~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

EQ Extra GIALLO (イーキュー エクストラ ジャーロ) 2009年 10月号 [雑誌]EQ Extra GIALLO (イーキュー エクストラ ジャーロ) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/15)
不明

商品詳細を見る

「ジャーロ No.37」より
 ・警視庁戦隊Ⅱ-③ 特捜班ドットジェイピーふたたび/我孫子武丸
   何気に「攻め」と「受け」の勉強になりました(こんな知識いらね~。けどコミックの陳列には必要な知識だったり)。我孫子さんはもうすぐ「探偵X」に登場するので楽しみ。
 ・Photo Story ニューヨーク日和⑯ 立ちんぼ/前田義昭
 ・ミステリのサプリメント 第3回:凶器/もりわきかおり
   ミステリ小説に出てきた凶器を実際に作ってみた人を初めて知りました(笑) こういうマニアっぷりは何かいいな~。
 ・おもちゃ探偵 FILE8:飛び出す絵本/堀燐太郎
   そうそう、飛び出す絵本といえばロバート・サブダ。この人の作品は本当にすごい。サブダの作品ではないようですが、ここに紹介されている「The MAGIC SHOW」(家に居ながらにしてステージ・マジックが楽しめる仕掛け絵本)はぜひ一度見てみたい。そういえば今年鮎川哲也賞を受賞された相沢沙呼さんは受賞の挨拶の時にマジックを披露したそうで・・・。すごいなぁ。「午前零時のサンドリヨン」も早く読んでみたい。
 ・私の愛するキャラクター/岸田るり子・北村薫・霧舎巧・鯨統一郎・倉阪鬼一郎・倉知淳・黒崎緑・黒田研二
   岸田さんの「古畑任三郎&今泉慎太郎」・霧舎さんの「新妻千秋」・倉知さんの「亜愛一郎」に共感を覚えつつ、一番読んでみたいと思ったのは黒田研二さんが紹介されている「早乙女ボンド之助&金大事包助」だったりします。
 ・BOOK DETECTIVE ディテクション28 巨匠の知られざるシリーズ探偵/森英俊
 ・MYSTERY ランダムウォーク 第7回 猫/末國善己
   うーん、猫ミステリだけでこんなにあるのか。とりあえず東川篤哉さんのは近いうちに読みたいなぁ。
 ・探偵小説論Ⅳ 第三の波の終焉と21世紀探偵小説⑫/笠井潔
 ・謎のリアリティ ミステリ×モバイル×サバイバル 第2回 ミステリとデザイン/蔓葉信博
   「リバース/北國浩二」(原書房)のいい評判をあちこちで聞く気がする。そのうち読んでみようかな。
 ・GIALLO BOOKREVIEW/山前譲
   う~、まだ道尾秀介さんの「龍神の雨」が読めてない・・・。ファン失格だ~。好きな作家さんの文庫化されてる未読本を先に読んでるとどうしても新刊が後回しになってしまう。サイン本だと衝動買いしてしまうんだけど。
 ・女探偵好みの一杯⑰ 「冷たい銃声」スペンサーシリーズ 優雅に白ワインを飲み、屈強の男たちにアドバイス/貝谷郁子
 ・ミステリチャンネル放映中! いぶし銀の魅力が炸裂!「アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ」
 ・ジャーロの国から 希望の言葉「チェント・パッシ」/泰川紀
 ・GIALLO Afterword


・「競作 五十円玉二十枚の謎/若竹七海ほか」(創元推理文庫)読了。
  記事は後日。


・「ミステリーズ!Vol.37」(東京創元社)を購入。


・DVD「帰ってきた時効警察Vol.1(第1話「嘘は真実を食べる怪物だと言っても過言では無いのだ!」、第2話「好きな理由よりも嫌いな理由の方がハッキリしてると言っても過言では無いのだ!」)」を鑑賞。


・「石持浅海著作リスト」を更新。
・「黒田研二著作リスト」を更新。
・「道尾秀介著作リスト」を更新。






ようやくブログ記事作成用ミニノートPCの電源コードが手元に戻ってきたので更新ペースが以前に戻りつつあるものの、ちょうど「探偵Xからの挑戦状!」のシーズン2が始まったので結局本の記事がなかなか書けない・・・。

