~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ハサミ男ハサミ男
(2005/11/25)
豊川悦司 麻生久美子

商品詳細を見る
半年の間に二人の女子高生を狙い、その喉にハサミを突き刺した連続猟奇殺人鬼。“ハサミ男”と呼ばれるその犯人は世間が騒ぐ中、第三の凶行を企てる…。1999年に第13回メフィスト賞を受賞した殊能将之の小説「ハサミ男」を映画化したサイコ・スリラー。出演は豊川悦司、麻生久美子ほか。

先日ようやく原作を読みましたので、今度は映画を観てみました

感想は・・う~ん、ビミョーですね・・

駄作だとは言いませんが、傑作とも思えません。

主人公に関するメイン(?)トリックについては、映像化不可能と言われていた物を、本当に上手く映像化したと思います。

これには素直に感心しました。

全体的に映像や音楽をわざと古臭く作ってあるようで、それ自体あまり好みではありませんでしたが、「サイコ」な物語として、そして主人公の彼女がああなってしまった悲しい物語としての雰囲気は出ていたと思います。

ただその解釈自体が原作とは全然違うものですので、正直戸惑いました。

言わば、原作である「ハサミ男」のストーリーとトリックだけを借りた全く別の物語、という所でしょうか。

模倣犯の正体についても、基本的には原作に沿っていましたが、それにしては伏線の扱いが雑だったように感じます。

これでせめてラストは原作に近い形で終わってくれれば良かったのですが、さらに15分くらい(?)物語が付け加えられ、これは勿論「映画版での新解釈」ということなのでしょうが、蛇足にしか感じませんでした・・。

これが、原作の無いオリジナルな映画であれば、それなりにいい作品だったと思います。

実際、豊川悦司さんの演技はさすがでしたし、主人公に関するトリックの見せ方もいいアイディアだと思います。

ですが、「あの原作」の映画化としては少し辛かったかな、と思います。

これが、小説は小説、映画は映画、という事なのでしょうか。

せめて、最後の余分なエピローグと、飛び降りシーンのチープな合成映像さえ無かったら・・







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/11/19 23:18|・ミステリ映画&ドラマTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/56-ebec0916

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。