~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

さて、なんとか送りました、推理投票。

ホントは日曜日の夜ぐらいにゆっくり考える予定だったんですが、結局なんだかんだで気がつくと月曜の夕方。

とりあえず何か送らないと、とアセりながら、月曜の夕方4時半ぐらいにようやく送信しました。

なんか小学校のころ夏休みの最終日にあわてて宿題を片付けていたのを思い出して、ある意味ちょっと懐かしい気分でした・・。



さて、以下私の妄想が続きます。


今回、問題編を読んでいてまず最初に考えたのが、

 ①犯人は104号室の住人。「アパートは大学関係者で満室」のはずが、なぜか104号室の住人は登場せず。問題編に登場した容疑者全員が犯行不可能な状況で、消去法により論理的に犯行が可能だったのは、語られなかった104号室の住人。

というものでした。

以前書いた「気になっている事」とはもちろんこの事です。

しかし!

残念ながら「容疑者全員が犯行不可能」な状況では無かったようで・・・。

「意外な犯人」という意味ではこれが一番楽しいと思ったのですが、そうは上手くいかないみたいです(とか言ってこれが真相だったらどうしよう)。


さて次。

 ②犯人は磯田。問題編で日付や時間が曖昧だったり曜日が食い違ったりしているのは、実は著者の壮大な叙述トリックで、一見成立しているようにみえる磯田のアリバイは実はまったく成立していない。夏季限定のブルーハワイ生八つ橋が10月に手に入っているのもその伏線の一つ。

これはさすがに無いでしょう。

「探偵X」ですし、ブルーハワイは華麗にスルーされるのでは。


残る容疑者は4人。

しかし、白井・カーズィムにはアリバイあり(カーズィムのアリバイについては細かい事を言えばいろいろ出てきますが、それは他の容疑者に関しても同じなので、ここは私が華麗にスルー)。

で、残るは長谷川先生と操。

これは犯人当て小説である以上、犯人は「意外な人物」でないと面白くない。

という事で、どうしても操を犯人にしたくて、「操犯人説」で色々考えてみました。

まず、出前の音に気付かなかったというのはやはり不自然。

さらに「サイズの大きいTシャツ」「紫の下着(TV版)」「ベッドには枕が2つ(TV版)」という事で、妄想すればするほど違う方向の妄想が膨らんで・・・・あ、いや失礼。

結局、引っかかる点はいくつもあるものの、どれも操が犯人と断定するようなストーリーには上手く結びつかず、「操犯人説」を断念。

で、結局「長谷川先生が犯人」で送信してしまいました・・・。

これがもし正解なら多少は救われますが、いかにも怪しいので、「案の定ミスリードだった」なんて事になると、まるで私は「フルスイングでの長打を狙わずに、バットを短く持って当てに行ったのにあっさり三振した」みたいな非常にカッコ悪い男になってしまう気が・・・。



今回の問題で私が念頭に置いたのが、「柿崎はバカだけどいいヤツ」というキャラクター。

今回は「餃子」が大きなポイントの一つだと思いますので、下着泥棒が実はカーズィムで、柿崎が「へいへいカーズィム~。操ちゃんにバラされたくなかったらこの餃子食べてみろよ~」みたいな悪ふざけをして、侮辱されたカーズィムが激怒して殺した、というのも考えましたが、カーズィムのアリバイを崩すのがメンドくさかった(!?)のと、柿崎はバカだけどそんなイヤなヤツじゃないはず、という観点からこの推理はやめました。

ま正直、話の持って行き方次第で「触れられていない104号室の住人」「本当はアリバイが成立していないかもしれない磯田」「アリバイが自己申告だけの白井」「動機はともかく、十分犯行可能だった操」「あやふやなアリバイで、豚肉を食べられないカーズィム」「なぜかFMラジオを断定した長谷川」の誰が犯人にも持っていける気がします・・・。


