~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

ペルソナ探偵 (講談社文庫)ペルソナ探偵 (講談社文庫)
(2009/02)
黒田 研二

商品詳細を見る
作家を志し同人誌を作る六人の男女が、チャットルーム「星の海」に集まった。星の名前をハンドルネームにした彼らに面識はなく、プライベートは秘することを約束事にしていた。だが、そのことがすべての事件の伏線となり、真の悲劇を招き寄せる。それぞれの謎が環となって、予測不能の最終章へと繋がる衝撃作。

先日文庫になった、くろけん(黒田研二)さんの「ペルソナ探偵」(講談社文庫)を読みました。

デビュー作「ウェディング・ドレス」に次ぐ、第2作目になります。

さてさて、今度はどんな手で読者を驚かせてくれるのか・・。


ネット上の「星の海☆チャットルーム」という会員制サイトに集う6人。

全員が作家を目指すメンバーばかりです。

主宰者である「カストル」の呼びかけで集まったメンバーは、それぞれ「スピカ」「アンタレス」「カペラ」「ベガ」「ポルックス」という名前で呼び合い、メンバーの本名や連絡先を知っているのは「カストル」だけ。

ところがある日、あるメンバーの元に一本の電話が・・。


いや~面白かった!

この作品、何がすごいかって全編がほぼ「作中作のみ」で構成されているんです。

小説の中に「登場人物が書いた別の作品が挿入される」、というのは割とありがちなパターンですが、これだけ「作中作」が大部分を占める作品はさすがに初めて読みました。

よくこんなこと思いつきますね・・。



作中、同人誌「スターチャイルド」への掲載作という事で、「メンバーそれぞれが自分の身に起こった事件を小説にした作品」が順番に紹介されていきます。

まず「スターチャイルド第5号」に掲載された、スピカの書いた事件簿「フィンガーマジック」。

「第6号」にはアンタレスの書いた事件簿「殺人ごっこ」。

「第7号」にはカペラの書いた事件簿「キューピッドは知っている」。

そして最後、ポルックス視点の事件簿で、メンバーに起こった悲劇の真相がついに明かされます。



スピカの「フィンガーマジック」以下、それぞれの作中作自体が独立した一篇の短編ミステリとして成立しており、さらに最後のポルックスの事件簿で作品全体を貫きとおす謎までも解明されていくという、非常に贅沢な作品でした。

最後はこういう展開になるんだろうな~と思いながら読み進め、ある程度は予想できた・・つもりだったのですが、そこはくろけんさん、一筋縄では行きませんでした。

辿り着いたつもりの真相が次から次にひっくり返され、まさにどんでん返しのつるべ打ち!

あれもこれも伏線だったのか、と感慨にふけりながら、「Killer X」を読んだ時と同じく真相の上に別の真相が次々と上塗りされていく感覚は非常に楽しいものでした。

中々やりますねくろけんさん!

ただの変態オヤヂじゃないですね!(口がすべりました。ホントにすみません。)

無理やり褒める必要は無いから忌憚のない感想を、と以前言われましたが、これが素直な感想です。

よくまあこれだけのややこしいプロットをきちんと組み立てたものだと感心するばかり・・。

無理に厳しい意見を言うならば、やはり新本格らしいというか、パズル的な小説だとは思います。

残念ながら、読んでいて登場人物に感情移入してしまい悲しさに胸が締め付けられたり、といった事はありませんでした。

そういう意味では「文学的な小説」からは遠い作品かもしれませんが、何より、この斬新でトリッキーな設定を思いつき、それを破綻なく仕上げてあるこの作品はまぎれもなく傑作だと思います。



今週発売の「カンニング少女」(文春文庫)も楽しみです。


以前に東野圭吾さんのエッセイを読んでいたので、「ザウス」が出てきた時はちょっと笑いました。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


2009/03/08 23:59|・黒田研二TB:0CM:2

コメント
はじめまして。
ときどき、覗かせていただいています。
こちらの記事を拝見しまして、
私のほうの記事にリンクさせていただきました。
問題ございましたら、お知らせいただけますでしょうか。
かめのて #DerVcGbQ|2009/05/04(月) 10:34 [ 編集 ]

はじめまして。
問題なんてあるわけ無いじゃないですか!
かめのてさんのブログにあんな風に取り上げて頂けるなんて、むしろ光栄です(^^)
本当にありがとうございますm(_ _)m

ご存じとは思いますが、私もかめのてさんのブログは時々のぞかせて頂いています。
いつも色んなネタをよく思いつくな~と感心しながら、時々思わず声を出して笑ってしまってます(^^)

いつも拍手だけして帰ることが多かったのですが(すみません・・)、今度からちゃんとランキングボタンもクリックして帰りますね!

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
音倉誓示 #-|2009/05/05(火) 08:16 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/112-215c1005

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。