~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ふたりのシンデレラ (光文社文庫)ふたりのシンデレラ (光文社文庫)
(2005/09/08)
鯨 統一郎

商品詳細を見る
「ふたりのシンデレラ」を上演するため合宿中の劇団を襲う惨劇。主役を巡り女優や演出家が対立する中、一人は殺され、一人は失踪、一人は重傷を負い記憶を…。シンデレラが仕掛けた罠とは何か?事件の証人であり、犯人であり、犠牲者で、探偵役で、ワトソン役で、記録者で、容疑者で、そして共犯者でもある…一人八役の「わたし」が語る驚愕の真相とは。

鯨統一郎さんのノンシリーズ長編「ふたりのシンデレラ」(光文社文庫)を読みました(4月に・・)。

以前FLIPさんのサイトで紹介されていて興味を持ち、読んでみた一冊です(FLIPさんの書評サイト「あかずの書斎:ふたりのシンデレラ」はこちらから)。


これから私が物語る事件は巧妙にしくまれた殺人事件です。
私はその事件で探偵です。
また証人です。
また被害者です。
そのうえ犯人なのです。
私は四人全部なのです。
いったい私は何者でしょう。


という魅力的なキャッチコピーが付いた、セバスチャン・ジャプリゾ著の「シンデレラの罠」というミステリの古典的名作があるそうです(不勉強のため知りませんでしたが)。

そして明らかにこの「シンデレラの罠」を意識して書かれたこの「ふたりのシンデレラ」は、

わたしはこの事件の証人です。
同時に、犯人です。
そして、犠牲者でもあります。
それどころか、探偵役でもあります。
加えて、ワトソン役も務めます。
もちろん、記録者でもあります。
さらに、濡れ衣を着せられる容疑者でもあります。
最後に、共犯者でもあるのです。


という、一人八役(「シンデレラの罠」のなんと倍!)の宣言で物語の幕を開けます。


資産家の医師「国友広史」が主催する劇団「O-RO-CHI」のメンバー8人は、次回公演の練習のため、国友が所有する小さな無人島にやってきます。

島に建てられた別荘で寝泊まりしながら日々稽古に励むメンバーたち。

看板女優の「天野川夕華」とイケメン俳優の「天野川敬介」は夫婦ですが、夕華のライバルである「夏村芽衣」が敬介に言い寄っていたりと、メンバーそれぞれの人間関係はあまりいいとは言えないようです。

そんなある日、島にある国友の個人病棟で火事が発生し、焼け跡からは顔に大火傷を負い記憶喪失状態の“夕華”と、全身丸焦げの“芽衣”らしき死体が発見されます。

同時に“天野川敬介”も行方不明になっており、これは事故なのか事件なのか、もし事件ならば姿を消した敬介が犯人なのか・・・・、“夕華”の記憶もなかなか戻らず、警察の捜査は暗礁に乗り上げます。

一体この島で何が起きたのか?

はたして事件の真相は?


という事で、一人八役というかなりトリッキーなこの作品。

本格ミステリである以上は「地の文で嘘をつけない」という暗黙のルールがありますので、これを成立させるために色々と無理な部分があるのも否めないというか、かなりギリギリのラインで書かれているという印象の作品です。

ある程度ミステリに慣れた読者ならなんとなく真相は想像できるでしょうし、万人にオススメできる素晴らしい作品とは正直言えません。

ただし、この「一人八役」という非常に難易度の高い作品を書いてみようと思い立ち、実際にそれにチャレンジするという鯨統一郎さんのこの心意気が何とも楽しいではありませんか!


これだけの作品をハイペースで発表し続ける鯨統一郎さんは一体どんな方なのでしょう?

う~ん、覆面作家の素顔が気になる。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/07/05 00:08|・鯨統一郎TB:0CM:2

コメント
ぎりぎりセーフ? アウト?
うんうん。
わたしの書評でも書きましたが、ぎりぎりですよねぇw

っていうか、読む方の姿勢がちょっと否定的な方向に向いてしまったら、ぎりぎりアウトかもしれませぬ~^^;

でも、鯨先生のこういう挑戦の姿勢がやっぱり素敵です。
FLIP #X6AIgIjQ|2009/07/05(日) 17:41 [ 編集 ]

価値観
傑作とか駄作とか、フェアとかアンフェアとか、結局は読む側の姿勢でけっこう左右されますよね~。
基準のラインは人によって千差万別だし。
つまらない作品を無理に持ち上げるつもりはありませんが、それでもけなすのが目的のような書評は書きたくないので出来るだけ好意的に読むようには心掛けています。
その方が自分も楽しいですしね(^^)

それにしても鯨統一郎さんの作品ってどれも着眼点が面白いですよね~。
音倉誓示 #-|2009/07/06(月) 00:48 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/186-22349b35

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。