最後になりましたが、私が推理投票に送ったのは『長谷川先生が犯人。一番遠い部屋にいながら”FMラジオ”と断言したのはおかしい。柿崎は子猫を撮影しようとしていて、偶然、操の下着をくわえている猫を撮影。磯田に「面白いものを見つけた」とメールし、白井には「もう大丈夫」と発言。ピザを食べた後に長谷川先生が来たので餃子を注文し、「俺下着泥棒の犯人分かったんっすよ~」とか言いながらデジカメの話をし、下着泥棒の真犯人だった長谷川先生は自分が脅迫されていると誤解して柿崎を殺害』とか大体こんな内容です。

あ、もちろんツッコミどころ満載なのは自分で分かってますので、出来ればその辺はスルーしてもらう方向で。




さて、あとは解決編の放送を待ちましょう♪






・・・・・・・とここまでは昨日の夜と、今日の昼間仕事の休憩時間にミニノートPCで書いたのですが、さっき帰ってきて自分のブログを見てびっくり!

みんな考える事は同じというか、すごいな~、というか・・・・。

とりあえず明日の夜を楽しみに待ちましょう(^^)

どんな結果が出ても穏やかな心で(^^;)







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/10/27 20:04|Season 2TB:0CM:13

コメント
今回は
マイスター狙いで問題編放送前に投票したのに・・・・・・
犯人は操
賃貸せずの部屋が野良猫の住処で、野良猫が子猫の寝床用に下着泥棒。
その写真を柿崎が操に見せながらピザを二人で食べ「子猫が育つまで下着はそのままで」と説得。
操は一旦自室に帰る。
柿崎は小腹がすいて餃子注文。
先々下着を柿崎に秘蔵されかねない事が嫌で柿崎を再訪。
交渉決裂で絞殺。
柿崎は好きな操に首を絞められ抵抗せず。
体力的に無理のない偽装。
以上が投票内容。

小説に拡大写真添付は自殺姿勢とメゾンの全景だった点を重視してみました。

ドラマ放送後には更なる突っ込み所が満載で・・・・・・・NHKスタッフに完全に踊らされてます!
江守森江 #JalddpaA|2009/10/27(火) 23:35 [ 編集 ]

失礼しました
前のコメントでは失礼しました。常連閲覧者方が相応の年令でいらしたので気が弛んでいました。
よく考えれば、ヤングな通りすがり様もいらっしゃる訳で…今後気を付けます。

話し変わって犯人ですがカーズィムで送信しました。アリバイ崩しはかなり力技でやりきりました。(笑)あと私は空き部屋の104号室と長谷川からの家賃の前払いは柿崎の意地悪の動機付けに用意された気がしてます。
清原ゆかり #-|2009/10/28(水) 03:56 [ 編集 ]

感動しました
皆さんの高水準なコメントの中、私などが失礼します。
音倉さんの優しい推理を拝読し、思わず涙してしまいました。
そうっ!そうなよっ!(お、落ち着け、わたし)
磯田君は人を脅すようなことはしないし、人に恨まれることも無い。だから今回の事件は、きっと何かの間違いで起こったことなのだと、わたしも推理したかった(笑)出来ませんでしたけど(笑)
音倉さんの穏やかで切ない解決編に1票です。
なおさん #-|2009/10/28(水) 09:10 [ 編集 ]

今さらですが
古株の長谷川が下着泥なら「最近」に多発というのは違和感があります。もちろん、長谷川が覚醒したのが最近と言われれば(ry

てか、今ごろ解答らしい回答を思いつきました。(^^;

===============
「一連の下着泥棒」はカーズィムだが、「柿崎が見つけた下着泥棒」は猫。
余談だが、長谷川は操とデキていて、事件当夜も操の部屋に居た(長谷川がFMを聞き分けた理由&操のアリバイがテキトーである理由。正答要件ではない)。

夜、柿崎は恋のライバル=カーズィムの部屋を訪れ、「悪いが、操ちゃんのハートは俺のモノだぜ!」などと陽気に話す。
カーズィム、トルコ語のチャットを続けながら、普段から面倒くさい柿崎(笑)をクールにあしらう。
空気を読めない柿崎(笑)は、「だって俺、操ちゃんを悩ませる『下着泥棒』の犯人をデジカメで激写したもんねー」とひけらかす。
内心慌てたカーズィム、冷静を装いチャットを続けながらも「で、犯人は?」などと探りを入れる。
焦らすようにお調子者の柿崎(笑)は「さぁね。……あ、そーだ。『犯人』にメシ食わせてやらねーと。忘れないうちに電話しとこ」と餃子を注文。
これで完全に誤解したカーズィムは、突発的に柿崎を扼殺。アリバイ確保のためにチャットを続けながら対処を考え、深夜のうちに首吊り自殺を偽装し、デジカメを回収。
===============