ま、あせってもしょうがないので気長にやります(^^;)








ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


スポンサーサイト
2009/10/20 20:41|・読了日記TB:0CM:0

 

「ジャーロ No.37」(光文社)より
 ・「《革服の男(レザーマン)》が多過ぎる」/山口雅也
  久々の<キッド・ピストルズ>シリーズ登場。
 ・GIALLO リンクエッセイ 「桜さがし」その後/柴田よしき
 ・「長い廊下がある家」/有栖川有栖
  これまた久々の<火村英生>シリーズ。火村の「アリス、罪深い俺を赦してくれ。お前を騙した」が面白かった。ちょっとお茶目な火村(笑)。アリスの推理が真相だったらそれはそれで面白かったのですが、それは北山猛邦さんあたりに任せましょう。いや意外に太田忠司さんでもイケるかも。
 ・「辻占の行方(後編)」/坂木司
  心あたたまる綺麗な真相。
 ・「今宵、バーで謎解きを 第7話 パンドラの真実」/鯨統一郎
  本筋を忘れそうなぐらい、くだらないボケとツッコミが面白すぎる・・。
 ・GIALLO リンクエッセイ 図書館の本/門井慶喜
 ・「ポリス猫DCと女王陛下の秘密」/若竹七海
  猫うんぬんよりも、醜い選挙戦のくだりとホラーテイストなラストが印象的でした。
 ・シャーロック・ホームズの大冒険/いしいひさいち
  ”唇の捩れた男”が似てる(笑)
 ・GIALLO SCREEN 「倫敦から来た男」「ホースメン」「悪夢のエレベーター」「キラー・ヴァージンロード」「アドレナリン ハイ・ボルテージ」/北島明弘
  う~ん、この中では「悪夢のエレベーター」が一番観てみたいかな。「アドレナリン」は、ジェイソン・ステイサムは好きなんですが、なんせ前作があんまり面白くなかったからなぁ。
 ・第9回「本格ミステリ大賞」受賞記念トークショー/辻真先・円堂都司昭・有栖川有栖・黒田研二・北村薫(司会)
  この場にいるのが一番謎なくろけんさんがなぜド真ん中に座ってる!?
  トークの内容は非常に興味深い内容ばかりで、これについて書くとキリが無さそうなので割愛。くろけんさんは12月の長編刊行に向けて、追い込み頑張ってください!有栖川有栖さんは「闇の喇叭」(理論社)の執筆がそれなりに進んでいるようですので、これも完成が楽しみです。
 あ~、もうちょっと近かったらトークショーも観に行くのにな~。
 いつか”寄せ書き色紙”が欲しい・・・。
 ・「電卓男<舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵>」/歌野晶午
  え!そこで終わるんですか!?早く次号が読みたい~!って次の発売は12月か・・・。
 ・「翼のある依頼人 慶子さんとお仲間探偵団②」/柄刀一
  物語全体を貫くロジックと、終盤の視点の変更は良かった。ただ慶子さんの特殊な病気が今一つ物語に効果的に結びついていない気がするのは少し残念。それにしても英語しゃべれる人多いな~。
 ・「闇に用いる力学 黄禍篇⑤」/竹本健治



・「探偵Xからの挑戦状!/辻真先ほか」(小学館文庫)を購入。


・DVD「ミスト」を鑑賞。
 先日「ミステリーズ!」(東京創元社)で紹介されていて興味を持ったので、早速観てみました。いや~先に知ってしまっていたとはいえ、この結末はエグい。ミステリではありませんが、面白かったです。
・DVD「ドラゴンキングダム」を鑑賞。
 ストーリーはあまりにベタで苦笑するしかありませんでしたが、小さい頃からジャッキー・チェンの熱狂的なファンである私は、ジャッキーとジェット・リーが闘っているというだけで垂涎ものでした。ジョニー・デップとスター・ウォーズが好きな妻が横で呆れていたので、「ジャック・スパロウとオビ・ワンが闘っているようなもの」と説明すると、やっと「すげー」と言ってました(苦笑)
・DVD「うどん」を鑑賞。
 手元にまだ観ていないDVDが100枚以上あるのでジャンルがめちゃくちゃですが、とりあえず観ました。何かどんどんミステリと関係無くなっていってますが・・・。すごくくだらない映画だろうと思っていたら、意外にハートウォーミングなストーリーで、終盤は思わずうるうるしてしまいました。とはいえ、一番印象的な場面はトータス本人が演奏する「バンザイ」。



