~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

全8回の「探偵Xからの挑戦状!」もいよいよ折り返し地点。

今回は”愛すべきバカミスキング”霞流一さんの登場です!



という事で、まずは4/16(木)にアップされた「サンタとサタン 第1章」。


雪山で発見された死体。

見つけたのは「小藤田孝彦(ことうだたかひこ)」です。

全身が雪で埋もれつつあるこの死体は「荒巻茂(あらまきしげる)」。

小藤田の叫び声を聞いて、4人の男女が駆けつけてきます。


ここは荒巻の父親の別荘。

荒巻は小藤田・「根元洋治郎(ねもとようじろう)」・「塩井直人(しおいなおと)」と4人でコントグループ「まっぱ魚雷」を結成しており、クリスマス・ライブの練習のためにこの別荘で合宿をしている所でした(まだ知名度の低い若手芸人だったようですが)。


居合わせた女性2人はどちらも20代半ばで「田畑真奈江(たばたまなえ)」と「堀良乃(ほりよしの)」。

会社は違うものの、2人とも雑誌記者だということです。

2人ともスクープ合戦とばかりに死体の写真を撮りまくっています・・。


警察に通報しようにもケータイは圏外、ロッジの固定電話は雪のためか通じなくなっているようで、まさしく典型的なクローズドサークル・・・と思いきやちょうど除雪車が近づいてきます。


ちなみに「まっぱ魚雷」のリーダーは荒巻。

塩井は荒巻の大学の先輩で、メンバー唯一の30代。

根元は荒巻の同期で、小藤田は最年少の22歳(荒巻の後輩)です。


そして昨日「探偵Xからの挑戦状!”第4回”」の「サンタとサタン 第2章」がサイトにアップされました。


除雪車の無線で無事に警察に連絡が取れ、別荘の敷地には大勢の警察関係者がやってきました(陸の孤島じゃなかったのか・・)。

他殺らしき荒巻(27歳)の死因は、頭部を殴打されたことによるショック死。

凶器と考えられる鈍器状のものは発見されていない。

死亡推定時刻は22:30~23:30の間。

雪が降り続いているため、ものの数分で足跡は消えてしまい、死体のそばに足跡があったかどうかはまったく不明です。

この別荘地には、広大な敷地の中に14棟のロッジが点在しているとの事。

その中で最も大きく、管理事務所として別荘の中枢を担っている「センターロッジ」の会議室で事情聴取が始まります。

慇懃なくらい丁寧な中年警部の名前は「喪中栄太郎(もなかえいたろう)」。

まずは真奈江と良乃が事情聴取を受けていますが、この2人のキャラが濃すぎてなかなか話が前に進みません・・。

ちなみにこの2人は同じ大学の同期で、2人とも「おふくろ会」という「雑誌の袋とじを研究するサークル」に所属していたようです。

現在はそれぞれ別の会社でライターとして働いており、良乃は「月刊ウーン」、真奈江は「バックレ・マンスリー」にそれぞれ記事を書いているようです。

2人とも束の間の休みを利用して温泉旅行に来たのですが、泊まっているのはこの広大な別荘地・・・から狭い谷を挟んで向こう側にある今にも朽ち果てそうな粗末な小屋。

この小屋は2人の先輩の叔父さんの持ち物だそうです。


で、この2人はこの小屋からまさに犯行の現場をリアルタイムで目撃したとの事。


以下、第3章へ。


そして本日「探偵Xからの挑戦状!”第4回”」の「サンタとサタン 第3章」がサイトにアップされました。


22時すぎに布団に入ったものの、除雪車の音がうるさくて眠れなかった2人。

窓から谷向こうのロッジを見ると、妙な動きが目に入ったとの事。

そのロッジは「リビングロッジ」と呼ばれている、ここで2番目に大きいロッジだそうです。

ちなみにこの2人がそのロッジを見たのが22:35頃。

ロッジの窓のカーテンが1メートル(本文では「1メール」となっていますが単なるミスでしょう)ぐらい開いていて、そこではサンタクロースの恰好をした人物と白っぽいガウンを着た人物がお互いにバットのような棒を持って争っていたとの事。

ただ遠すぎて顔までは分からなかったようです。


事件と関係なさそうな無駄話が多くてなかなか話が前に進まないですが、その中にもこっそり伏線が隠れているようないないような・・・なんせ著者が霞流一さんですから油断はできません。

まだ第3章ですので詳細は分かりませんが、容疑者は小藤田・根元・塩井の3名になるのかな?







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/04/18 23:59|Season 1TB:0CM:2

コメント

猫が消えた はお見事でした(^^)
自分は全く外れた推理でしたσ(^_^;)
明日は覗くことができないので今日書き込みしてます

塩井路線で詰めてますが
今回もダメっぽいです

根元の部屋のサンタの服に田畑は何も感じなかったのか で
既にモヤットボールですよ

オレンジパパ #-|2009/04/21(火) 22:58 [ 編集 ]

今回は
今までで一番分からないかも。

もうすぐ解答編の放送ですが、はたして真相は?

あ~、何か悔しい~。
音倉誓示 #-|2009/04/22(水) 23:06 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/138-ddb87203

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。