~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

七つの棺【新装版】 (密室殺人が多すぎる) (創元推理文庫)七つの棺【新装版】 (密室殺人が多すぎる) (創元推理文庫)
(2013/03/09)
折原 一

商品詳細を見る
黒星警部と七つの密室殺人。奇才・折原一の出発点となった記念すべき第一作品集の改訂増補版です。



折原一氏の処女作である「五つの棺」に新たに2編を加えた短編集です。

熱烈な推理小説好きで、密室事件に出会うたびに「ウヒョッ」と歓喜の雄叫びをあげてしまう「黒星警部」シリーズの1冊目にあたります。

旧作「五つの棺」を発表した際に「ディクスン・カーに捧げる」と記載したところ、熱烈なカーのファンから厳しいお叱りの言葉をいただいたとの事で、「七つの棺」ではそういった文言はいっさい載せていないそうです(^_^;)



「密室の王者」(追加作品)

鍵がかかり内側から目張りされた体育館の中で死んでいた、商店会の相撲大会の優勝者。
巨大な密室と化していた体育館で、一体何が起きたのか・・?

意外な真相の裏には悲しい事実が。



「ディクスン・カーを読んだ男たち」(旧題:永すぎる密室-ジョン・ディクスン・カーを読んだ男たち)

密室と化した書斎の中で発見された2つの白骨死体。
机の上に雑然と置かれた数十冊の本は、全てジョン・ディクスン・カーの翻訳本だった。

ちょっと都合のよすぎる展開ではありますが、ひねりの効いた楽しい作品でした。



「やくざな密室」(旧題:やくざな密室-帝王死す事件)

抗争から逃れるために核シェルターに入っていた暴力団の組長がなぜか死体に。
これは藁人形の呪いなのか?!
そして更に死体が消失?!

3つのエピローグで楽しませてくれる作品です。



「懐かしい密室」(旧題:懐かしい密室-ユダの窓事件)

2年後に帰って来ると言い残し、衆人監視の状況から忽然と姿を消した人気推理作家の辻井康夫。
2年後、予告通り帰ってきた彼はバラバラ死体になっていた。
事件の真相のヒントは、彼の未完の作品に・・。

いやいやいやいや。
現実の事件の方の真相はいいとして、辻井の作品の真相は(笑)
私が犯人の立場でも殺意を抱くかも(笑)



「脇本陣殺人事件」(旧題:冷ややかな密室-脇本陣殺人事件)

雪の密室、目張りのされた現場、三本指ならぬ四本指の男。
事件の目撃者となった元高校教師が語る真相とは・・。

もうこのシチュエーションだけでわくわくしますね。
意外な真相は割と予想通りでしたが、パスティーシュとしてとても楽しめた作品です。



「不透明な密室」(追加作品)

ガラス張りのテラスで刺殺されていた建設会社社長。
テラスの周囲には何人もの社員がいたはずだが、犯人は一体どうやって被害者を刺殺したのか?

密室状況の生まれ方は今一つでしたが、犯人が被害者を刺した方法には驚き。
そうかこんなアイディアがあったか。
伏線も上手い。



「天外消失事件」(旧題:おせっかいな密室-天外消失事件)

ロープウェイのリフト内で殺されていた若い女性。
襲っている男性はすれ違うリフトから目撃されているにもかかわらず、到着したリフト内にはなぜか死体だけが。
犯人は空中に消えたのか?!

処女作だけあって色々と苦しいですが・・折原一氏の出発点として記念すべき作品です。
登場人物が「月刊 旅の情報」の編集者、というあたりも折原氏の経歴と合わせると微笑ましいです。




文庫版あとがきからエピソードをもう一つ。

折原氏がデビューした際、「折原の奴に書けるなら、私にも書けるはずだ」と言って小説を書き出したのが、折原氏の高校・大学の先輩である北村薫氏。
そして生まれた作品が「空飛ぶ馬」だそうです。

人の縁というのは本当に面白いですね。




「謎と論理と遊び心」トップへ

2014/04/30 03:44|・折原一TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/239-59175c55

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。