・「石持浅海著作リスト」を更新。
・「西澤保彦著作リスト」を更新。





さて、「嵐の柩島で誰が死ぬ」(探偵Xからの挑戦状!シーズン2)の推理投票締切は10/12(月)の18:00。

2~3日ゆっくり考えて、日曜日ぐらいに送るかな。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓   
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ


2009/10/08 16:06|・読了日記TB:0CM:4

 

う~ん、早くミニノートPCが使えるようにならないとなかなか更新が・・・。

と、言い訳はさておき。



「ミステリーズ!Vol.36」(東京創元社)より
 ・「バルザフ」/吉永南央
  <ランタン楼>シリーズ第4回。それなりに面白くはあるものの、いまひとつ物足りないと感じていたシリーズでしたが、今回の話はよかった。ジーラとティアラの関係にはあまり興味は湧きませんでしたが(すみません・・・)、詩保子が言ったという「本当に人生は終わるものだと実感したら、できないと思っていたことが、できてしまうのよ」が心に残りました。
 ・「わたしには向かない職業」/いしいひさいち
 ・「酸っぱい遺言」/西條奈加
 ・原作と映像の交叉光線(クロスライト) 第14回 最も危険な賭け―「ミスト」/千街晶之
  これは面白そう!ということで早速DVDを入手しました(まだ観てませんが)。しかし先に結末を知っちゃったな~。
 ・「うさぎ幻化行 最終回」/北森鴻
 ・追悼・中町信/亜駆良人・三浦大・戸川安宣
  なぜか手元に「三幕の殺意」(東京創元社)のサイン本があります。まさかこれが遺作になるとは思いませんでした。
 ・淡色の熱情――結城昌治論 第1章 可笑しくて、切なくて/中辻理夫
 ・お楽しみTV 第35回「スウェーデン警察 クルト・ヴァランダー」
 ・路地裏の迷宮踏査 第36回 ブラウンのサイド・ショウ/杉江松恋
 ・突撃ミステリ・ゲームレポート KONAMI「クイズマジックアカデミー」
  前から気になっているゲームではあったのですが、まさか「ミステリー&サスペンス検定」なんてものが実施されていたとは! あ~、参加してみたかった。
 ・セカイから、もっと近くに!-SF/文学論 第10回「押井守とループの問題(3)」/東浩紀
 ・書評(「リビドヲ」弐藤水流)/宮脇孝雄
 ・書評(「ベーカリーは罪深い」J・B・スタンリー)/若竹七海
 ・書評(「何か文句があるかしら」マーガレット・デュマス)/中村有希
 ・書評(「ミステリーの人間学」廣野由美子)/戸松淳矩

・「今日を忘れた明日の僕へ/黒田研二」(原書房ミステリー・リーグ)読了。
 そうきたか。 記事は後日。
・「幻竜苑事件/太田忠司」(創元推理文庫)読了。
 う~ん、やっぱりこのシリーズはいいっ! 記事は後日。
・「マリオネット園(ランド)《あかずの扉》研究会首吊塔へ/霧舎巧」(講談社文庫)読了。
 あ~、幸せ。 記事は後日。



・「幻竜苑事件/太田忠司」(創元推理文庫)を購入。
・「マリオネット園(ランド)《あかずの扉》研究会首吊塔へ/霧舎巧」(講談社文庫)を購入。
・「ジャーロ No.37」(光文社)を購入。
・「密室から黒猫を取り出す方法(名探偵音野順の事件簿)/北山猛邦」(東京創元社)のサイン本を購入。
・「追想五断章/米澤穂信」(集英社)のサイン本を購入。


