~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

レイクサイド マーダーケース [DVD]レイクサイド マーダーケース [DVD]
(2005/07/29)
役所広司 薬師丸ひろ子

商品詳細を見る
同名の東野圭吾原作の人気ミステリー小説の映画化。日本を代表する役者・役所広司と薬師丸ひろ子が存在感のある厚みのある演技をみせてくれる。また柄本明、鶴見辰吾など個性派の演技も光る作品。

緻密な伏線と意外な動機でミステリファンを楽しませてくれた、東野圭吾の「レイクサイド」。

この傑作を元に作られた映画が、この「レイクサイド・マーダーケース」です

著者のエッセイ「ちゃれんじ?」(角川文庫)の中でも、この「レイクサイド・マーダーケース」の撮影現場を訪れた時のエピソードが書かれています

東野さんはこのエッセイの中で「映画は原作と違って当たり前」とした上で、「(映画の)プロの力を信じて正解だった」と、映画の出来にかなり満足しているようですが、さてさて・・。



で、率直な感想ですが、・・

すみません。やはり映画版はちょっと・・

全般的に少し退屈でした。

もちろん、サスペンス・ミステリーですので派手なアクションシーンがある訳ではないですが、全体的に暗いトーンの中で、出演者も小さな声でぼそぼそとしゃべるシーンが多く、かなり話のテンポも遅く感じました

ストーリーは概ね原作に沿っていましたが、原作では4家族だったのを3家族に減らし(坂崎夫妻が登場しない)、その分、ストーリーに大きくは影響しないエピソードを大幅に削っていました。

主人公の子供が息子から娘に設定変更されているのは、他の子供より目立たせるためでしょうか。

主人公の愛人が元興信所に勤めていたなどの設定も無くなったようで、代わりに「カメラマンだから盗撮も上手い(?)」という事になっていたようです

全体的に、「事件の真相は?」という謎は原作に沿って上手く映像化されておりましたが、なおかつ原作以上に「親と子の関係」といった部分に話の比重を大きく取っていたように感じました。

やはり、「小説を映像化した作品」ではなく「小説のストーリーを元にした別の作品」という見方をするべきなのでしょう。

でもどうしても原作と比べてしまうんですよね

ただ、ラストシーンは最高でした!

深い意味を残した非常に印象的なラストシーンで、ここは手放しで「素晴らしいっ!」と思いました

このワンカットだけで、主人公たちがどんな隠蔽工作をし、どれだけ覚悟を決めたとしても、彼らの魂は決してこの湖畔からは逃れられない、という事を強く印象付けられました。

こういう手法は映画ならではで、何かいいですね



最後にどうでもいいのですが、このところ観た映画、「犯人に告ぐ」にトヨエツ、「ハサミ男」もトヨエツ、「レイクサイド・マーダーケース」にもトヨエツ・・・私はトヨエツにとり憑かれているのでしょうか







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/12/04 00:07|・ミステリ映画&ドラマTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/66-7f3cb248

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。