~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

Rの刻印 読者参加型犯人当てミステリーRの刻印 読者参加型犯人当てミステリー
(2008/10/10)
ふじしろ やまと

商品詳細を見る
探偵はあなた!読者参加型「犯人当て」文庫。古代エジプト女王ハトシェプストにまつわる歴史的発見をめぐり、次々に起こる殺人。「問題編」を読んで犯人を推理し、エジプト旅行ほか豪華賞品を当てよう!

このところブログの更新頻度が極端に落ちていたのは・・そう、この「Rの刻印」の締切が迫っていたせいです。

という事で、締切ギリギリに何とか逮捕状(解答用紙)の作成が完了し、1/15の午前中に郵便局で投函してきました。

案の定、”当日消印有効”のまさに”当日”になってしまいました。

普段子供に「宿題は早めにやりなさい」とか言ってますが、人の事いえないですね・・。

もう推理の内容を書いても大丈夫だと思いますので、それでは早速・・(これが正解とは限らないため、決して「ネタバレ」とは言えませんが)。


まず犯人「芳川光葉」にしました。

(あ、ちなみに何通も応募するのは自分の中でアンフェアな気がしましたので、逮捕状は一通しか送っていません。)

光葉を犯人にしたのにはいくつか理由がありますが、やはり一番大きいのは「伊野部の携帯の着信音」でしょうか。

アンクの書によれば「ビートルズ」に変わっているであろう着信音を「ビバルディ」と証言しているのは、やはりその場にいなかったからではないかと・・。

他にもアリバイの問題や、ハトシェプストが出てくるからには犯人は男装した女性ではないか、など光葉を犯人した理由は色々ありますが、やはり一番の理由は着信音の証言です。

以下、私の推理(想像?)した「光葉が真犯人ストーリー」では・・

伊野部を呼び出し、催眠スプレーとハルシオンで昏睡状態にする。

船内の花瓶を伊野部の部屋の窓からぶら下げておき、ドアを開けると花瓶が落ちる仕掛けを作成。

昏睡状態の伊野部はセント・ジョセフ号に隠しておき、2/25の2時頃にナイル川の水を使って溺死させ(洗面器1杯分でもOKだと思います)、死体は赤茶色のトランクに隠す。

同じころ、スープレックスクルーズのマリカに電話をして誘導し、花瓶をナイル川に落とす(伊野部がエスナに停泊中のスープレックスクルーズで殺害されたように見せかけるため。)

アスワン到着後、男装して赤茶色のトランクを受け取り、夜中にエスナまで運んで伊野部の死体をナイル川に沈める(エスナでは、「無造作に置かれている漁師たちの手こぎボート」(p158)を使って水上に出たのだと思います)。

バンダルも催眠スプレーを浴びせたあと、絞殺。

死体は直立の恰好で、あおむけにしてレンタカーのなかに放置されていたものと思われます(直立なのは「橋にするため」(後述)。あおむけというのは「死斑は背中一帯に広がっている」(p311)より)。

また男装して昇平に会いに行き、これまた催眠スプレーとハルシオンで昏睡状態にし、ベッドのシーツで昇平を隠し、ルームサービスの大型ワゴンに乗せてレンタカーへ運び、カルナック神殿へ。

神殿のブロックの上に死後硬直中のバンダルを橋のように渡し、その上に昏睡状態の昇平を乗せます(もちろんそれぞれの首にロープを結びます)。

3/21の早朝、死後36時間経過したバンダルの死後硬直が解け始め(p163より)、2人とも首吊りの状態になります(昇平はこの時死亡)。

ちなみに2人をブロックの上に運ぶのにはクレーンを使ったのではないでしょうか(3/14のリハーサルに光葉は参加しており、この時使い方を習ったクレーンは3/21にも神殿に置かれたままでした)。

NILE R」は、「NILE」を逆さまから見ると「37IN」と読めます。

昇平が以前KV37の奥で拾ったフクロウは「m」を表すので、これが犯人のイニシャルという事で。

絵ハガキは、国名の頭文字を並べると「イノベシス(伊野部死す)」。

絵ハガキの写真は「アスワン→コムオンボ→エドフ→コムオンボ→アスワン」となっておりますので、これは伊野部の動き、つまりエドフからエスナに行ったのではなく、エドフからアスワンに戻った(というか戻された)という事を表しているのではないかと思いました。