・「有栖川有栖著作リスト」を更新。
・「歌野晶午著作リスト」を更新。




さて、今日はやはりNHKの「探偵Xからの挑戦状!シーズン2」の話題を。
前回の参加者には9/17に久々のミステリーメールが届きました。
今回のシーズン2は下記の全4作品のようです。

第1回 「嵐の柩島で誰が死ぬ」 /辻真先
第2回 「メゾン・カサブランカ」 /近藤史恵
第3回 「トーナメント」 / 井上夢人
第4回 「記憶のアリバイ」/我孫子武丸

前回は問題編の配信開始から解答編の放送までが一週間のスパンでしたが、今回はその期間が倍になった分、問題数は半分に減ったようですね。

トップバッターは前回と同じく辻真先さん。
辻先生曰く「万年失恋嬢の”葉月麻子”ひさびさの登板」だそうです。
途中までは三枚目キャラ、しかし終盤では突如表情が変わって明晰な推理を始めるというこの名探偵、とても楽しみです。

さらに、一昨年「サクリファイス」が話題になった近藤史恵さん、前回に続いて二度目の登場井上夢人さん、そしてラストが「かまいたちの夜」や「人形シリーズ」で有名な我孫子武丸さん(個人的なベストは「殺戮にいたる病」ですが)。

いや~、楽しみ楽しみ。

ちなみに前回の「探偵Xからの挑戦状!シーズン1(と呼べばいいのかな?)」は、10/6に小学館文庫で発売になります。
ま、とりあえず記念に買っとく予定です。
ついでに言うと10/23にはシーズン1のDVD(3種)も発売になりますので、一応お知らせしておきます(何か自分がNHKの営業に思えてきました・・・)。

ともあれ、まずは問題編のメール配信、1週間後に問題編のTV放映、さらに1週間後に解答編のTV放映、と前回に比べて推理に使える時間が格段に増えていますので、今回はじっくり取り組めそうです。
ただ前回のようにケータイ小説と問題編の映像が食い違うときはどちらを信じればいいのかが唯一の不安材料・・・・・。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ




2009/09/24 22:23|・読了日記TB:0CM:2

 

え~、すみません。
すっかり更新が滞っておりますが、普通に(?)生活してます(^^;)

・「カレイドスコープ島《あかずの扉》研究会竹取島へ/霧舎巧」(講談社文庫)読了。
 記事は後日。
・「ラグナロク洞《あかずの扉》研究会影郎沼へ/霧舎巧」(講談社文庫)読了。
 記事は後日(←こればっかり。書けてない・・・)。
「ミステリーズ!Vol.36」より
 ・私の1冊「安吾ミステリの思い出」/辻真先
 ・私がデビューしたころ「SFファンからの長い道のり」/菅浩江
 ・文庫創刊50周年記念特別対談第三弾<ファンタジー編>/井辻朱美×金原瑞人
 ・「命名式」/パトリシア・A・マキリップ(原島文世訳)
 ・「ザ・リヴァー」/福田和代

  連作第2回。ハードボイルドは特別好きという訳ではないが、このシリーズは面白い。
 ・私の一枚「白鳥の歌~クラシック名歌集/ナナ・ムスクーリ」/森福都
 ・「Nのために 第4回」/湊かなえ
 ・「三十九枚の告発状」/谷原秋桜子
 ・「怪人対音野要」/北山猛邦

  何と今回は、これまでにも何度か登場した「音野要」(ひきこもり名探偵音野順のお兄さん)が主人公。う~ん、カッコイイ! ま、トリックは例によってアレな感じですが、やっぱりこのシリーズは好き。シリーズ2冊目となる「密室から黒猫を取り出す方法」は先日発売になって店でも店長オススメの棚に陳列していますが、個人的には東京創元社に注文しているサイン本の到着待ちです(自店で買えればいいのですが、サイン本やサイン会は一部の大手書店の・・・・・ごにょごにょ(以下愚痴))。
 ・ミステリーズ・バー第33回「I」/結城充考
 ・「パリでザグバグ ラストホープ2 第5回」/浅暮三文
 ・「双頭のバビロン 第7回」/皆川博子
 ・「綺想宮殺人事件-最後の探偵小説、あるいは探偵小説の最期 最終回」/芦辺拓
 ・「鞄図書館 15冊目」/芳崎せいむ