これなら、カーズィムのアリバイ崩しもできて、柿崎の遺体が「外出着」だったことも、柿崎の遺体やアパート全景が提示されたこととも辻褄が合います。
サム #JalddpaA|2009/10/28(水) 12:49 [ 編集 ]

解決編まであと数時間
>江守森江さん
おっ、私が断念した「操」ですね。
空部屋のそんな利用法(?)は思い浮かばなかったな~。
「柿崎は好きな操に首を絞められ抵抗せず」って所が何かせつなくて、個人的にすごく気に入りました(^^)

>清原ゆかりさん
いえいえ、あまりお気になさらずに(^^)
今後はちょっとだけ気をつけて頂ければOKです。
それより「ヤングな」って・・・あ、いやいや。
清原さんの力技のアリバイ崩し(笑)、読ませていただきました。
そう、やろうと思えば色々出来ると思うんですよね~。
ただ調べる元気がなかった(^^;)

>なおさん
いや、この場合「なおさんさん」か?
いやいや冗談はさておき(笑)
そうでしょ~、柿崎君は憎めないヤツのはずなんですよ。
でも「調子に乗りすぎて嫌われる」みたいな描写もあった気がするので、実は「カーズィムに餃子を食べさせようとした」もアリかなとは思ってるんですが、でもやっぱりイイ奴で終わらせたかったんです(^^)
なおさんの所にも新しいお客様が増えたみたいですね(^^)

>サムさん
そう!長谷川は最近覚醒したんです!
というのはさておき、「長谷川が操の部屋にいた」というのは目から鱗でした。
これはマジでその通りのような気が・・・。
柿崎の服装も気にしてなかったな~。
う~ん、サムさんの推理は勉強になる。


あと4時間ちょっとで解決編放送♪
音倉誓示 #-|2009/10/28(水) 20:02 [ 編集 ]


あーでもない、こーでもないとさんざん悩まされていたものが、
ようやく解決編を見てスッキリ(???)できますね(^O^)v

それでもやっぱり気になってしまって、今までTV録画ばかりを
繰り返し見て考察してきましたが、ケータイと照らし合わせて
考えてみたくって、改めてしっかり読んでみました…。

!!!!!!!!!!!!!!??????????????

いや~、映像や役者さんのキャラがないと、ずいぶんと印象が
変わって見えるものですね~!
どころか、表現の仕方が違ったり、どちらかでしか出てこない
シーンとか発言とか、前後が違ったりと、これまた<探偵X>の
ズサンさがあらわになっているというか…
もちろんどちらか一方だけでも推理に影響は出ないのでしょう
が、これ本気で当てにかかるなら絶対に両方見るべきだと感じ
ました!!特にTVは映像に惑わされすぎる気がします(>_<);

さて、前回は犯人探しにばかり気がいってしまってたので、
今日の再考では「読み物」として、ストーリー重視で考えて
みました!

誰かが下着ドロで、それを見つかったから…では何の面白みも
ない気がしますし、宗教上の事で意地悪されて殺意まで…
では道徳的にも問題アリでしょうし…(>_<);

とにかくこの話には何かと「猫」の話が出てきます。
・柿崎は猫好きで、よく野良猫に餌をやっていた
・隣の家の人は事件当日飼い猫の帰りを待っていた
・畑中を「猫がそのまま女の子になったような美女」と表現

となると解決編でも必ず「猫」は関わってくるであろう…
「実は畑中は化け猫だった!?」
…なんてファンタジーな展開はあり得ないでしょうし、
殺人に関わってる事もないだろうから、≪下着泥棒≫という
事になるでしょう。
⇒柿崎が「最近野良猫が子供を産んだ」と言っていたのと
 下着泥棒が多発しているのも最近で、一致している。
つまり子供の寝床のために親猫が洗濯物を咥えていったと
考えて間違いないであろう。

