~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「更新されねぇブログはただのブログだ」というセリフを誰かが言ったかどうかは知りませんが(意味が分からない方はジブリ作品”紅の豚”を観て下さい)、あまりの忙しさに気がついたらブログが一週間ほったらかしになっておりました・・・。

江守さん、なおさん、コメントもすっかり遅くなってしまって申し訳ありませんでした・・・。

まぁそもそもこのブログは豚ではないし、別にただのブログなので更新しなくちゃいけない訳ではないですが、せっかく毎日数十人から(ごく稀に)百数十人の物好き(?)な方が見てくださっているようですので、今後はマメに更新します。

といっても毎日毎日レビューを書けるわけもありませんので、そもそものブログの目的の一つである「自分自身の備忘録」として今後は「読了日記」を書く事にしました。

今までのような本の感想も当然続けていきますので、その合間のお目汚しとして「あ~、あいつ最近こんなの読んだのか~」とか思いながら、よかったら見てくださいませ。

という事で、7/1(水)の分。


「ミステリーズ!Vol.35」(東京創元社)より
 ・原作と映像の交叉光線(クロスライト)第13回 イリュージョンの陰画―『幻影師アイゼンハイム』/千街晶之
   まだ観てない映画なのに、誘惑に勝てずネタバレ批評を読んでしまった。だがやはり面白そうな映画なので近いうちにぜひ観たい。
 ・うさぎ幻化行(第17回)/北森鴻
 ・タベル/乾ルカ
  今回は心温まる話だった。ユウキさんのキャラが好き。
 ・双生児/小林泰三


毎年の事だが6月下旬は忙しい。「名ばかり管理職」の名の元にありえない○○時間労働はさすがに無理がある。まぁ年に1回だから何とか耐えられるが、何かもっといい方法はないものか。

先日久しぶりにマジックグッズを購入。ユリ・ゲラーを彷彿とさせる「スプーン曲げ」。ギミックはよく出来ているが実際に演じるとイマイチだった。以前買った「お札を突き刺すボールペン」は最高だったのに。本格ミステリがトリックそのものよりも、そのトリックの「見せ方」が大切なように、やはりマジックもタネよりも「演じ方」が重要。過去に例のない素晴らしいトリックでも見せ方を間違えると駄作になるし、使い古されたトリックでも物語と有機的に融合すれば素晴らしい作品になる、と思う。







  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/07/03 02:30|・読了日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/182-f2d91a3d

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。