~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

密室入門! (ナレッジエンタ読本14)密室入門! (ナレッジエンタ読本14)
(2008/11/20)
有栖川有栖(ミステリ作家)×安井俊夫(一級建築士)

商品詳細を見る
密室」は、ミステリ作品には欠かせない魅惑的なアイテムだ。この「人間が出入りできなかったであろう部屋」で行われる不可能犯罪について、本格ミステリの第一人者である有栖川有栖と、ミステリをこよなく愛する一級建築士・安井俊夫が、タッグを組んで立ち向かう。密室とはどういうものか?密室を実際に作ることはできるのか?古今東西の作品を例に、論理と建築の両面から、密室の仕組みとその謎に挑む。ミステリが200パーセント楽しくなる一冊。

有栖川有栖さんと、ミステリファンで建築家の安井俊夫さんとの共著「密室入門!」(メディアファクトリー)を読みました。

「第9回本格ミステリ大賞」の「評論・研究部門」の候補に挙がっていた1冊で、何度か過去の記事にも書きましたが、先月、ちょうど開票式に向かう飛行機の中で読んだ本です。

かなり熱心なミステリファンである安井さんは、有栖川さんの「女王国の城」に登場する「城」の図面を描かれた方でもあります。

この本は基本的に、お二人の対談に色々な図面や注釈を加えて分かりやすくまとめてある“対談集”のようなものなのですが、内容は密室の定義・分類から、建築家の目から見た密室、「電子ロック」や「生体認証」など最新の建築事情(密室事情?)など、非常に多岐に渡っており、とても楽しめました。

古典的な「針と糸」の解説から、天城一さんの定義する「純密室」などの話までとにかく「密室」づくし!

さすがに私もミステリファンとして「ビギナー」と呼ばれる段階は過ぎている気がしますので、紹介されている各種密室パターンもどちらかといえば“復習”という印象でしたが、とはいえ紹介されている作品群は未読の物も多く、色々と勉強になりました。

そして何より、密室について、そしてミステリについて語るお二人の会話の楽しそうな事!

有栖川さん自ら「大の大人2人が泥んこ遊びをするように語りまくった」と評していますが、まさにその通りの空気がとても良く伝わってきました。

同じ趣味を持つ仲間と好きな事について語り合うというのは、いくつになっても楽しい事ですよね。

きっと大学のミス研などもこんな雰囲気なのでしょう、うらやましい・・・(私の大学には残念ながらミス研はありませんでした・・・・・が、軽音楽部で毎日のように音楽に明け暮れてはいましたが)。


最後に、冒頭の有栖川有栖さんの「まえがき」から一部引用を。

「なぜ山(エベレスト)に登るのか?」
ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで訊かれた登山家ジョージ・マロリーは、こう答えた。
「そこに、それがあるからだ」
ミステリ作家への架空の質問に答えよう。
「なぜ密室を書くのか?」
「そこに、それがないからだ」


ああ、なぜこの人はこんなクサイ台詞がサマになるんでしょう。


あぁ、まだまだ、もっともっとたくさんのミステリを読みたい!という気持ちにさせる1冊でした。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/06/17 01:52|・有栖川有栖TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/176-4a5cb861

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。