~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

レイクサイド (文春文庫)レイクサイド (文春文庫)
(2006/02)
東野 圭吾

商品詳細を見る
妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。傑作ミステリー。

さて、このところミステリ小説の映画化作品に興味を持っている私ですが、数年ぶりに東野圭吾さんの「レイクサイド」を再読しました

もうお分かりだと思いますが、映画「レイクサイド・マーダーケース」を観るためです

なんせ小説と映画を見比べようにも、小説の内容自体を覚えていなかったもので・・



ある湖畔の別荘で、4組の親子が中学受験に向けての勉強合宿を行っており、主人公の並木俊介も、仕事で遅れたものの、妻と子が待つ別荘へ合流します。

そこに突然やってくる、主人公の愛人。

その日の夜、愛人に呼び出された主人公は何とか妻に言い訳をして待ち合わせ場所に向かいますが、彼女は現れません。

しかたなく別荘に戻った主人公を迎えたのは、愛人の死体と、「あたしが殺したのよ」と言う妻。

主人公は警察に通報しようとしますが、子供たちの将来や世間体を気にする周りの親たちに説得され、ついには事件の隠蔽に取り掛かります。

しかし事件の裏には、目に見えない複雑な事情が絡み合い・・・。



そうそう、こんな話でした。

さすがに読んでいるうちに少しずつ思い出しました。

愛人が訪ねて来て、妻が殺し、親たちが隠す。

この一見シンプルなストーリーは、あくまで表向きのもの。

後半、隠された事実が次々に明らかになっていきます。

ドンデン返し、と言うほどの衝撃ではありませんでしたが、事件の真相や、裏で動いていた人物などは意外で、作品の幅が広い東野圭吾作品の中では、割とミステリ寄りな作品でした。

映画版を観たことのあるという妻は(最近妻がよく出てくるな・・)、小説は面白かったけど映画はちょっと・・と言っていました

エッセイ「ちゃれんじ?」にも出てきていた映画ですので、観るのが楽しみです♪

酷評にならなければいいのですが・・


追伸:映画の記事はこちら→映画「レイクサイド・マーダーケース」(東野圭吾原作)を観ました。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/28 02:19|・東野圭吾TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/61-a0a832ca

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。