~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

昨年に続き、今年も「本格ミステリ大賞公開開票式」に行ってきました。

すでにあちこちで発表されていますのでご存知の方も多いかもしれませんが、今年の受賞作は・・


小説部門(今年は2作同時受賞でした)

 「密室殺人ゲーム2.0/歌野晶午」(講談社ノベルス)
  
 「水魑の如き沈むもの/三津田信三」(原書房ミステリー・リーグ)
     

評論・研究部門
 「戦前戦後異端文学論/谷口基」(新典社)


に決定いたしました!

おめでとうございます!!



評論・研究部門は序盤から完全に独走態勢でしたが、今年は小説部門のデッドヒートが熱かった!

序盤から一人勝ちの様相を呈していた「水魑の如き沈むもの」。

ところが途中からは「Another」に続々と票が入り始め、「水魑~」をあっさりと抜き去って、一時は「Another」が逆に独走状態になりました。

そしてその間に、コンスタントにこつこつと票を集めていた「密室殺人ゲーム2.0」。

終盤にはこの3作品に1票入るごとに順位が入れ替わるような状況で、辻会長が読み上げるたびに会場からもどよめきの連続。

終わってみれば受賞した2作が同票(得票数16票)、「Another」は惜しくも1票差(15票)で敗れる、という結果でした。


歌野晶午さんが「水魑の如き沈むもの」に投票していた事。

そして三津田さんが「歌野さんと同時受賞出来た事が何より嬉しい」(三津田さんは会場に来れず編集者代読)とコメントしていた事、の2つがとても印象的でした。


昨年(第9回)はこのブログに詳細なレポートを書きましたが「どの作家さんがどの作品に投票したか」や「受賞のことば」「質疑応答」などは、昨日会場でご一緒させていただいたmihoroさんが早速レポートをアップされていますので、どうぞそちらをごらんくださいませ(←これを手抜きといいます)。

 mihoroさんのサイト→「綾辻行人データベース Ayalist



さて、途中の休憩時間には今年も持参した本にサインを頂いてまわったりしていたのですが、黒田研二さんに妻あてのサインをお願いしたら、この人「寂しくなったらいつでも電話してね」って、何とサインの横に自分のケータイの番号まで書いちゃいました・・(笑)

作家さんのケータイ番号が書いてあるサイン本ってある意味かなり貴重かも(笑)



そんなこんなで、「第10回本格ミステリ大賞公開開票式」、今年も楽しいひとときを過ごす事が出来ました。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2010/05/17 00:22|第10回本格ミステリ大賞TB:0CM:3

コメント
お疲れ様でした!
今年もお忙しい中お疲れ様でした!2年年連続速報詳細ありがとうございます。
けい #-|2010/05/18(火) 00:54 [ 編集 ]

ありがとうございます!
けいさん、お久しぶりです。
あれから足の具合は大丈夫ですか?

今年のレポートは手抜きですみません(^_^;)
詳しくはmihoroさんのサイトを見てください(笑)

このブログも中々頻繁には更新できないですが、細々と続けていきますので時々覗いてやってください(^^)
音倉誓示 #-|2010/05/18(火) 02:13 [ 編集 ]

ありがとうございます!
ありがとうございます!だいぶ調子よしです。
アウトドア派だったのですが、ミステリの楽しみ教えて頂き趣味が増えました!まだまだ、たくさん読みたいです。今回ご紹介して頂いたのも楽しみです!
けい #-|2010/05/22(土) 16:56 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/234-526aa471

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。