~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

さて、いよいよ始まりましたNHKのケータイ連動犯人当てミステリー「探偵Xからの挑戦状!シーズン2」。

全4回のトップを飾るのは、前回と同じく辻真先さんです。

タイトルは「嵐の柩島で誰が死ぬ」。

NHKのうたい文句によれば「極めつけの”嵐の孤島”ミステリー」だそうですが、さてさて。



例によって今日はまだ「第1章」だけですので、登場人物の紹介程度で終わり、まだまだ大きな事件は起こりません(ま、眠らされてどこかに連れ去られた事自体が大きな事件ではありますが)。

とりあえず、今後の自分の推理のために登場人物の整理を(なんせケータイ小説は行きつ戻りつ読み返すのが非常に面倒なもので・・・)。

 ・葉月麻子(28歳)・・・この物語の主人公。レポーターにして女優。時々名探偵。失恋するとすぐ死にたくなる。
 ・カン高い声の少女。
 ・無精髭を伸ばして、よれよれなシャツ姿のおっさん。
 ・中年の紳士(右手首に厚く包帯)。
 ・ラフな服装の若者。

とりあえずはこんな所でしょうか。

また、麻子が目を覚ました場所はどうやら別荘かペンションのような建物の中で、時刻は夜。

部屋の様子は、

 ・だだっ広い長方形の空間で、半ばまで吹き抜けの構造。
 ・壁にはムンクの「叫び」の複製画らしき大ぶりな額。
 ・張り出した二階の床へはデザイン性の高い階段。
 ・一階の壁の一つを大型の半透明なドアが占め、対面の壁には三枚の木製のドア。

ってな感じですかね。


どうやら麻子を含む5名は、みんな「死にたがっていた」ためにここに連れてこられた様子。



あとは明日以降の配信を待ちましょう。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/10/01 23:11|Season 2TB:0CM:4

コメント
毎日配信
ならではの楽しみとして、今後の展開推測をしてしまいました。
今回は、「犯人当て」ではなく「死亡者当て」ではないか?とタイトルから考えみました。
上手く自殺しえたのが誰か?
辻先生なら考えそうです。
死体発見と同時に問題編の幕が降ります。
今日までの注目アイテムは“効力不明”な毒薬です!
毎日配信なので、作者からの挑戦だけでない楽しみもありますね!
江守森江 #JalddpaA|2009/10/02(金) 16:05 [ 編集 ]

ありがとうございます。
覚えていて下さってありがとうございます。足の関節の手術しましたが、今月から仕事も復帰!探偵Xも復活!また参考にさせていただきます!
コメント欄の皆様も凄い!ので楽しみです。
けい #-|2009/10/06(火) 09:58 [ 編集 ]

江守さん
今回は締切まで日数があるので、何か心に余裕を持って毎日の配信を楽しめますよね。
全4回、頑張りましょう(^^)
音倉誓示 #-|2009/10/07(水) 22:45 [ 編集 ]

けいさん
お~、元気に復活されたんですね(^^)
「療養」と聞いて、なんとなく結核か何かで高原にある病院に入院して、窓から落葉を眺めているような姿を想像してました(^^;)
いよいよ第1回の問題編放送ももうすぐ。
がんばりましょうね~。
音倉誓示 #-|2009/10/07(水) 22:49 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/207-a5683aeb

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。