~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

スナッチスナッチ
(2008/10/22)
西澤保彦

商品詳細を見る
22歳だった。次の日、ぼくは53歳になっていた。 空白の31年。ぼくは。きみは。ぼくたちは。少しは幸せだったのだろうか。 彼を襲ったのは、不条理でやりきれない、人生の黄金期の収奪。あらかじめ失われた、愛しい妻との日々。おぼえのない過去を振り返る彼に、さらなる危険が迫る! 銀色の雨にうたれ、肉体を乗っ取られた男。31年ぶりに目を覚ました彼の見たものとは? 見知らぬ過去をめぐる、異才渾身の傑作書下ろし長編。

何の予備知識も無しに、突然西澤保彦さんの「スナッチ」を読みました。

ちなみにサイン本です


西澤保彦「スナッチ」サイン本


どんなストーリーなのか、そもそもミステリなのかどうかも分からずに読み始めましたので、何も事件が起こらなかったらどうしよう、と変なドキドキ感を味わいながら読んだのですが・・

流石は西澤先生、しっかり楽しめました

一言で言うと、「SF的な設定を使いつつも本格ミステリの骨格を持った、ちょっぴり感動もする小説(健康蘊蓄のおまけ付き)」でした。

全然一言じゃないな・・

ちなみに巻末のあとがきでは、著者自ら「SFとしても、ミステリとしても、ある意味、中途半端で、どちらかといえばストレートノベルの趣に近くなってしまった」と述べています。

ま、なにはともあれ「SF設定のミステリ」というのは西澤先生の十八番ですよね


昭和52年1月、主人公は22歳の「ぼく」。

大学卒業を目前に控え、結婚を前提に付き合っている彼女の両親に挨拶をするため、東京から高知にやってきた主人公ですが・・突然降ってきた雨が、主人公や周りの人たちを銀色の光で包みこみ、そのまま意識を失ってしまいます。


目が覚めるとそこは平成20年。

新聞にはカラー写真が載っており、リモコンで操作ができるテレビには真空管が入るような厚みが無い、不思議な世界。

そして彼女とは、すでに離婚してしまっている世界・・。

そして何より問題なのは、22歳の「ぼく」が目覚めたのは、あくまで53歳の「僕」の体の中。

この体は53歳の「僕」の体であり、22歳の「ぼく」の意識が勝手に動かすことはできないらしい・・という事を、「ぼく」は「僕」から教えてもらいます。

1つの体に2つの意識。

そう、実は31年前のあの日、銀色の雨として地球にやってきた異種生命体に「ぼく」の体は乗っ取られてしまっていたのです

しかもオリジナルの人格が戻ってきた場合は高い確率で死に至る事を知り・・。


とまあ、思いっきりSF調に話が進んで行き、「ホントにミステリ小説か?」と不安になった頃、ついに事件が起こります。

何の繋がりも無さそうな人たちが立て続けに殺され、4人目の犠牲者として主人公の元妻(元彼女)も殺害されます。

どの現場からも同じ指紋が採取される中、さらに5人目の犠牲者が・・。


後半はしっかりとミステリしてくれていました

女性タクシードライバー、妙に親切な刑事、そして何より序盤に登場した「大金を持った謎の美女」。

色々な謎が終盤きちんと回収され、安心して読めました

本格ミステリばかり読んでると、謎が謎のままほったらかされたり、終盤に突然容疑者や真犯人が登場するような小説は読めなくなりますよね

西澤先生の作品もまだまだ未読が多いので、早く他の作品も読まないと







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/07 23:52|・西澤保彦TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/69-e3c55b24

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。