~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

昨日、本格ミステリ作家である泡坂妻夫さんが亡くなられました。

1933年生まれ。紋章上絵師。

1976年に短編「DL2号機事件」でデビューされ、その後「日本推理作家協会賞」「泉鏡花文学賞」「直木賞」などを受賞。

本格ミステリ作家であると同時にプロ級の腕を持った奇術師でもあり、奇術をネタにした作品も多く残されています。

また「しあわせの書」のような、本そのものに仕掛けが施された作品も発表され、私たちミステリ読者を大いに楽しませてくれた偉大な作家さんです。

氏が生み出した名探偵「亜愛一郎」は今でも多くのミステリファンに愛されています。



まだまだ多くの作品を生み出して欲しかった。

ぜひ、一度目の前でその奇術の腕を見てみたかった。

氏の訃報に触れ、残念で残念で仕方がありません。



氏の作品を語り継ぎ、このような素晴らしい本格ミステリ作家さんがいたという事を少しでも多くの方に伝えていく事が、ミステリファンとしての私たちの義務であり、それが一番の追悼になるのではないかと思います。



本格ミステリ作家、泡坂妻夫氏のご冥福を心からお祈り申し上げます。








  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/02/04 23:55|・その他TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/97-c60dd16c

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。