~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ミステリーズ! vol.32(DECEMBER2008)ミステリーズ! vol.32(DECEMBER2008)
(2008/12)
不明

商品詳細を見る
第18回鮎川哲也賞・第5回ミステリーズ!新人賞贈呈式レポート掲載。樋口有介の連載最終回ほか、いしいひさいちの連載コミック、評論、エッセイ、ブックレビューなど充実した1冊。

どうやらこれが2008年最後の記事になりそうですが・・

偶数月発売の隔月刊誌「ミステリーズ!」のVol.32を読み終えました。


今回の読みどころは、何といっても樋口有介さんの連載「捨て猫という名前の猫」の最終回です!

ミステリーズ!」は創刊号から定期購読していますので、この連載も第1回から読んでいますが、それまでは樋口有介さんの作品を読んだ事がなく、私はこの連載で初めてその文章に触れ、柚木草平というキャラクターを知りました。

そして、いつの間にかこの隔月刊誌の中で、毎回最も楽しみな作品の一つになっていました。

今回の最終話では、ついに事件の真相が明らかになっていきますが、読みながら「終盤に登場した人物が真犯人でおしまい?」と、ちょっと拍子抜けしつつ、「ま、文体や人物造形に特徴のある作品(作家さん)みたいだから、狭義のミステリとしての純度はそんなに高くないのかな」と、それはそれでまあいいか、などど思っていたのですが・・・

すみません、甘かったですm(_ _)m

真相が明らかになってそのまま幕を閉じるかに見えた物語でしたが、この作品の真価はそれからでした!

主人公が関係者の元を訪ねてまわり、そこで次々と明らかにされていく、事件の裏側にあった更なる驚愕の真実。

意外な伏線がひとつひとつ回収され、汚い人間の裏側が、そして反吐が出そうな真実がその姿を現します。

軽妙なハードボイルドタッチが特徴の軽めのミステリかと思っていましたが、とんでもない!

しっかり「本格」でした。

最後まで大満足です!

いずれ「柚木草平シリーズ」は、1巻から読んでみようと思います。


さて、他にも今回は「第18回鮎川哲也賞・第5回ミステリーズ!新人賞贈呈式リポート」(←梓崎優さん、男前ですね)や、北山猛邦さんの「名探偵音野順シリーズ」、竹内真さんの「珊瑚朗先生無頼控シリーズ」など、色々楽しませて頂きました。


そして次号Vol.33(2009年2月発売)では、何とあの「湊かなえ」さんの新連載がスタートするとの事で(「湊かなえ」さんが誰だか分からない方はこちらの記事をどうぞ)、今からとても楽しみです!



このブログをご覧いただいている皆様、今年も本当にお世話になりましたm(_ _)m

もしよろしければ、2009年もよろしくお付き合いくださいませ



そして、来年も素晴らしいミステリと出会えますように。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/31 21:20|・ミステリーズ!TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/81-a49c40ea

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。