~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

う~ん、早くミニノートPCが使えるようにならないとなかなか更新が・・・。

と、言い訳はさておき。



「ミステリーズ!Vol.36」(東京創元社)より
 ・「バルザフ」/吉永南央
  <ランタン楼>シリーズ第4回。それなりに面白くはあるものの、いまひとつ物足りないと感じていたシリーズでしたが、今回の話はよかった。ジーラとティアラの関係にはあまり興味は湧きませんでしたが(すみません・・・)、詩保子が言ったという「本当に人生は終わるものだと実感したら、できないと思っていたことが、できてしまうのよ」が心に残りました。
 ・「わたしには向かない職業」/いしいひさいち
 ・「酸っぱい遺言」/西條奈加
 ・原作と映像の交叉光線(クロスライト) 第14回 最も危険な賭け―「ミスト」/千街晶之
  これは面白そう!ということで早速DVDを入手しました(まだ観てませんが)。しかし先に結末を知っちゃったな~。
 ・「うさぎ幻化行 最終回」/北森鴻
 ・追悼・中町信/亜駆良人・三浦大・戸川安宣
  なぜか手元に「三幕の殺意」(東京創元社)のサイン本があります。まさかこれが遺作になるとは思いませんでした。
 ・淡色の熱情――結城昌治論 第1章 可笑しくて、切なくて/中辻理夫
 ・お楽しみTV 第35回「スウェーデン警察 クルト・ヴァランダー」
 ・路地裏の迷宮踏査 第36回 ブラウンのサイド・ショウ/杉江松恋
 ・突撃ミステリ・ゲームレポート KONAMI「クイズマジックアカデミー」
  前から気になっているゲームではあったのですが、まさか「ミステリー&サスペンス検定」なんてものが実施されていたとは! あ~、参加してみたかった。
 ・セカイから、もっと近くに!-SF/文学論 第10回「押井守とループの問題(3)」/東浩紀
 ・書評(「リビドヲ」弐藤水流)/宮脇孝雄
 ・書評(「ベーカリーは罪深い」J・B・スタンリー)/若竹七海
 ・書評(「何か文句があるかしら」マーガレット・デュマス)/中村有希
 ・書評(「ミステリーの人間学」廣野由美子)/戸松淳矩

・「今日を忘れた明日の僕へ/黒田研二」(原書房ミステリー・リーグ)読了。
 そうきたか。 記事は後日。
・「幻竜苑事件/太田忠司」(創元推理文庫)読了。
 う~ん、やっぱりこのシリーズはいいっ! 記事は後日。
・「マリオネット園(ランド)《あかずの扉》研究会首吊塔へ/霧舎巧」(講談社文庫)読了。
 あ~、幸せ。 記事は後日。



・「幻竜苑事件/太田忠司」(創元推理文庫)を購入。
・「マリオネット園(ランド)《あかずの扉》研究会首吊塔へ/霧舎巧」(講談社文庫)を購入。
・「ジャーロ No.37」(光文社)を購入。
・「密室から黒猫を取り出す方法(名探偵音野順の事件簿)/北山猛邦」(東京創元社)のサイン本を購入。
・「追想五断章/米澤穂信」(集英社)のサイン本を購入。


・「有栖川有栖著作リスト」を更新。
・「歌野晶午著作リスト」を更新。




さて、今日はやはりNHKの「探偵Xからの挑戦状!シーズン2」の話題を。
前回の参加者には9/17に久々のミステリーメールが届きました。
今回のシーズン2は下記の全4作品のようです。

第1回 「嵐の柩島で誰が死ぬ」 /辻真先
第2回 「メゾン・カサブランカ」 /近藤史恵
第3回 「トーナメント」 / 井上夢人
第4回 「記憶のアリバイ」/我孫子武丸

前回は問題編の配信開始から解答編の放送までが一週間のスパンでしたが、今回はその期間が倍になった分、問題数は半分に減ったようですね。

トップバッターは前回と同じく辻真先さん。
辻先生曰く「万年失恋嬢の”葉月麻子”ひさびさの登板」だそうです。
途中までは三枚目キャラ、しかし終盤では突如表情が変わって明晰な推理を始めるというこの名探偵、とても楽しみです。

さらに、一昨年「サクリファイス」が話題になった近藤史恵さん、前回に続いて二度目の登場井上夢人さん、そしてラストが「かまいたちの夜」や「人形シリーズ」で有名な我孫子武丸さん(個人的なベストは「殺戮にいたる病」ですが)。

いや~、楽しみ楽しみ。

ちなみに前回の「探偵Xからの挑戦状!シーズン1(と呼べばいいのかな?)」は、10/6に小学館文庫で発売になります。
ま、とりあえず記念に買っとく予定です。
ついでに言うと10/23にはシーズン1のDVD(3種)も発売になりますので、一応お知らせしておきます(何か自分がNHKの営業に思えてきました・・・)。

ともあれ、まずは問題編のメール配信、1週間後に問題編のTV放映、さらに1週間後に解答編のTV放映、と前回に比べて推理に使える時間が格段に増えていますので、今回はじっくり取り組めそうです。
ただ前回のようにケータイ小説と問題編の映像が食い違うときはどちらを信じればいいのかが唯一の不安材料・・・・・。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ




2009/09/24 22:23|・読了日記TB:0CM:2

コメント
水曜日は
来月から水曜日はテレビでミステリー三昧です。
「CSI:7」「相棒」「浅見光彦」「探偵X」「ボーンズ:2」と見逃せません。
テレビだけで目が回りそうです。
でも「探偵X」は推理に励みますよ!
江守森江 #JalddpaA|2009/09/25(金) 01:44 [ 編集 ]

ミステリ三昧
うわ~、まさにミステリテレビ三昧ですね。

「ボーンズ」はシーズン3の第10話まで観てます。
「CSI」はいつか最初から観たいと思いながら中々・・・。
「相棒」もまだシーズン1の途中。
ちなみに「古畑」はDVD全巻持っているのですが、これも中々観る時間が取れなくて・・・(ある程度はテレビで観てますが)。

とりあえずは「探偵X」で忙しくなりそうで、これは嬉しい悲鳴です(^^)
音倉誓示 #-|2009/09/26(土) 19:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/204-dc29a700

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。