~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

今日は、毎月恒例になってきている「本格ミステリ作家クラブ」サイト更新のお知らせです。

サイトへは右のリンク集からどうぞ。



さて、「会員の新刊」からは・・

有栖川有栖さんの「赤い月、廃駅の上に」(メディアファクトリー)、歌野晶午さんの「そして名探偵は生まれた」(祥伝社文庫)の2点は購入済みですので、近々読みます。

くろけん(黒田研二)さんの「ペルソナ探偵」(講談社文庫)は、ちょうど今日読み始めました。

くろけんさんは今月「カンニング少女」も文庫になりますので楽しみです。

西澤保彦さんの「マリオネット・エンジン」(講談社ノベルス)は昨日読み終えましたので、いま記事を書いている最中です。

三津田信三さんは、死相学探偵シリーズ第2作目の「四隅の魔」(角川ホラー文庫)が発売ですね。

1作目の「十三の呪」がまだ未読ですので早く読まないと。


「執行会議メンバー・今月の一言」からは・・・

歌野晶午さんは花粉症なんですね。

私も結構ひどい方ですが、3年前に転勤で今の土地に来てからは少し症状が和らいだ気がします。

大倉崇裕さんは相変わらず怪獣の話題ですが、福家警部補の新作を楽しみにしています。

くろけんさんは新作を執筆中なのかな?

未読作品を少しずつ読みながら、気長に待ちます。

法月綸太郎さんは、個人的にはあまり色々深く考えないでもう少し気楽に小説を書いて欲しいと思っていますが・・・評論家としての目で小説を読んでしまうと中々そうもいかないんでしょうね。



最近、1冊読んでは3冊買って・・という日々を繰り返していたら、さすがに妻から「買いすぎ!」とお叱りが・・。

「今月から月に5冊まで!」と言われましたが、それは無理







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/03/05 23:59|・本格ミステリ作家クラブTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/111-4c98a024

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。