~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る
夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

この作品は本格ミステリ大賞の候補になっていたという事もあって、以前から読もう読もうと思っていたのですが、なぜか今まで読む機会がなく、結局文庫になってしまいました

道尾秀介さんのファンだと言いながら、実はまだ作品は半分ぐらいしか読めていません。

背の眼」は実はそれほどは面白いと思えず、「片眼の猿」で一気に好きになり、「ラットマン」もまあそれなりに楽しめ、「カラスの親指」で、やっぱり最高!となりました

で、もちろんこの「向日葵の咲かない夏」もかなり大きな期待を抱きながら読んだのですが・・なんでしょう、自分にはあまり合わなかったようです。

大多数の人が絶賛しているのは知っていますが、面白いと感じるかどうかは理屈ではなく感覚ですので、こればかりはどうしようもないですね

読書ブログを書いているからといって素人書評家を気取るつもりはさらさらなく、あくまでいち読者として感じたままを書き続けていくつもりですので、素晴らしい要素を兼ね備えた作品だと頭では分かっていても、心がそう感じてくれない場合は・・ま、こんなこともたまにはあります

で、作品の話に戻りますが、こんな感想になってしまっているのは初読の印象がそれほど衝撃的では無かったのが理由で、再読(←と言っても要所要所を拾い読みしただけですが)してみると、さすが道尾秀介さんだけあって、特異な設定の元、齟齬をきたさないようによく伏線が張り巡らされているなと感心しました

なんせ死んだ同級生が○○になって生まれ変わり、また他の人もこの現象を受け入れているのですから、まるでタチの悪いファンタジーです。

父親や母親の不自然な態度といい、とても3歳とは思えない妹の言動といい、読んでいて、ぞわぞわした違和感が常に体にまとわりついてきます。

ちなみに個人的には「スミダさん」が気に入りました・・

最終的に、この作品は幻想小説でもSFでもなく、最後はきちんと「ミステリ」として着地します。

そのトリック、というか野心的な試みは面白いと思いますし、またその設定の元で「小説」として、また「ミステリ」として物語を成立させる技術は素晴らしいと思いますが、終盤にこの世界の本当の姿が明かされた時、残念ながら私は「うわっ!そうだったのかっ!」という衝撃ではなく「えぇ、それはないだろ」と感じてしまったようです

ただ、これで道尾秀介さんに対する評価が下がったわけでもなく、まだ未読の数作を読むのを、今から楽しみにしています

次はどれにしようかな







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/05 00:25|・道尾秀介TB:1CM:2

コメント

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
藍色 #-|2009/07/23(木) 04:08 [ 編集 ]

遅くなりましたが
トラックバックさせていただきました。
いつもありがとうございます。
音倉誓示 #-|2009/07/30(木) 23:28 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
向日葵の咲かない夏 道尾秀介
終業式の日。欠席したS君は首を吊って死んでいた。彼の死体は忽然と消えてしまう。 一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺...
粋な提案 2009/07/23(木) 04:07

トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/67-2a9657ae

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。