~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

「本」ではありませんが、一応「本格ミステリ」に関連する作品たちということでリストを作成しました。


綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状① 安楽椅子探偵登場・・・メディアファクトリー(’01)
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状② 安楽椅子探偵、再び・・・メディアファクトリー(’01)
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状③ 安楽椅子探偵の聖夜~消えたテディ・ベアの謎~・・・メディアファクトリー(’01)
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状④ 安楽椅子探偵とUFOの夜・・・メディアファクトリー(’03)
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状⑤ 安楽椅子探偵と笛吹家の一族・・・メディアファクトリー(’06)
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状⑥ 安楽椅子探偵 ON AIR・・・メディアファクトリー(’08)
綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状⑦ 安楽椅子探偵と忘却の岬・・・メディアファクトリー?(DVD未発売、’08年10月放映)


’09.8.13作成
太字は既に観た作品・・・というか全部観てますね)







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


スポンサーサイト
2009/08/14 03:17|安楽椅子探偵作品リストTB:0CM:4

 

安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]安楽椅子探偵 ON AIR [DVD]
(2008/11/28)
鳥越俊太郎

商品詳細を見る
人気ミステリー作家の綾辻行人有栖川有栖の合作で贈る“RPG推理ドラマ”シリーズの第6弾!2006年にABCテレビで放送された出題編、解決編を収録。

新本格を代表するミステリ作家二人が贈る「犯人当て本格推理ドラマ」。

シリーズ第1弾から第5弾はDVDで観て、昨年放送された第7弾“安楽椅子探偵と忘却の岬”は初めてリアルタイムで参加したのですが(←その模様はカテゴリ“安楽椅子探偵”からご覧くださいませ)、この第6弾“安楽椅子探偵 ON AIR”だけはまだ観ていませんでした。

DVDは発売日に買っていたのですが、その少し前に観た(参加した)第7弾で力を使い果たして、しばらく寝かせておいたというのが正直な所です・・。

このシリーズは毎回主人公が殺人の濡れ衣を着せられそうになり、ピンチに陥った主人公が“笛”(オカリナ?)を吹くと、どこからともなく“あのお方(笑)”が現れ、“純粋推理空間(笑)”を舞台に隙のないロジックで真犯人を突き止める、というのがいつものパターンなのですが、今回はそのパターンにも少し捻りがあって楽しめました。


今回の主人公は、自称霊能力者の「化野(あだしの)ルナ」。

物語の冒頭、迷宮入りだった「超不可能密室瞬間バラバラ殺人事件」を霊能力で推理するよう警察から依頼されたルナは、悩んだ末にあっさりあの“笛”を吹いてしまいます。

当然“あのお方”(←呼んだ本人にしかその姿が見えない)の力で謎は解かれ、ルナは超難事件を解決した霊能力者として、一躍時代の寵児になります。

元々なんの霊能力も無いルナですが、この事件解決がきっかけで、その後も全国民が彼女の能力を信じて疑わない日々が続きます。

そんな状況の中でルナに持ち掛けられた一つの依頼。

人気バラエティ番組「金曜 ON AIR」のサブ司会者である「桂ともえ」の姪で現在女子大生の「三条みやび」が失踪し、ルナはこの「三条みやび」を生放送番組中に霊視で見つけて欲しいと依頼され、これを引き受けます。

毎週生放送されるこの番組の中で、毎回何とかその場しのぎのテキトーな霊視を繰り返すうち、ついに“霊視どおりに”みやびの遺体が発見されます。

しかしその矢先、今度はルナ本人まで何者かに殺害されてしまい・・・。


というのが今回の問題編のストーリーです。

例によって「犯人は単独犯」「三条みやびと化野ルナを殺害したのは同一人物」という条件のもと、はたして視聴者は真犯人を見破る事が出来るのか!?


実際にリアルタイムで犯人当てに参加しているのであれば、ここから文字通り何十回も繰り返し問題編を観なおすところなのですが、今回はとりあえず「あれとあれを条件に絞り込んでいけばいいのかな」と自分の推理を簡単に組み立てた後、特典映像の“北村薫さんの推理”などを観て、それからすぐに解答編を観ました。

その結果・・・・・これはもし参加していてもたぶん当てられなかっただろうな~、というのが正直な感想です。

もちろん作品の出来が悪いのではなく、むしろいまだにイマイチ納得のいかない第7弾「安楽椅子探偵と忘却の岬」に比べると、この第6弾「安楽椅子探偵 ON AIR」は非常に良く出来ていると思います。

犯人を絞り込むための条件は自分が推理した通りで、あとはこの条件に当てはめて容疑者を一人ずつ検証していけば、おのずから一人に絞り込めるはず(実際に検証するには何度も問題編を観なおして膨大な時間が掛かるので今回はそのまま解答編を観ましたが)と考えていましたし、実際その通りだったのですが、それでもこれは当てられたかどうか自信ないな~。

「それがどんなにありそうもない真相でも、他の可能性が否定され、証拠がそれを指し示している以上それが真相である」というのは頭では分かっていても、いざその状況に直面した時にその通りに考える事が出来るかどうか、イマイチ自信が無いですね。


いや、とにかく良問だったと思います(もちろん人によって賛否両論あるとは思いますが)。


さて、シリーズのファンとしては次の第8弾の予定が気になる所ですが、どうなのでしょう?

