~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ちゃれんじ? (角川文庫 ひ 16-5)ちゃれんじ? (角川文庫 ひ 16-5)
(2007/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る
ひょんなことがきっかけでスノーボードを始めた。あっという間に虜になってしまった。原稿を切り上げ雪山に通う日々。除々に上達していくのが楽しくてしようがない。自称「おっさんスノーボーダー」として、奮闘、転倒、歓喜など、その珍道中を自虐的に綴った爆笑エッセイ集。その他、カーリング、ワールドカップ観戦など、初モノに次々と「ちゃれんじ」しちゃいました。短編小説「おっさんスノーボーダー殺人事件」も収録。

うぅ~、なぜかアマゾンで表紙画像が出ない・・

こんなこともあるんですね

さて、「さいえんす?」に続いて今日は「ちゃれんじ?」です。

一応説明しておくと、どちらも東野圭吾さんのエッセイです

本格ミステリ小説を読み漁っている私が、なぜ突然東野圭吾のエッセイを読む事になったのかは、昨日の記事を読んでください

で、内容ですが・・

最初から最後まで、とにかく東野圭吾さんがスノーボードをしている話です。

おしまい。

・・・というのはあんまりですが、実際そういう本でした

もちろんウインタースポーツなので1年中やるのは難しく、スノボをやっていないときは、サッカーを観に行ったり、カーリングを体験したり(←ちなみに氷の上でコケて鼻の骨と前歯を折ったようですが・・)、スポーツジムに通っている話です。う~ん。

ま、とにかく本来の目的の「くろけん」こと黒田研二さんも何度か登場していました。

本文から抜粋すると・・

こいつ、脳味噌が腐ってるんじゃないか、と私は思った。そして一時にせよ、こんなアホが自分のファンクラブの会長だったかと思うと情けなくなった。講談社も、こんなアホだとわかっていたら、メフィスト賞を授けることもなかっただろう。

う~ん、ひどい扱いですね

ただ、このとき一緒に滑っているのは、なんと二階堂黎人笠井潔貫井徳郎、・・そしてくろけんさんです。

なんという豪華メンバー!!

仲間に入れて欲しい!

くろけんさんが、東野圭吾ファンクラブの会長だったというのも意外でした。

ちなみに別の個所では・・

作家の二階堂さんや貫井さんがゲレンデに誘ってくれるようになったのは、喜ばしいことである。(中略)我孫子武丸さんや笠井潔さんとも親しくなれた。変態のクロケン(黒田研二)と繋がりができてしまったのは、良かったことなのかどうかわからない。

と書かれてました。

もうダメダメですね。

ま、それでも「ウェディング・ドレス」(講談社文庫)が面白かったから、これからもくろけんさんの本は読むぞ~っと!







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/17 23:39|・東野圭吾TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/38-25380888

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。