~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ウェディング・ドレス (講談社文庫 く 62-1)ウェディング・ドレス (講談社文庫 く 62-1)
(2008/02/15)
黒田 研二

商品詳細を見る
結婚式当日、何者かに襲われた祥子。婚約者のユウ君と手分けをしながら、祥子は真犯人を目指した。鍵となったのは、あるビデオに関わる猟奇殺人と、母が遺したウェディング・ドレス。そしてユウ君と再会したとき、不可解なジグソーパズルは完成する。全編に謎と伏線が鏤められた第16回メフィスト賞受賞作。


先日、本格ミステリ作家クラブの事(と言うかこのブログの事)で、たまたま「くろけん」さんこと黒田研二さんからメールを頂く機会があり、書店の店長をやってるとはいえ、現役の作家さんから個人的にメールを頂くなんて初めての機会だったので、しばらくはあまりの嬉しさに超ハイテンションでした

で、ふと冷静に考えてみると・・くろけんさんって確かメフィスト賞作家で(第何回だったか忘れたけど)・・ヤンマガに連載している「逆転裁判」の原作者で・・二階堂黎人さんと合作で「クイーン兄弟」とかいうペンネームで「キラーX」って本を出してる作家さんだよな・・

げっ!「そのうち読みたい本格ミステリ作家リスト」(←私の頭の中の)には入ってるけど、まだ合作の「キラーX」以外読んだ事がないっ!
(クロケンさんすみません m(_ _)m)

・・という事に気付いて、早速デビュー作の「ウェディング・ドレス」を読みました


いや、面白かったんですこれが!

オビに東野圭吾さんの推薦文が載っていて「謎と論理がぐるぐる回る、この一発芸には目眩した」と書いてあるんですが(「一発芸」って褒めてるのか?)・・まさにその通りでした。

主人公の祥子と、婚約者のユウ君。

それぞれの視点から交互に物語が語られていくのですが・・何かがおかしい。

何とも言えない不思議な違和感を感じながら、物語はどんどん核心に向かって進んでいきます。

実を言うと、作品全体の仕掛けは途中で何となくは気付いたのですが、なんせ伏線の張り方がとても丁寧で、最後の最後にそれがホントに綺麗に回収されていきます。

途中に幻想的なシーンもあるのですが、それにもきちんと論理的な説明が付けられていました。

また作品の中に密室殺人も登場するのですが、これがさっぱり分からなくて・・真相を知った時には思わず「島田荘ニかよっ!」と心の中で叫んでしまうぐらい、かなり力技なトリックでした

・・いや島田荘ニさんももちろん大好きなんですよ

というわけで、なんだかんだですごく楽しめましたので、これからもくろけんさんの本はどんどん読んでいきます!








皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/10/10 23:56|・黒田研二TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/32-30fd1bd3

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。