~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

Killer X キラー・エックス (光文社文庫)Killer X キラー・エックス (光文社文庫)
(2006/01)
黒田 研二 二階堂 黎人

商品詳細を見る
大雪に閉ざされた山荘に招かれた6人の男女。同窓会と思いやって来た彼らを待っていたのは、変わり果てた恩師の姿だった。下半身の自由を失い、大きな傷を負った顔は、不気味な仮面に覆われていたのだ。頻発する“突き落とし魔”事件との関係は―。外界から隔絶された世界で、謎の殺人鬼が牙を剥く!実力派作家2人がタッグを組んだ、超絶的本格ミステリ。

くろけん(黒田研二)さんと二階堂黎人さんの合作シリーズである「Killer Xシリーズ」の1作目にして、二階堂黎人さんの「スキー・サイコ・シリーズ」の2作目にあたる「Killer X」を再読しました。

この作品は刊行時に「クイーン兄弟」名義で発表され、愛川晶さんと二階堂黎人さんの合作「白銀荘の殺人鬼」が「彩胡ジュン」名義で発表されたのと同じように著者当てクイズがありましたが、主人公であるミステリ作家が「親指シフト入力のワープロ専用機」を使っている時点で、少なくとも二人のうち一人はあっさり判ってしまうような・・。


主人公は駆け出しのミステリ作家「本郷大輔」。

ある日、彼の元に高校時代の恩師である「立原茂」-通称「シゲルちゃん」-から同窓会の招待状が届きます。

北海道の人里離れた山奥にあるシゲルちゃんの住居「深雪荘」に集まった大輔たちですが、同窓会のはずなのに、ここに集まったのはなぜか「本郷大輔」「佐伯ユミ」「服部雅巳」「遠藤光彦」「田淵篤」の同級生5名と、遠藤が連れてきた少年「馬場明夫」の合計6名のみ。

しかもシゲルちゃんは、同窓会の招待状など出した覚えが無いと言います。

折からの大雪で深雪荘に足止めされる大輔たちですが、一人、また一人と死んでいき・・。


この作品の冒頭には「口絵代わりの抜粋シーン」として、終盤のあるシーンが一部だけ先に書かれています。

もちろん冒頭部分を読んだだけでは、これが緊迫した場面だという事は分かるものの、まだこの時点では何が起こっているのかはよく分かりません。

しかし実際にこの作品を読み進めてそのシーンに辿り着いたとき、その状況がいかに不可思議な状況なのかを読者は思い知らされます。

・・が、この二人が生み出した作品の、それもわざわざ冒頭に持ってきた場面が、ただの不可思議な状況で終わる訳がありませんでした。


ところで、私が小説を読んでいる時、常に頭の中ではその物語の映像が流れています。

人物像やその舞台設定など、詳細に描かれていればいるほど頭の中の映像もクリアになります。

そして本格ミステリを読んでいて一番楽しい瞬間が、この頭の中の映像が一瞬にして全く違う映像に置き換わる瞬間です。


この「Killer X」は、まさにそんなドンデン返しのオンパレードでした!

作品の途中にたびたびカットインされる「突き落とし魔」の正体、シゲルちゃんの事、あの人物の事・・。

読者を欺くために、丁寧に丁寧に何重にも張り巡らされた小さな伏線たち。

そしてそれまで見えていた世界を一瞬で変えてしまう、終盤の衝撃的なドンデン返し!

それも一つや二つではありません。

しかも真相を知った後に読み返してみても、決して作者は読者に嘘をついていない事が分かります。



今この記事を書いている段階で、シリーズ最終作である「永遠の館の殺人」まで読み終わっています。

「永遠の館の殺人」はもちろん単独で読んでも楽しめるように書かれてはいますが、やはりシリーズ全体に対する仕掛けが非常に見事で魅力的でした。

ただ、「白銀荘の殺人鬼」からの全4作を読んでみて、単独の作品として一番お気に入りなのはこの「Killer X」です。


ぜひご賞味ください。


(後日、と言ってもずいぶん先になると思いますが、全4作の出来事を時系列で並べ替えて整理した解説記事をアップしようと思っていますので、細かい内容はその時に。もちろん作品を読んだ方だけに見て貰おうと思います。)







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/02/09 01:50|「Killer X」シリーズTB:0CM:2

コメント
面白いですよね[i:63903]
私も何作か読みました~
ただ…どの作品を読んだか、覚えてなくて

私は読んだ本の内容を覚えてなくて、以前買った本を何年後かに再購入するおっちょこちょいで~す

シリーズ全解説、楽しみにしております
ぼん #71ALjmG.|2009/02/10(火) 09:14 [ 編集 ]


「白銀荘~」から順番に読むと、より一層楽しめますよ(^^)

解説記事はかなり時間がかかると思いますので、気長にお待ちくださいね~(^^;)
音倉誓示 #-|2009/02/10(火) 22:40 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/95-f6476a84

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。