。



例によって今日はまだ「第1章」だけですので、登場人物の紹介程度で終わり、まだまだ大きな事件は起こりません(ま、眠らされてどこかに連れ去られた事自体が大きな事件ではありますが)。

とりあえず、今後の自分の推理のために登場人物の整理を(なんせケータイ小説は行きつ戻りつ読み返すのが非常に面倒なもので・・・)。

 ・葉月麻子(28歳)・・・この物語の主人公。レポーターにして女優。時々名探偵。失恋するとすぐ死にたくなる。
 ・カン高い声の少女。
 ・無精髭を伸ばして、よれよれなシャツ姿のおっさん。
 ・中年の紳士(右手首に厚く包帯)。
 ・ラフな服装の若者。

とりあえずはこんな所でしょうか。

また、麻子が目を覚ました場所はどうやら別荘かペンションのような建物の中で、時刻は夜。

部屋の様子は、

 ・だだっ広い長方形の空間で、半ばまで吹き抜けの構造。
 ・壁にはムンクの「叫び」の複製画らしき大ぶりな額。
 ・張り出した二階の床へはデザイン性の高い階段。
 ・一階の壁の一つを大型の半透明なドアが占め、対面の壁には三枚の木製のドア。

ってな感じですかね。


どうやら麻子を含む5名は、みんな「死にたがっていた」ためにここに連れてこられた様子。



あとは明日以降の配信を待ちましょう。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/10/01 23:11|Season 2TB:0CM:4

 

昨夜は上司とサシで飲みでしたので、録画していた解決編を今日観ました。

ちなみに明日は閉店後にワックスがけがあるので、仕事が終わるのは夜中の3時。

明後日も普通に朝から仕事なのに・・・・何かこのところ無理なスケジュールが多いな~。



ま、それはさておき「靴の中の死体」の解決編ですが、今回は無事に完全正解できました。

昔の作品だからかどうか分かりませんが、ベタというか割とオーソドックスなトリックでしたので、素直に答えて正解でした。

軽業師という三男がちょっと引っかかりましたが、そっちにしなくて良かった・・・。


さて、これで完全正解は3回(「DM~」「セブ島~」「靴の中~」)。

黒崎緑さんと芦辺拓さんの回があと一歩だったので、どっちか正解できてたら4回だったのにな~。

記念品はサイン色紙だなんて、思ったより豪華ですね。


第2弾があるかどうか分かりませんが、またこういう企画があればまた参加したいですね。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/05/21 22:50|Season 1TB:0CM:4

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。