~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「あなたが名探偵」(創元推理文庫)より
 ・お弁当ぐるぐる/西澤保彦
   6年前に読んでいるのですが・・・全く覚えていない脆弱な記憶力のおかげでもう一度楽しめました。
 ・大きな森の小さな密室/小林泰三
   こちらは2月にアンソロジー「大きな棺の小さな鍵」(講談社文庫)で再読したばかりなので、さすがに覚えていました。今回3回目。

・エンジェル・ハート30巻(新潮社バンチコミックス)



北村薫さんが、ベッキーさんシリーズの「鷺と雪」(文藝春秋)で見事直木賞を受賞されました!

おめでとうございますっ!!

文藝春秋の”本格ミステリマスターズ”で第1作目の「街の灯」を読んでからもう6年か・・・。

月日の流れるのは早いなぁ。


道尾秀介さんや貫井徳郎さんは、今回かなり酷評だったんですね・・・。







  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/07/16 00:46|・読了日記TB:0CM:2

コメント
直木賞
「日常の謎」派のパイオニア北村薫先生の受賞は喜ばしいです(本当は、選ばれた上でベテラン過ぎて新人を殺す事になるのでと、返上してほしかったです)
受賞分野(選考委員)に偏りがあり、ミステリは不利、SFやファンタジーは受賞作無しなんて、読者の求めるエンタメからの乖離が甚だしいと思います。
それでも、歴代受賞作家の顔ぶれと、その後の作品を見たら偉大ではありますが・・・。
因みに、私が歴代受賞作家の作品(受賞作含む)で一番好きなのが阿部牧郎の官能サスペンス「金曜日の寝室」で、それに書かれたナンパテクで嫁さんを落とした(本当に通用したかは疑問)のは懐かしい思い出です。
江守森江 #JalddpaA|2009/07/16(木) 21:54 [ 編集 ]

ともあれ
何はともあれ、好きな作家さんの受賞は本当に嬉しいですね。
以前は、選考基準は作品の内容だけでなく「文壇への貢献度」も重要視されるなどの話もあった直木賞ですが(今もかな?)、とにかく6度目の候補にしてついに受賞。
賞の選考に関わることも多い北村薫さんですが、選ぶよりいただく方が嬉しいと話していたのが印象的でした(^^)
音倉誓示 #-|2009/07/19(日) 00:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/196-2b657c55

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。