~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

双頭の悪魔 (創元推理文庫)双頭の悪魔 (創元推理文庫)
(1999/04)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
他人を寄せつけず奥深い山で芸術家たちが創作に没頭する木更村に迷い込んだまま、マリアが戻ってこない。救援に向かった英都大学推理研の一行は、大雨のなか木更村への潜入を図る。江神二郎は接触に成功するが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された木更村の江神・マリアと夏森村のアリスたち、双方が殺人事件に巻き込まれ、各々の真相究明が始まる…。


これぞ本格推理!

と、心の底から声を大にして言える作品でした。

読んだ後に「面白かった」と思える作品は数多くあれど、「出会えた事を幸せに思える」ほどの作品はそうめったに無いのではないでしょうか。

今回は、ある事情から江神先輩はアリス達と離れ離れになってしまいます。

そしてそれぞれの場所で起こる殺人。

江神先輩はいつもの鮮やかな推理で、そしてアリスは望月先輩や織田先輩と一緒に試行錯誤を繰り返しながら、それぞれの事件に立ち向かいます。

作中に「読者への挑戦」が3回!!

前代未聞です。

ちなみに私は3回とも、その時点では分かりませんでした(少し読み進めて、ヒントが増えた時点で何とか分かりましたが・・)。

第1の事件とその犯人。

第2の事件とその犯人。

そして事件全体を貫くある構図・・。

素晴らしすぎます。


さて、私の有栖川有栖溺愛ぶりばかり書いてもアレなので少し真面目に書きますが、今回も前2作と同じくクローズド・サークルものです。

いつものように、ある時はさりげなく、またある時は事件解決のためのデータとしてはっきりと、いたるところにちりばめられた数々の伏線。

そしてこれまたいつものように、あくまでフェアに、そしてロジカルにそれらが収束され、事件は解決に向かいます。

それはそれは憎らしいほど鮮やかに!


巻末の解説で巽昌章さんが、「登場人物の個性や心情を描くあまり、謎の提示が少し遅かった」(あくまでこの作品を最大限褒めちぎった上で、欲を言うならという話ですが)という意味合いの事を書いていますが、私はそうは思いません。

孤島パズル」の感想でも書きましたが、これこそが「有栖川有栖」の魅力だと思うからです。

有栖川有栖の書く本格ミステリは論理的です。

さすが和製エラリィ・クイーンと呼ばれるだけあると思います。

ただし同時に、有栖川有栖の書く本格ミステリは詩的で、抒情的で、ユーモアも多いですが憂いを含むことも多々あります。

この「人間くささ」が私にはたまりません。

・・・あ、結局溺愛っぷりの上書きになりました

すみません


作品の細かい内容に触れながら色々な感想など書きたいのですが、そうしようとするとどうしてもネタバレを含んでしまい、中々難しいです・・。

ネタバレを含む部分だけ別ページに書いてもいいのですが、万が一未読の方が誘惑に負けてクリックしてしまった時の事を考えると、あまり気が進みません・・。

考えすぎですかね

この作品を読みながら、終盤、真相のヴェールが1枚1枚剥がれていく瞬間、何度鳥肌が立ったか分かりません。

まさにミステリ読みにとって、至福の瞬間でした。

1人でも多くの本好きの方にこのような体験をして頂きたいというのが、このブログを始めた1番の理由ですし、もし私がこの作品を読む前に誰かに内容の一部でもバラされていたら、間違いなくその人物に殺意を抱いていたでしょう(実行に移す時は周りに名探偵がいないか確かめてからにしますが)。

ということで、今回は(今回も?)いかに有栖川有栖作品が素晴らしいか、という話にとどめておきます

未読の方は、ぜひ読んでみて下さい。

既読の方は、どの辺りでアレが分かった!など教えて頂けると嬉しいです。

それではまた







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2008/09/24 23:05|・有栖川有栖TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/17-c459a775

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。