~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

4/12(日)、「探偵Xからの挑戦状!”第3回”」の「猫が消えた 第4章」がサイトにアップされました。


さて、いよいよ理香からのメール5通(3日間分の報告書各1通&鈴田さんからの指示2通)が「私」の元に届きます。


まずは1日目の報告書。

2匹とも元気。

トイレ2つを掃除。

ウンチは健康。

食事の器は2つとも空になったので、キャットフードを補充。

エカテリーナはすぐ食べたが、シェヘラザードはベッドから出てこない。

2か所の飲み水も交換。

エカテリーナと一時間遊ぶ。

何とか、シェヘラザードのブラッシング完了。

室内の植木鉢2つ、ベランダの植木鉢5つに水やり。

郵便を5通取り込み。

2:30に「小島史子」(猫嫌いの隣のおばあさん、70過ぎ、白髪の短髪、背が低く痩せ型)が来て、「野良猫に餌をやるな」などと意味不明のクレームをつけてくる。

3:10に鈴田さんの甥の「三好雅彦」(20代初め、背が高くほっそり、ハンサムな舞台俳優)が来て、劇の招待券2枚を預かる。

鈴田さんのDVDを借りたいので明日か明後日にまた来るとの事。

そして添付写真が2枚。

1枚は段ボールの爪磨きで爪を研いでいるエカテリーナ。

もう1枚は真っ白なドーム型猫用ベッドの中の白い塊(シェヘラザード?)。


鈴田さんからの返信メールによると・・

小島は無視して追い返して欲しい。

雅彦はDVDを勝手に探させていいが、家の中ではタバコを吸わせないように、との事。



そして2日目の報告書。

まず2枚の添付写真。

1枚はエカテリーナの顔のアップ。

もう1枚は昨日と同じ白いドーム型猫用ベッドの中にいるエカテリーナ(今回は顔も写っています)。

2匹の猫は仲が悪く、猫用ベッドは2つとも仕事部屋に置かれているが、それぞれ部屋の反対側に離して置かれているとの事。

1匹が部屋に入るともう1匹は出ていくので、2匹が同じ部屋にいる事は滅多にない。


そして昨日「探偵Xからの挑戦状!”第3回”」の「猫が消えた 第5章」がサイトにアップされました。


2日目の報告書の続きです。

2匹とも元気。

トイレ2つを掃除しトイレシートを交換。

どちらも健康なウンチ。

食事の容器は2つとも少しだけ残っていた。

2か所の飲み水を交換。

エカテリーナと30分遊ぶ。

シェヘラザードが珍しくベッドから出てきてキャットフードをちょっとだけ食べたものの、すぐにベッドのある仕事部屋に戻って行った。

その後ようやくシェヘラザードのブラッシングも完了。

ベランダの植木鉢5つに水をやり、室内の2つには指示通り今日は水をやらず。

郵便物7通を取り込み。

1:30に「北村さくら」(30代半ば、身長160センチぐらい、肩までのストレートヘアー、痩せ型、2か月前まで渋谷店で働いていた)が来て、「辞めさせられたのは不当だ」などとヒステリックに話す。

明日、鈴田さんあての手紙を書いて持ってくるとの事。

3:40、また小島史子が来て、自宅のベランダに鈴田さんの猫が来ているなどとクレーム。

しかし2匹ともベランダには出したりせず、ちゃんと家の中にいたとの事。


鈴田さんからの返信は・・

北村の手紙は預かっておき、またヒステリックになったら家に入れてお茶でも飲ませておいてくれ。

小島は無視して追い返すように。

との指示です。


そしていよいよ3日目の報告書。

これはまだ鈴田さんに送信していない内容のため、報告書というよりはメモのような体裁。

トイレ1つ掃除し、ウンチも元気。

食事の器も1つ空。

水2か所交換。

室内2つ、ベランダ5つの植木、水やり済み。

エカテリーナと遊ぶも、シェヘラザードはベッドから出てこず。

1:20、北村が来て手紙を受け取る。

泣きながらしゃべりだしたので、リビングに入れてお茶を出す。

北村はここの猫を世話した事があるらしい(やはり第1章の「渋谷店の副店長」かな?)。

すり寄って来たエカテリーナを撫で、シェヘラザードの写真を見ると落ち着いて1:45に帰る。

2:00、三好が来て10分ほどDVDを探し、誰かに「見つかった」と電話して帰る。

2:30、小島が来て「猫の声がうるさい」と苦情(野良猫の事だったらしい)、すぐに追い返す。

2:50、また三好が来て携帯を忘れたので取りにきたとの事。

10分ほど探して見つかったので帰る。

そして3:00、例の小火騒ぎ。

「私」もコメントにもありますが、なぜ宅配便の事に触れていないのでしょう?


そして今回も添付写真が2枚。

1枚はボールで遊んでいるエカテリーナ。

もう1枚は水色のドーム型猫用ベッドの中で丸まっている白い物体(シェヘラザード?)。



そして理香から「私」に電話がかかってきた所で第5章は終わりましたので、続きは第6章へ持ち越し。


そして本日「探偵Xからの挑戦状!”第3回”」の「猫が消えた 第6章」がサイトにアップされました。

いよいよ問題編の最終章です。



何とまた誘拐犯から電話がかかってきたとの事。

金の準備はできたのか聞いてきたので「ただのペットシッターだからどうしていいか分からない」と言うと、「早く飼い主に連絡しろ」と言って切れたそうです。

相変わらず声は男か女か分からず。


と、ここで「私」の推理が炸裂!

何と3日目(今日)来た宅配便の人は、理香のストーカーだった男のようです。

報告書に宅配便の事を書かなかったり、宅配便の事になると妙に歯切れが悪かったり、初対面の来客たちには丁寧に応対したくせになぜか宅配便は受け取らずに追い返したのはそういう事だったのですね。

ただ第1章で「理香の前の職場と鈴田さんの自宅は近い」という伏線があったように、この宅配便の男(「矢野勇治」という名前のようです)は理香を追いかけて来たわけではなく、ただ鈴田さんの家が配達区域のため偶然理香と出くわしただけの様子。

で、結局不在連絡票をドアポストに入れて帰った宅配便の矢野勇治。

理香の記憶では宅配便が来たのは小島が来た後で三好が来る前、たぶん2:45ぐらいだったとの事。


さて、「私」はシェヘラザードを誘拐した犯人も手口も分かったとの事。


う~ん・・・何となく分かりかけている気はするのですが、もう一度最初から読み直してよく考えてみます。

いくつか不審な点はありますが、それらがどう繋がるのかがまだ分からない。




明日も夜10:00過ぎまで仕事ですので、推理をアップできるのはまた解決編放送の少し前かな・・。

前回外したから今度は当てないと。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/04/14 16:36|Season 1TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/135-e37cc7b5

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。