~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前ページ

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)
(2005/07/12)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る
「おれは二十面相だ!!」「怪人と少年探偵」「妖星人R」「超人ニコラ」「探偵小説の「謎」」所収。

さて、三たび登場の「江戸川乱歩全集第23巻」です。何度もホントにすみません

まだ読み終わってなかったんです。

今日はこの中から「超人ニコラ」を読み終えました。

確かこれは江戸川乱歩大先生の、最後の作品ではなかったかと思います(違ってたらすみません)。

先日読んだ有栖川有栖の「双頭の悪魔」には、江戸川乱歩の「パノラマ島綺譚」が何度も登場しておりましたので、それを読んだ後にこの乱歩最後の作品を読むというのも中々味わい深いものがありました。(余談になりますが、「双頭の悪魔」には「パノラマ島」や「アリアドネの糸」などの言葉が何度も出てきましたが、知らない人はイマイチ楽しめないのでは。「アリアドネの糸」は確か綾辻行人の「迷路館の殺人」にも出ていたような気がしますので、ミステリを読むなら一般常識って事ですかね・・?)


さて本題に戻って「超人ニコラ」ですが、おなじみ小林少年の活躍を中心に、これも乱歩お得意の(?)変身願望がもろに作品に出てきた形で、いつも通り楽しく読ませて頂きました。

やはりこの明智小五郎シリーズ(もしくは怪人二十面相シリーズ、もしくは少年探偵団シリーズ、どれだろ?)は、推理小説というよりは冒険小説にも近い気がしますが、私の敬愛する本格ミステリ作家の方々に大きく影響を与えた作品たちだと思いますので、それだけでも読む価値ありかな、という所です。



このところ有栖川有栖の「江神二郎(学生アリス)シリーズ」を続けて読んできましたが、シリーズ最新作の「女王国の城」をいつ読もうかとちょっとだけ悩んでたりします。

実はもう買って、職場のロッカーに入っているのですが・・。

昔から本当に好きなものは最後の最後に取っておくクセがあるんですよね・・

明後日9/27(土)には、「火村英生(作家アリス)シリーズ」の最新作「火村英生に捧げる犯罪」がいよいよ発売になります(といってもこれは首都圏の発売日なので、私の店に入荷するのは来週の月曜日ですが)。

石持浅海ももっと読みたい。

道尾秀介も、三津田信三も、米沢穂信も、鯨統一郎も、歌野晶午も、柄刀一も、西澤保彦も、島田荘司も、霧舎巧も、まだまだ未読の作品がたくさん残ってます。

綾辻行人・・は全部読んでるかな。

有栖川有栖でさえ、まだまだ未読の作品が・・。

ということで、いつ「女王国の城」を読む事やら・・なんせ私の読書は「気の向くまま」ですので・・

とりあえず読んだものからその都度ここに書き込んで行きますので、もしよろしければ今後もよろしくお付き合いくださいませ







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/09/25 23:33|・江戸川乱歩TB:0CM:2

 

江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)
(2005/07/12)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る
「おれは二十面相だ!!」「怪人と少年探偵」「妖星人R」「超人ニコラ」「探偵小説の「謎」」所収。

先日読みかけていた「江戸川乱歩全集第23巻」から、今日は「怪人と少年探偵」「妖星人R」の2篇を読みました。

「怪人と少年探偵」は昭和35年9月から昭和36年9月にかけて「家の光」(家の光協会)の付録である「こども家の光」に連載された作品で、「妖星人R」は昭和36年1月から12月にかけて「少年」(光文社)に連載された作品だそうです。

どちらも乱歩晩年の作品ですが、もともとこのシリーズは名探偵明智小五郎怪人二十面相との対決がメインだったような気がしますが、いつの頃からか、小林少年を中心とした少年探偵団がメインになり、明智小五郎は最後のオイシイところだけ持っていくことが増えたような・・・まあ連載しているのが少年向けの媒体が多かったため、当然と言えば当然でしょうね。

さて内容ですが、「怪人と少年探偵」はそれまでの色々な作品のおいしいところを詰め込んだようなストーリーでした。

まずは少年探偵団の井上君とポケット小僧が事件に巻き込まれ、小林少年明智小五郎が助けに行くというお決まりのパターンですが、デパートで騒ぎがおき、マンホールを伝って逃げたり、追い詰められた二十面相が警官に変装して包囲網をくぐり抜けたりと、物語を盛り上げる要素がふんだんに盛り込まれており、そして最後の大団円へ。

おそらく今の子供が読んでも十分楽しめるのではないでしょうか。

妖星人R」は、「鉄人Q」や「電人M」をさらにファンタスティックにしたような作品で、題材となっている冒頭の彗星は、巻末の解説にもありますが、おそらくハレー彗星をモチーフにしたのだろうと思います。

ハレー彗星は私が小学校高学年の時に一度来た覚えがありますので、次に地球に接近したときには私は80代半ばですね・・。

はたしてまだ生きているでしょうか。

出来れば今と変わらず、いや毎日多忙な今と違って、悠々自適に本格ミステリを読み漁っていたいものです。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/15 23:18|・江戸川乱歩TB:0CM:0

 

江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)江戸川乱歩全集 第23巻 怪人と少年探偵 (光文社文庫)
(2005/07/12)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る
「おれは二十面相だ!!」「怪人と少年探偵」「妖星人R」「超人ニコラ」「探偵小説の「謎」」所収。

このところ現代ミステリを中心に読んでいたのですが、今日は久しぶりに「江戸川乱歩全集」を読んでみました。

2003年から2006年にかけて光文社文庫から全30巻で刊行された全集で、全巻買い揃えたのはいいのですが、実はあと8冊(23~30巻)未読なんです・・

その中から今日は第23巻に収録されている「おれは二十面相だ!!」を読みました。

中学・高校・大学と色々な本を読みましたが、本格ミステリを読み漁り始めたのは今から5年ぐらい前(20代後半)からです。

ただよく考えてみると、本が好きになったきっかけは小学生の時に図書室で借りて読んだ「少年探偵団」のシリーズだったと思いますので、そういう意味ではまさに江戸川乱歩は私がミステリマニアになった原点のような気がします。

さて前置きが長くなりましたが、この「おれは二十面相だ!!」は明智小五郎少年探偵団が活躍する物語の中でもかなり後期の作品です。

文章こそ子供向け(昭和35年「小学6年生」連載作品)ですが、さすがにミステリのツボはしっかり押さえてありました。

密室から消え失せる大学生・生きた手首・宙に浮く花瓶、そして何より乱歩独特の雰囲気がやっぱりファンにはたまりません。

乱歩を読んで小説やミステリに魅了された子供たちが、ある者は私のようにミステリを愛する読者となり、またある者は書く楽しみを覚えて作家になって、その作品がまた今現在の私たちを楽しませてくれていると考えると、なんだか少し嬉しい気がします(私だけ?)。

現代人の活字離れがよく話題になりますが、これからもどうか数多の物語からあふれ出る魅力を少しでも多くの人たちと分け合えますように。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/12 23:38|・江戸川乱歩TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧 << 前ページ

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。