これが「引っ越さなくていい」の真相にそのまま繋がるが、
「面白いもの」は4つの謎として別に問われているので
コレには当たらないことになる…

野良猫といえばゴミ捨て場。偶然そこに捨てられていた
「何か」を見つけた?
もしくは隣の部屋によく連れて来ていて、その度に柿崎は
猫の声を隠す為にFMを大音量で流していた。

ストーリー重視で考えると、主人公の磯田や殺された柿崎を
を含め、男性人みんなに好意を持たれていた畑中が犯人と
なるのが最も見ごたえがあるでしょうね。
そうなると柿崎が見つけた「面白いもの」は畑中の秘密…
彼氏の存在はなさそうなので、過去?
大きめのTシャツから、昔はおデブちゃんだった…?または
性同一性障害(男)だった…?
その昔の写真か何かが見つかってしまった…?

なんてところまででギブアップ(>O<)!!
こっちでは餃子に結びつけられませ~ん(T_T)

ではこれより解決編~(@,@)/
ふらっと #-|2009/10/29(木) 00:11 [ 編集 ]

正答について
音倉さんはミステリーファンにしては人がいい。
殺人は、よっぽどなことがなければ行なわれないのですから、ある面、誰もが犯人になりえるわけでしょう。
せっかく操を一番に注目し、操の矛盾に気が付きながら、先入観で見逃すとは。
ただ操が下着泥棒であることを当てた人が6千数百人の中から30数人だけとの表現から、完全正解者は0と言う事なのでしょう。
話に矛盾があるのが操だけなら、犯人は操ということになり、すると下着泥棒は操か柿崎と言う事になる。
しかし、餃子をカーズィムに食べさせるのが目的なら、他の人が指摘しているように、操を守らせる為に餃子をカーズィムに食べさせるということが考えられる。
だから下着泥棒は操ということになるというのが完全正解なのでしょう。
操が高級下着を持っていることから操が下着泥棒かと考えましたが、その現場を撮影する事はまず不可能と思い、柿崎が下着泥棒かと思いました。
ただ、操を脅しながら、カーズィムにその写真を見せれば、後に柿崎と操が付き合っているのをカーズィムが知れば、柿崎が操を脅して交際を迫ったと、すぐ気が付くでしょうし、正義感の強そうなカーズィムがそれを黙って見ているわけもない・・・と、いう事で、現実には無理な正解だと思います。
それと女の子の部屋を覗き見して下着を干している所を撮影して脅かしても、操が下着泥棒である証拠は何もないのですから、普通は痴漢扱いされ、返り討ちにされるだけです。
以上のような不自然な正答を考え付く人がいるはずもなく、完全正解率0といった所でしょう。
ただ、下着泥棒が柿崎本人ではないという事に、餃子を結びつける発想の転換は面白く、結果としては、とても楽しめました。
次回も楽しみですね。





あお #5Bvx18J6|2009/10/29(木) 01:40 [ 編集 ]

探偵Xクオリティ
やはりトンデモ正解でした。(ーー;

これが小説ではなく推理ゲームである以上、「BやC(長谷川やカーズィム)は犯人たりえないからAが犯人である」という正解が必要です。あるいは、消去法ではなく構築型でももちろん構いませんが、その場合は「他のBやCではなくAこそが犯人にふさわしい」ことが合理的に説明できなければなりません。
今回の正解は、そのいずれもが達成されておらず、推理ゲームとして「X(えっくす)クオリティ」ですらなく「×(ばつ)クオリティ」だと断じます。

何より、あおさんもご指摘の通り、柿崎の思考が支離滅裂すぎます。お調子者とか後先考えないとかいうレベルでは到底ありません。あのタイミングでカーズィムに接触だなんて、道義的にも論理的にも絶対に取るはずのない行動です。写真をネタに操と付き合おうかと言うのに、その舌の根の乾かぬ内からカーズィムに見せるつもりになるとか、脳検査の必要がありますよ、彼は。(^^;
推理ゲームとして「柿崎が殺した犯人≠柿崎が餃子を食べさせたかった相手」という読者の心理の裏を突くトリックを用いるのなら、手前味噌ですが、まだしも拙説のほうがマシだと感じます。

