~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

君の望む死に方 (ノン・ノベル 845)君の望む死に方 (ノン・ノベル 845)
(2008/03)
石持 浅海

商品詳細を見る
膵臓ガンで余命6ヶ月―。“生きているうちにしか出来ないことは何か”死を告知されたソル電機の創業社長日向貞則は社員の梶間晴征に、自分を殺させる最期を選んだ。彼には自分を殺す動機がある。殺人を遂行させた後、殺人犯とさせない形で―。幹部候補を対象にした、保養所での“お見合い研修”に梶間以下、4人の若手社員を招集。日向の思惑通り、舞台と仕掛けは調った。あとは、梶間が動いてくれるのを待つだけだった。だが、ゲストとして招いた一人の女性の出現が、「計画」に微妙な齟齬をきたしはじめた…。

今日は石持浅海さんの「君の望む死に方」を読みました。

あの名作「扉は閉ざされたまま」の続編(?)・・かな。

とりあえずあの「碓氷(うすい)優佳」さん、再びの登場です!


余命6か月と診断された社長は、ある理由から、一人の社員に自分を殺させようとします。

「保養所での研修」という舞台を用意し、自分を殺しやすいように、なおかつその後その社員が捕まることの無いように、保養所のいたるところに様々な「さりげない」仕掛けを施します。

しかし研修のために招いたゲストの中には、あの「碓氷優佳」が・・。

「扉は閉ざされたまま」での、あの論理と論理の素晴らしいせめぎ合いは近年のミステリの中でもトップクラスでしたが、この「君の望む死に方」でももちろんその冴えは顕在です。

しかし、あのラストには悶えました。

お願いします、石持さん!私にだけでもこっそり続きを教えて下さいっ!!

・・というのはもちろん冗談ですが、読み終わった時は思わず「ずるい~」とつぶやいていました。

いや悪い意味では無いのですが。

プロローグの書き方も上手いんですよね・・。

個人的には、「閉鎖期間中にペンション内で人が死んだ事件」や「急な出張で来られなくなった優佳の彼氏」などが、思わずニヤッと出来て楽しかったです。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/09/28 23:51|・石持浅海TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/21-df3b084e

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。