~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

乱歩の選んだベスト・ホラー (ちくま文庫)乱歩の選んだベスト・ホラー (ちくま文庫)
(2000/03)
不明

商品詳細を見る
乱歩のエッセイ「怪談入門」は、幻想怪奇小説ファンには絶好のブックガイドである。その中から俊英ミステリ研究家が選び抜いた12篇。名作「猿の手」原典版新訳をはじめ、横溝正史のユーモラスな訳が冴える「専売特許大統領」、ホテルの同じ部屋で縊死者が続出するミステリ「蜘蛛」と、乱歩によるその変奏曲「目羅博士」他、ドイル「樽工場の怪」など個性的な作品がずらり。

今日は「乱歩の選んだベスト・ホラー」から、表題の2作を読みました。


「怪談入門」

「怪談入門」は、乱歩の有名な評論集「幻影城」に収めらている怪奇幻想小説論です。

「怪談についての知識は極めて乏しい」と自己評価をしつつも、そこは大乱歩のこと、紹介されている作品の数々は、とても「怪談の知識が乏しい」人間が書いたものとは思えないほど充実しています。

この文庫には、この冒頭の「怪談入門」で紹介された多くの作品の中から、編者である森英俊・野村宏平両氏が選んだ12編が収録されています。


「猿の手」ウィリアム.W.ジェイコブズ著(倉阪鬼一郎訳)

怪奇小説の名作として名高い「猿の手」です。

おおまかなストーリーは知っていましたが、きちんと読んだのはこれが初めてでした。

有栖川有栖の「妃は船を沈める」のモチーフとなった作品で、それがきっかけでこの文庫を買いました。


願い事を3つ叶えてくれる代わりに災いを呼ぶ”猿の手”。

1つ目の願いは「200ポンド」。

2つ目の願いは「息子の復活」。

そして3つ目は・・。

名作と言われるだけあって、哀愁漂う結末の、いかにもな怪談でした。

・・・が、この名作も火村准教授(というか作者の有栖川有栖)にかかると、その作品風景をガラッと変えられてしまいます。

まさかこの怪談をこんな風に解釈して読む人がいるなんて・・

おかげで、1つの作品で2度楽しめました

詳しくは「妃は船を沈める」を読んでみてください。

北村薫と有栖川有栖のミステリ談義・・あぁその場に居合わせてみたい







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/09/29 23:18|・江戸川乱歩TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/22-22ca7aa5

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。