「安楽椅子探偵」は捜査のゲーム。「探偵X」は推測を繋げて一番合理的な解を見つける、ある意味、より推理に近いゲーム。それが私の印象だったのですが、コレでは「『参加者が頭を使って楽しむこと』よりも『できるだけ正答されないこと』が大事だと勘違いしている出題者に挑み、最後は“理”ではなく“勘”と“運”だけに頼りつつ、どれだけ上手に作者のトンデモ解答がもたらすストレスを受け流せるかを試されるゲーム」でしかありません。

この構図、何かに似てませんか?
そう、下手糞なGMによるTRPGセッションに酷似しています。(^^;
サム #JalddpaA|2009/10/29(木) 12:55 [ 編集 ]

NHKを
手玉にとって、犯人当てを捨て駒にして・・・・・・・・・・・・一般視聴者に、人間の愚かしさを啓蒙する、日本人の宗教観について考えさせる等の別目的な小説だったら大藪春彦賞作家らしさ全開だと裏側を読んでみました。

もっと深読みして探偵XがNHKの国民啓蒙活動の一環なんて説はどうでしょう。
私なんか、普段全く宗教なんか考えないし、自分の行動の愚かしさも省みないですから!
江守森江 #JalddpaA|2009/10/29(木) 17:49 [ 編集 ]

やられました
e-350やられましたー。

「ヒントはすべて出た」って書いているけど、出てなかったと思うのです。誰でも犯人になれると思いました。登場人物それぞれが犯人のバージョンを撮影しておき、一番投稿が少なく意外な人物で放送したのではないかと疑ってしまいました。

でも、私はこの作品好きです。近藤史恵さんの作品を読んでみたくなりました。
それから、推理にはまったく関係ないけど、解決編の後半に流れていたBGMがとてもよかったです。後で調べよう。。。。。
西瓜 #iWfHidvU|2009/10/30(金) 22:28 [ 編集 ]

解決編の感想と分析…
私は熱烈なミステリーマニアでも推理ヲタクでもなく、あんまり定義とか
難しい事はわかりませんが、感想は皆さん同様「がっかり…」でしたね。

柿崎が実は磯田が思っているような「バカだけどいいやつ」ではなかった
としても問題はないし、操に盗癖あったりトラウマあったりが伏線もなく
後から出てきても何の問題もない。
ドラマや小説はもちろん、現実でもよくある話ですしね。

解き方としても、餃子に関する伏線はカーズィムにしかなかったので推定は
できるし、それが自分の弱みを撮られたからではなく好意を寄せていた操の
ためだった(⇒操が下着泥棒)という展開は特に悪くないと思う。
もちろん消去法で操が特定されるワケではないけど、推理不可能ではないし、
消去法で確定できる作りだと正解者が圧倒的多数になってしまうだろうし…

ただ問題なのは、カーズィムがそこまでするほど操を好きだったという例が
ない上、みんな好きだったとか、外国人だからストレートなだけとか薄めて
しまったのはマズかったと思いますね。
そして誰も正解(妄想すら)できなかった最大の原因は、謎の1つにもなって
いた「面白いもの」が切り替わった事も含め、柿崎のジェットコースター的
思考回路と行動が常識外れ過ぎて誰もついていけなかった事じゃないかと…

何よりほとんどの人に不満が残るのは、終わらせ方がうまくなかったから
だと思いましたね。私もそうでしたが、映像の相違など細かい部分は目を
つぶれるけど、この事件を「軽いノリだったんだろうねぇ~」とか「誰も
悪い人はいなかったんじゃないかなぁ~」とキレイゴトで終わらせようと
したことが最大の問題点だろうな…と分析してみました(^^;)

私はミステリーマニアではないし、探偵Xも今回初めて本格的に推理に
参加してみましたが、解決編までの間の妄想期間と、締切後に色んな方の
推理や妄想を拝見するのはとても楽しいですね(^^)/
サムさんコメの「安楽椅子探偵」?というのも見てみたかったです…。
この番組の場合、投票を集めて作者が1番良かったと思ったものを結末に
するという趣向にした方がもっと盛り上がりそうですが。

