~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「ミステリーズ!Vol.35」(東京創元社)より
 ・文庫創刊50周年記念特別対談第二弾 山本弘×大森望
   SFは嫌いと言う訳ではないが正直あまり興味がないので対談の内容もよく分からなかった・・・。
 ・J・G・バラード追悼文×3
 ・本格ミステリフラッシュ・バック完結編/千街晶之監修
   読んだ事があるのは笠井潔さんの「薔薇の女」だけだった。
 ・お楽しみTV第34回「私立探偵フィリップ・マーロウ」
   観てみたい、が映らない。残念。
 ・路地裏の迷宮踏査第35回 ガードナーは車輪を回す/杉江松恋
   プロット・ホイールの話は興味深かった。


芥川賞・直木賞の候補作が発表された。正直なところ個人的にはあまり興味が無いし、実際それほど売上に繋がる訳でもないが、今回は直木賞に北村薫さんと貫井徳郎さんと道尾秀介さんがノミネートされているので、いつもよりは少し注目。ミステリ作家が受賞して嬉しい賞だとはあまり思えないが、それでも好きな作家さんが何か賞を受賞すればファンとしてはやはり嬉しい。ま、今回は万城目学さんあたりが有力なのかな(それともまた「作品は素晴らしいが作家としての実績が不足」とかいって落とされるのか)。どちらにしろ「ミステリ」を理解している選考委員は少ないだろうし。どうも「半落ち」の一件以来、直木賞はあまり好きになれない。







  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/07/03 03:02|・読了日記TB:0CM:2

コメント
~賞のあり方
作家に箔をつけて本を売る為に存在してしまい、一般読者を置き去りにしていると感じます(まるで、民意を無視した政治と同じ)
読者投票ランキングやネット書評の方が読書の指針になると思います。

本格ミステリ’09短編セレクション巻末に本格ミステリ大賞の候補作ノミネート過程が書かれてますが、一度大賞を受賞した作家の作品は“選ばなければ世間から苦情がくる位の傑作”以外は暗黙の了解で落選にしている模様で残念でした。
東野「聖女~」や道尾「ラットマン」なんか当人の受賞作に匹敵(或いはそれ以上)するレベルにあると考えられるだけに、ノミネートしなかった事が残念です。
また、三津田さん、柄刀さんのように以前に受賞を逃した自作品とレベル比較されて、あれが受賞出来ずにこれを受賞は・・・、で延々とノミネート止まりにされてしまいそうな事も疑問です。
今後、賞の意義が問われてくると思います。
このままでは、民意を反映しないで支持率低下に喘ぐ総理大臣の椅子的な賞に成り下がりかねません。
江守森江 #JalddpaA|2009/07/05(日) 11:51 [ 編集 ]

立場上
私はあまり否定的な事を書くべきでは無いのかもしれませんが「一般読者を置き去りに」というあたりは全く同感です。
そして、そう感じている人が多いからこそ「本屋大賞」のような(書店員限定とはいえ)割と一般の読者に近い人間の投票で決まる賞がもてはやされる傾向にあるのでしょう。

「本格ミステリ’09」はまだ読んでいませんが、本格ミステリ大賞に関しても、江守さんのおっしゃる事はもっともだと思います。
私も本格を愛するいち読者として今後を見守りたいと思います。
音倉誓示 #-|2009/07/06(月) 00:31 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/183-19fddf70

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。