あと、おまけとしては、光葉は伊野部の詐欺が原因で自殺した人の関係者(家族?)ではないかと妄想しました。

空港で中年女性が「あなた、磯貝さんですよね」と言うのを聞いた光葉は、そこで伊野部の正体に気づき殺害を決意するという・・。


合ってればいいな~。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/01/16 23:59|Rの刻印TB:0CM:6

コメント
スバラシヒ!
そう来ましたか!!
私も組み立てはほぼ同じなのですが、なぜか犯人だけが違うw

というか、光葉が男なら問題なく光葉だったのですが~。リアルに考えすぎてるのかもしれませんが、変装のこととか、死体の運搬のこととか考えると女性には無理っぽい気がしてしまって……。
でも、音倉さんの推理を拝見していると、小説なんだからもっと素直に考えれば良かったかな~? という気持ちになってしまいました。
それこそ現実的に考えると、無茶がいっぱいですもんね~。
花瓶を丸一日窓の外に釣っておくとか(その間観光で乗客は船外に!)、死後硬直の緩解を当てにしたトリックとか(昇平の死亡推定時刻から発見までわずか1~2時間!)。
あ~。私はエンターテインメント向けの人材ではないですなぁ……。
FLIP #X6AIgIjQ|2009/01/17(土) 10:35 [ 編集 ]

どうでしょう。
昨年の「安楽椅子探偵と忘却の岬」では、一旦家政婦犯人説にたどり着きながら、不自然な点が多いのが気になって考えすぎ、最終的にとんでもない結論に落ち着いてしまったので、今回はシンプルにしてみました。

とか言いながら、一時期はミック・マッケンジーも怪しい、などとも真剣に考えていましたが・・。

ま、正解かどうかは別にしても楽しむ事は出来ましたので、E-pin企画さんと講談社さんに感謝です(^^)

解答編が送られてくるのが待ち遠しいですね。
音倉誓示 #-|2009/01/17(土) 21:01 [ 編集 ]

かえすところは
今日センター試験が終わりました、嵩駒です。
スマートな推理ですね。惚れ惚れとしてしまいました。
私は、犯人は同じだったんですが、推理が少し違ってます。
「NILE R」もリバースだか、リターンするところまでは行ったんですが、「371N」とか「N173」あたりで、とまってました。数字になるはずだ、何かに使えるはずだ、とは思ったのに。「イン」は思い付かなかったです。それなら「ミーナ」に繋がるんですよね!
絵はがきも伊野部の移動行程かとは思ったんですが、戻らないだろと断念。

因みに私も最後のところ、同じように妄想しました(笑)

音倉さんのように、手掛かりを、全て消化できれば良かったんですが……。次あるときは、もう少し、実力をつけて挑みたいと思います(^^)
嵩駒羅慧秦 #FECFAQn.|2009/01/18(日) 19:05 [ 編集 ]

センター試験お疲れ様でした!
いや~、何かえらい褒められてますけど、実際合ってるかどうか全然分からないですよ(^^;)
ま、でもかなり時間をかけて考えましたので、これで犯人やトリックが違ってても悔いは無いです。

第2弾とかあったら嬉しいですよね!
ま、賞品はもう少し現実的な物がいいですが(海外旅行は家族持ちのサラリーマンには無理・・)。
音倉誓示 #-|2009/01/19(月) 00:57 [ 編集 ]

光葉
私も一緒の内容です~嬉しい

ボート使ったのも同じです

ただ私は文章が下手で、グダグダな解答…
ぼん #ORCHY1P2|2009/01/20(火) 09:20 [ 編集 ]

簡潔に
逮捕状には「簡潔に」という項目がいくつかありましたが、これが難しかったですよね~。

私は素直に「簡潔に」書いたのですが、詳しく書いた人に比べたら見劣りするかも・・。

深読みすればいくらでも推理が広がってしまうのが犯人当ての難しい所ですが、素直に光葉が犯人だと嬉しいですね♪
音倉誓示 #-|2009/01/21(水) 02:30 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/89-239b869a

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。