では、またご迷惑でなければ次回も“ふらっと”お邪魔させて頂きます。
ふらっと #-|2009/10/31(土) 19:31 [ 編集 ]

やめられない
毎回こんなに失望させられるのに、次の問題編が始まるとワクワクしてる私は、まんまとN○Kの掌の上で踊らされている感120%です。
悔しいけど、好きなんだから仕方ないですね…( ̄▽ ̄;

それにしても「殺人トーナメント」とは……いやはや、実にブッ飛んだ舞台を用意してくださいました。
まるで週刊少年ジャンプないしチャンピオンのような「トーナメント」という言葉だけで心躍ります(笑)。
サム #JalddpaA|2009/11/02(月) 12:38 [ 編集 ]

遅くなりまして
皆様、すっかりお返事が遅くなってごめんなさい。

>ふらっとさん
ふらっとさんのコメントをよく読むと、解答にかなり迫ってたんですね!
すごい!
「操の過去」とか書いてる・・・。
私を含め「自称ミステリマニア」からすると、今回の作品はとても「推理」など出来たものではなく、ミステリ作品としてはかなりひどい部類に入ると思います。
どうしても無意識に「伏線」や「表現がフェアかアンフェアか」などにこだわってしまいますので(^^;)
ミステリマニアの悲しい性ってやつです。
ただふらっとさんのコメントを読んでみると(決して皮肉ではなく素直に)「こういう受け止めかたもあるのか~」と、感心というか、勉強になりました。
「安楽椅子探偵シリーズ」は「探偵X~」を無茶苦茶丁寧に作ってあるような作品です(私のブログのカテゴリから作品リストに飛べます)。
(作品にもよりますが)非常に論理的で、伏線は細かく張られており、それらが解決編できちんと回収されていきます。
この解決編がまたシュールで笑えるんですが(笑)
第6作目までDVDになっていますので、機会があったらぜひ見てみてください(^^)

>あおさん
いやいや、私は腹黒いですよ(笑)
ブログではこれでもかなり猫をかぶっていますが(笑)
そう、作者がやろうとしていた事は評価できるんです。
ただ、上手くいかなかっただけで(そこが大きな問題なのですが)。
「殺人トーナメント」面白そうですよね。
今度こそちゃんと楽しみたいです。

>サムさん
予想通り、というかむしろ予想以上でした(笑)
当たらなかったのに悔しくないというのは珍しいです(笑)
「なるべく正解者が少なくなるように難しい問題を」と考える前に「問題として成立しているかどうか」をまず考えて欲しいですね。
TRPGのGMですか~(笑)
何の事か分からない人が多そうですね(笑)
まぁ、GMは著者と同じく「神」ですから(^^)
いっその事、みんなで交代で問題を書いてお互い推理しあったら楽しそうですね。
あ、大学のミス研ってこんなノリなんだろうな~。
これだけ期待を裏切られてもやっぱりサムさんと同じで「殺人トーナメント」をワクワクしながら読んでます(^^)
懲りないですよね、お互い(笑)

>江守森江さん
それが当たってたら近藤史恵さんすごいですね(^^)
それにしても今回のストーリーって宗教的にも人道的にもかなり問題があった気がしますが、NHK的には大丈夫だったんですかね。
ま、人が殺される本ばかり読んでる私が「人道的に」なんて言う事自体おかしな話なんですが(^^;)

>西瓜さん
ヒントは全て出ましたよ、解決編で(笑)
いやホントに解決編複数用意してるんじゃないかと私も本気で疑いました。
でも気に入ったんですね。
確かにもっとマトモな作品もたくさん書かれてる方です。
後半のBGM、もうお調べになったかもしれませんが、「ハナレグミ」というアーティストの「明日へゆけ」という曲のようです(なおさんのブログ「お気に入り」より)。
ご参考までに(^^)
音倉誓示 #-|2009/11/03(火) 02:25 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/215-ed1097d9

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。