~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

黒田研二さん脚本(前川かずおさん画)の「逆転検事 第5話”逆転の銃弾①”」を読みました。

「前編」とかではなく「①」ってことは、おそらく今回は最低でも4話以上にまたがる話なのでしょう。

という事で今回の「逆転の銃弾①」。


将来を期待されている優秀な警察官「常世直志(とこせなおし)」は、パトロール中に、ジュエリーショップから逃げ出す宝石強盗犯を偶然発見し、そのままパトカーで追跡します。

行き止まりの無人ビルに犯人の車を追い込みますが、若い女性(「一十路千佳(いちじゅうじちか)」)を人質にとっていた犯人(「武田啓史(たけだひろふみ)」)は、彼女に銃を突き付けたままビルの中へ。

イトノコ刑事をはじめ応援の警官達が駆けつけた時には、常世巡査は犯人を追ってすでに単独でビルの中に入っていました。

そこに響き渡ったのは3発の銃声と女性の悲鳴。

警官隊が突入すると、そこには脇腹を撃たれて重傷を負った常世巡査、恐怖で口も聞けない人質の女性、そして額を打ち抜かれて絶命している犯人の武田が。

どうやら犯人に撃たれた常世巡査が人質を助けるために反撃し、逆に犯人を射殺してしまったように見えます。

しかし!

犯人は奪った宝石を持ったまま逃走していたはずですが、どこを探しても奪われた宝石が見つかりません。

一体、宝石はどこに消えたのか!?(来週に続く)



さて、早くもコミックの第1巻の発売が決まったようです。

ヤンマガKC「逆転検事①」は、6/5(金)発売!

・・・・という事は私のいる九州では6/8(月)発売、ですね(地域格差だ・・)。

今回もおまけマンガが付いてるといいな♪



そして!

本日ニンテンドーDSソフト「逆転検事」が発売になりました!!

逆転検事(通常版)逆転検事(通常版)
(2009/05/28)
Nintendo DS

商品詳細を見る

事件現場で情報を集め、「ロジックモード」で推理を組み立てて真相を暴きだす!

あ~、まさにミステリ好きにはたまらないゲームですね。

これでしばらくはブログの更新が滞ったりして・・・。








ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/05/28 23:59|逆転裁判&逆転検事TB:0CM:2

コメント
有難う御座います。
音倉さんのお陰で逆転検事を読む漫画リストに加えられました。
金田一、コナンとミステリ漫画はつい読んでしまいます。
さて、相棒もDSになってるし、ミステリファンはDS必携の時代になったのでしょうか?
・・・ついて行けてないです。
江守森江 #JalddpaA|2009/05/29(金) 04:57 [ 編集 ]

ミステリマンガ
金田一、コナン、どちらもいいですよね。
「逆転検事」(と「逆転裁判」)もぜひ読んでみてください。
あっ、あとは「QED」も忘れないようにしないと(^^)
音倉誓示 #-|2009/06/01(月) 00:42 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/170-cbf156c1

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。