~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

先日「第9回本格ミステリ大賞公開開票式」に出席するため東京に行った際、池袋にある「旧江戸川乱歩邸」を見学してきました。

本当は池袋の光文社ビル内にある「ミステリー文学資料館」に行って「”疾走する本格ミステリーの騎士 島田荘司、その挑戦と冒険”展」を見る予定だったのですが、よく場所を調べずに行ったため光文社ビルがどこにあるか分からず、急きょ予定を変更して、近くの本屋のガイドブックで見つけた「旧江戸川乱歩邸」に行ってきました。

立ち読みしたガイドブックによれば「月・水・金開室(火・木・土・日休館)」となっていたので「よしっ!今日はちょうど水曜日だから開いてる!」と喜んで入口まで行ったのですが、門から入ろうとすると、なぜか「ガチャガチャ!!」(←鍵が閉まってる)。

旧乱歩邸(表札)

諦めきれない私はケータイでググって電話番号を調べ、早速電話してみると・・・・・

私「すみません、見学に来たのですが鍵が閉まってて入れないんです。入口の所にいるのですが」

女性「すみません、一般公開は毎週金曜日だけなんですよ」

私「え~!(よく見ると確かに入口には「公開は金曜のみ」と書いてある・・・がっかり)」

女性「遠くからいらしたんですか?」

私「九州から・・・・」

女性「そんな遠くから!? じゃあせっかくなんで開けましょう」

私「えっ! ありがとうございます!

ってな感じのやり取りで、特別に見学させて頂ける事になりました。

本当に感謝感謝です。

やはり江戸川乱歩先生はミステリ好きを見捨てなかった(?)。


という事でまずは応接間。
旧乱歩邸(応接間①)

壁には還暦を記念したとされる肖像画が飾ってあります。


続いてもう一枚。
旧乱歩邸(応接間②)


そして、これがあの「貼雑年譜(はりまぜねんぷ)」です(ただしもちろんレプリカ)。
旧乱歩邸(貼雑年譜レプリカ)

手前のショケースには著作が並べられています。


そして「別冊宝石」の「江戸川乱歩還暦記念号」も飾られていました(右端)。
旧乱歩邸(ショーケース)


また別のショーケースには、あの「黄金仮面」も飾られていました(サインは宝塚の方のだそうです)。
旧乱歩邸(黄金仮面)

ガラス越しだったので写真が見づらくてすみません・・。


そしてここには、乱歩先生自筆のあの「言葉」が。
旧乱歩邸(うつし世は~)

これを見た瞬間は、感動のあまり全身に鳥肌が立ちました。


そして、数多くの蔵書が収められている土蔵です。
旧乱歩邸(土蔵外観)

この土蔵は、ごくまれにしか公開されないそうです。




いや~予定外に立ち寄った「旧江戸川乱歩邸」でしたが、本当に感動の嵐でした。

実は他にも見せていただいた所があるのですが、残念ながらブログにはアップ出来ませんのでご了承くださいませ。



そういえば、2003年から刊行された光文社文庫の「江戸川乱歩全集 全30巻」は全巻持っているのですが、まだ23巻までしか読めていない・・・。

早く残りの7冊もちゃんと読まないと。


思いがけず色々と見せて頂いて、それまで何だかすごく遠い存在だった江戸川乱歩先生が、少しだけ身近な存在になった気がしました(気のせい?)。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/06/06 00:57|・江戸川乱歩TB:1CM:6

コメント

すご~~い!!
見るためには努力するもんですね。
誠意が伝わるとはこのことを言うんですかね。
ある意味「ミステリー文学資料館」より素敵な体験を出来たのでは?
貸切ですもんね。
NARA… #-|2009/06/06(土) 04:13 [ 編集 ]

団子坂
かなり以前に、乱歩の短編集を読んで刺激されD坂を散策したことがあります。
その頃は戦後の雰囲気が残ってました(作品は戦前の雰囲気)
「心理試験」「二銭銅貨」「D坂~」収録の短編集からミステリのスタートを切り、テレビの怪人二十面相(団次郎)、土ワイの明智シリーズ等で引き込まれました。
乱歩と正史(金田一)は、全メディアを制覇した巨人ですね!(東野圭吾でも及ばないかな?)
かえって、東京在住だと“何時でも行ける”意識が働いて出掛けないです(苦笑)

スカパーの開票式は一分程度の放映で、参加者さんなら自分を確認できるかも程度の味気ない映像でした。
江守森江 #JalddpaA|2009/06/08(月) 13:37 [ 編集 ]

NARAさん
いや~ホントにあきらめずに電話して良かったです。
私一人のために色々な所のシャッターを開けて電気を点けてくれて、申し訳ないなと思いながらもたっぷり堪能させていただきました。
まさに好きなアーティストが自分のためだけにライブをしてくれたような気分でした♪
音倉誓示 #-|2009/06/11(木) 10:12 [ 編集 ]

江守さん
江守さんはさすがに年季の入ったミステリファンですね。
”何時でも行ける”はうらやましいです・・。
また上京する機会があれば少しずつ色々な所を訪れてみたいと思います。

スカパーの放映はそんなに短かったんですね。
とりあえずあまり顔がバレなかったようでよかった(笑)
音倉誓示 #-|2009/06/11(木) 10:18 [ 編集 ]


はじめまして。
D坂の近所に住んでいるのですが、金曜というのがネックになって旧ランポ邸には行けてません。羨ましいです。

「”疾走する本格ミステリーの騎士 島田荘司、その挑戦と冒険”展」の存在をはじめて知りました。大感謝!
さっそく今週行きたいと思います。
水城 #qbIq4rIg|2009/06/14(日) 22:10 [ 編集 ]

はじめまして(^^)
足跡を辿って何度かブログにお邪魔した事はあったのですが、ミステリ好きとは気付きませんでした。
改めて読むと、さりげなく島田荘司さんや山口雅也さんの名前が登場してますね。
これからも時々のぞきに行かせてもらいます(^^)

島田荘司展、楽しんできてください!
今なら確か”斜め屋敷”の模型も貸し出し展示されているはずです。
気軽に行ける距離に住んでるなんてうらやましい・・。

ちなみに水城さんのブログでは院生時代の恋愛話を一番楽しく読ませて頂きました(^^)
ま、本人はとても”楽しく”どころではなかったと思いますが・・・(^^;)
音倉誓示 #-|2009/06/16(火) 01:45 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
江戸川乱歩と13の宝石
江戸川乱歩と13の宝石
忍者大好きいななさむ書房 2009/07/03(金) 16:35

トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/173-5999c6bf

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。