~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
(1996/08)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
紅一点会員のマリアが提供した“余りに推理研的な”夏休み―旅費稼ぎのバイトに憂き身をやつし、江神部長以下三名、宝捜しパズルに挑むべく赴いた南海の孤島。バカンスに集う男女、わけありの三年前、連絡船の再来は五日後。第一夜は平穏裏に更けるが、折しも嵐の第二夜、漠とした不安感は唐突に痛ましい現実へと形を変える。晨星落々、青空に陽光が戻っても心は晴れない…。



今日は有栖川有栖の「学生アリス(江神二郎)シリーズ」第2作目、「孤島パズル」を読み終えました。

先日1作目の「月光ゲーム」を読んでから、すぐ2作目に移るつもりだったのですが、いつもの悪い癖でずいぶんと他の本に寄り道をしたため遅くなってしまいました・・。

毎日何百冊もの新刊を扱ったり、何万冊も並んでいる売場を眺めているとどうしても「読んで~」という声に負けてふらふら~っと色んな本に手を出してしまうんですよね

でもそのおかげで湊かなえさんの「告白」(双葉社)のような大当たりの作品にも出会えたし、三津田信三さんの作品は評判通りの面白さだということが分かって、中々充実した寄り道でした。

さて話を「孤島パズル」に戻しますが、タイトル通り作品全体にパズルがモチーフとしてちりばめられており、まさに私の大好物のロジカルな本格推理ど真ん中!というのが率直な感想ですが、やはりそれだけではないのが有栖川有栖の素晴らしい所だと思います。

私はいわゆるパズラーと呼ばれる作品や作家さんは大好きなのですが、そういう作品(&作家)は時にミステリ好きではない人たちから「人物が描けてない」などという批判を受けることがあります。

上質な知的遊戯に対してくだらないツッコミはやめて欲しい、そんな批判をするぐらいなら芥川賞受賞作でも(もしくはいっそのことキャラクター小説でも)一生読んでいて下さい、というのが私の基本スタンスですが(決して芥川賞を批判しているのではなく、あくまでジャンルが違うという意味です、念のため)、時にはそんな方々に、「じゃあ有栖川有栖を読んでみたら」と言いたくなることがあります。

作品の中ほどで、アリスとマリアがボートに乗って夜の海に漕ぎだします。

またそのあと、停めてある自転車に跨ったまま2人が語り明かす場面もありますが、どちらも、全編にちりばめられた、事件の謎を解くための数多くの伏線の一つになります。

ですが、決してそのためだけの(極端に言えば探偵が犯人を特定するためだけの)シーンにならないのが、やはり有栖川有栖なのだと思います。

中原中也の詩もそうですが、上述の表現を使うなら「人物が描けている」本格推理作家が有栖川有栖ではないでしょうか。

本当に文学的な、そして詩的なミステリ作家だと思います。


蛇足を承知で引用すると、

  青空に銃声が響いた。
  この日、この時間に銃声が轟くことは、遥かな昔から定められていたに違いない。
  いまひと度の銃声。
  僕の胸の中で、何かが救いなく砕け散った。
  (第5章より引用)

このような表現に、ファンとしては思わずシビれてしまう訳です。


また話は変わりますが、今まで読んだ数々のミステリ作品には色々な探偵が登場しました。

天才的な閃きを持つ探偵、地道にコツコツと調査を続け推理を積み上げていく探偵、破天荒な探偵、シャイな探偵・・。

それこそ作家の数だけ色々な探偵が存在すると思いますが、この「江神二郎」(そして「火村英生」も)に関して言えば、なぜか、悲しさを帯びた探偵というイメージが頭に浮かんできてしまいます。

何かに駆られるように犯罪者を狩り続ける火村英生

そして巻末の光原百合さんの言葉を借りるなら、懸命に死の呪縛と闘う江神二郎

この2人が犯人を追いつめた時に、なぜか痛々しさを伴った感情が浮かんでくるのは私だけでしょうか・・。



さて、次はいよいよ「双頭の悪魔」です(厚いんですよね・・)。

そしてその次には「女王国の城」が私を待っています!

おまけに「作家アリス(火村英生)シリーズ」の最新作も発売間近です!

誰か私に時間を下さい・・







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2008/09/20 23:47|・有栖川有栖TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/14-f80d9cf1

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。