~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

マリオネット・エンジン (講談社ノベルス)マリオネット・エンジン (講談社ノベルス)
(2009/02/06)
西澤 保彦

商品詳細を見る
パートナーを機械で理想のタイプに変換し愛することのできる時代が到来した。その技術に賛否が渦巻く中、思いも寄らぬ恐怖が開発者を襲う!表題作『マリオネット・エンジン』をはじめ恐怖に満ちた6作品を収録。ロジックに定評ある西澤保彦のすべてを凝縮したSFホラー短編集誕生。

西澤保彦さん初の非ミステリ短編集「マリオネット・エンジン」を読みました。

1999年から2008年にかけて雑誌などに掲載された作品に、書き下ろしの表題作「マリオネット・エンジン」を加えた1冊のようです。

ミステリ読みの私が「非ミステリ短編集」を読んでまともな感想が書けるのか、かなり不安な所ではありますが・・。


「シュガー・エンドレス」

砂糖にとりつかれた主人公(高校を中退した17歳の少年)が、家族の食事に使う砂糖の量を、家族には気付かれないように少しずつ、しかし大量に増やしていく話。

知らないうちに大量の砂糖を摂取してしまった家族たちは、やがて・・。

先日読んだ「スナッチ」も顔負けの、健康蘊蓄満載の作品になっていました。

しかし、きちんと下調べして書かれたであろうこの作品は「小説として」以上に「現実として」恐ろしく、私はちょうどペットボトル片手にこの作品を読んでいましたが、途中で飲むのをやめてしまいました(いやホントに)。

しかし何でまたこんな作品を書いたのかと不思議に思っていたら、「フェティシズム・ホラー」というお題で依頼された作品だったんですね。

納得。


「テイク」

何と1987年に同人誌に発表した作品を元にして書かれた作品。

著者の歴史を感じます(そのころ私はまだ小学生かな・・)。


自我形成の歴史、つまりは「過去」を洗いざらい拾い出す「遡行性自我解析装置」なる装置の実験台にされた主人公。

次第に記憶が混乱していく主人公に語りかけ続けてくる人物は、いったい誰なのか・・。


太平洋戦争に関する、日本人の内的自己と外的自己の考察は興味深かったです。


「家の中」

コテコテのSFである「テイク」から一転して、今度はホラーです。

父が新築した自宅の和室に、10歳の「私」にしか見えない「敷きっぱなしの布団」が・・。

やがて布団の中には横たわる老婆の姿も見え始めますが、それが見えるのは、兄に犯され続ける私だけ。

三津田信三さんの「凶宅」のような雰囲気を持つ作品でしたが、淡々とストーリーが進んで行き、ラストもイマイチでした。


「虫とり」

雑誌「メフィスト」の「0番目の事件簿」という企画(作家のデビュー以前の習作をそのまま掲載するといいう企画)で掘り起こされた作品。

元々はSF同人誌用に書いた作品だそうです。

バイオロイドに発生するバグをデバッグするのが仕事の「おれ」と「クラム」。

しかしいくらデバッグしても、次から次にバグが発生し・・。


ミステリ的要素が含まれたSF、というところが後の(現在の)西澤保彦さんの作風をすでに表しているようで、面白く感じました。


「青い奈落」

「重力が反転する世界」の夢をみる主人公。

それはあくまで「夢」だったはずですが・・・。


著者本人もあとがきに書いていますが、私も、この眩暈を起こしそうなイメージの作品は今回の収録作の中ですごく気に入りました。

「うつし世は夢、夜の夢こそまこと」-私の頭には、この有名な言葉が浮かんできました。


マリオネット・エンジン

書き下ろし作品です。

「パスティッシュ造形」だの「セクスプロイタ」だの「フェティ・シフト」だの、普段読みなれない言葉が次々に出てきて、ストーリーに入り込むのに少し苦労しました。

ただSFではあるのですが、この物語を成立させる複雑なロジックの組み立てはさすがです。

やはり私は、これだけロジカルな作品が書ける西澤保彦さんの「ミステリ」が読みたい。


と言う事で、やはり「非ミステリ」だけあって肌に合わない作品が多かったです・・当り前か。

ただ、作家さんの「別の顔」もたまには面白いですね(ま、西澤保彦さんは元々SF寄りのミステリが多いですが・・・「チョーモンインシリーズ」も好きです)。

とにかく、「匠千暁シリーズ」を早く読破せねば。







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ

2009/03/07 23:59|・西澤保彦TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://honkakusuiri.blog36.fc2.com/tb.php/110-8f6942c3

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。