お二人の対談などを聞いていると割と早い時期に次回作が発表されそうな予感はするのですが、果たして今度はどんな物語でミステリファンの頭を悩ませてくれるのか(何度か話に出ているように意表を突いて時代劇だったりして)、とても楽しみです。

そういえば、先日の本格ミステリ大賞公開開票式の休憩時間にお二人がロビーで談笑していて、その時に「あっ、それ面白そう。次はそれでいくか」みたいな会話が漏れ聞こえていたのですが、あれは「ミステリジョッキー」の話をしていたのか、それとももしや「安楽椅子探偵」だったのか・・・う~ん、気になる。

このシリーズは関西圏でしか放送されない事も多いので、とりあえず次回の第8弾も、第7弾の時と同じように全国放送してくれる事を祈りつつ、楽しみにその時を待ちます。








ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/08/14 02:51|安楽椅子探偵TB:1CM:4

 

・「月光亭事件/太田忠司」(創元推理文庫)
 また読むのが楽しみなシリーズが増えてしまいました。記事は後日。
・「ニッポン硬貨の謎/北村薫」(創元推理文庫)
 連載時に一度読んでいるので5~6年ぶりの再読。記事は後日。

・「なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?/多田文明」(彩図社)
 以前読んだ「ついていったら、こうなった」(彩図社文庫)と内容が似ていると思ったら、著者も出版社も同じだった。内容もかなりカブっているような・・・。この時代、自己防衛に必要な知識が満載の1冊。相手の手口を知る事は最大の武器になります。

・録画「土曜ワイド劇場 弁護士森江春策の裁判員法廷」を鑑賞。
 放送日に見るはずだったのが、この日は結局仕事から帰ったのが22時半。ということで、録画しておいたのをようやく観ました。
 言うまでもなく、芦辺拓さんの「裁判員法廷」(文藝春秋)に収録されている書き下ろし中編「自白」が原作のドラマ。原作の「自白」は、「審理」「評議」に続き二人称で書かれた連作集の最後を飾るエピソードという状況を活かし、いかにも本格ミステリ的なアクロバティックなトリックが使われた非常に優れた作品だったのですが、ドラマに関しては連作ではなく単発、しかもそもそもこのトリック自体が映像化するのは非常に難しいとあってさすがにその部分はバッサリ切られていましたが「裁判員制度下での裁判とはとういうものか」と「意外な真犯人に辿り着くまでのロジック」は実に丁寧に作られたドラマで、とても好感が持てました。
 ただ、私の中の森江春策はもう少し若くてイケメンなイメージでしたが・・・。
 ともか嬢はまさにイメージにぴったりで、シリーズ化を予想させるラストでしたので今後が楽しみです。

・「カレイドスコープ島 《あかずの扉》研究会竹取島へ/霧舎巧」(講談社文庫)を購入。
・「今日を忘れた明日の僕へ/黒田研二」(原書房ミステリー・リーグ)を購入。



月日の流れるのは早いもので、ちょっと狩りに出掛けている間にあっという間に2週間が経ってしまいました

それはさておき。

まずはNHKの「探偵Xからの挑戦状!2」の話題から。
開始時期は不明ですが着々と準備は進んでいるようで、今回も辻真先さんがトップバッターのようです。
タイトルは「柩島事件」(の予定)。
他には井上夢人さんも参加が決定。
この2名の問題は前回正解出来ましたので、相性がいいかも♪
他には折原一さんが「303号室の女」(仮題)という短編を作成中のようですが、これが「探偵X」用なのかどうかが気になる所です。
前回の8作品はオムニバスとして本になる計画が進んでいるようですが、あちゃ~、このブログで少しネタバレ書いてますがどうしよう・・・。
一緒に頑張った方々たちとの交流が残ってますので削除は絶対したくないし、とりあえずこのまま残しておくか・・・。
もし本が出たら買おうと思っている方は、左側のカテゴリ「探偵Xからの挑戦状!」は覗かないでくださいね。


さて、次はE-Pin企画さんの話題。
ホテルに一泊して推理を楽しむ「ミステリーナイト2009 コウモリ村の掟~その村は地図から消された」は福岡公演が終了。
東京公演はちょうど今日から全4回開催で、大阪公演もあと10日ぐらいですね。
このブログにもネタバレを求めて連日多くの方が訪れてくれているようですが、残念ながら私は犯人を知りません、というか知っていても絶対に書きません。
自分で推理するのを楽しむ企画なんですから、楽して答えだけ知ろうとするのはやめましょうよ。
ミステリファンとして悲しくなりますので。
で、このE-Pin企画さんの主催するイベントには今まで「ミステリーナイト」と「探偵ミステリーツアー」の2つがあったのですが、何と今後はそれに加えて新たな企画「1-day mystery」というのが始まるようです!!
第1回目は11月に開催予定との事。
詳細が分かり次第、またここにも書いていきます。
泊まりではなく日帰りの謎解きイベントという事なので、うまく休みが取れれば今度こそ参加できるかも!(九州で開催されればいいのですが。)
あぁ、でも11月は妻の出産が~。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ



2009/08/13 23:59|・読了日記TB:0CM:6

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。