・「ミステリーズ!Vol.36」(東京創元社)を購入。
・「ラグナロク洞《あかずの扉》研究会影郎沼へ/霧舎巧」(講談社文庫)を購入。
・「五十円玉二十枚の謎/若竹七海ほか」(創元推理文庫)を購入。


・「石持浅海著作リスト」を更新。
・「歌野晶午著作リスト」を更新。
・「西澤保彦著作リスト」を更新。
・「三津田信三著作リスト」を更新。




西澤保彦さんが「ミステリーズ!」に作品を掲載予定のようで、今から楽しみです♪

E-Pin企画さんの新イベント「1Day-Mystery」の開催は関東と関西だけのようで・・・。
ま、タイミング的に妻の出産直後なのでどちらにしろ行けないか。
面白そうなのにな~、『婚活BBQ殺人事件』(仮題)。
とりあえずリンク張っときます→http://www.epin.co.jp/mysterythe3/top.html

NHKの「探偵Xからの挑戦状!」の続編は、なおさん(→なおさんのブログ「お気に入り」)からの情報によると、どうやら10月の始めにスタートするようです。
さ~て、今回も頑張るか~。



2人の子供と妊婦と一緒に暮らしながら、朝8時台から22時過ぎまで働いている身としては中々家でゆっくりブログを書くヒマも無く、仕事の休憩時間に自前の(ネットに繋がっていない)ミニノートPCでちまちまと記事を書き、それを寝る前に自宅のPCにコピーしてブログを更新していたのですが、なんとそのミニノートPCの電源コードを先日帰省した際に実家に忘れてきてしまって、ますます更新が・・・・・。
という事で、今後も気長に見守ってくださいませm(_ _)m



さて、それじゃあそろそろラギアクルスを狩りに行くか・・・・・。



*原因不明ですが、今まで使っていたテンプレートのレイアウトが乱れてしまい復旧の仕方も分かりませんでしたので、やむを得ずテンプレートを替えました。気に入ってたのに・・・。








ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉誓示がこっそり喜びます(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ

2009/09/05 23:37|・読了日記TB:0CM:4

 

・「月光亭事件/太田忠司」(創元推理文庫)
 また読むのが楽しみなシリーズが増えてしまいました。記事は後日。
・「ニッポン硬貨の謎/北村薫」(創元推理文庫)
 連載時に一度読んでいるので5~6年ぶりの再読。記事は後日。

・「なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?/多田文明」(彩図社)
 以前読んだ「ついていったら、こうなった」(彩図社文庫)と内容が似ていると思ったら、著者も出版社も同じだった。内容もかなりカブっているような・・・。この時代、自己防衛に必要な知識が満載の1冊。相手の手口を知る事は最大の武器になります。

・録画「土曜ワイド劇場 弁護士森江春策の裁判員法廷」を鑑賞。
 放送日に見るはずだったのが、この日は結局仕事から帰ったのが22時半。ということで、録画しておいたのをようやく観ました。
 言うまでもなく、芦辺拓さんの「裁判員法廷」(文藝春秋)に収録されている書き下ろし中編「自白」が原作のドラマ。原作の「自白」は、「審理」「評議」に続き二人称で書かれた連作集の最後を飾るエピソードという状況を活かし、いかにも本格ミステリ的なアクロバティックなトリックが使われた非常に優れた作品だったのですが、ドラマに関しては連作ではなく単発、しかもそもそもこのトリック自体が映像化するのは非常に難しいとあってさすがにその部分はバッサリ切られていましたが「裁判員制度下での裁判とはとういうものか」と「意外な真犯人に辿り着くまでのロジック」は実に丁寧に作られたドラマで、とても好感が持てました。
 ただ、私の中の森江春策はもう少し若くてイケメンなイメージでしたが・・・。
 ともか嬢はまさにイメージにぴったりで、シリーズ化を予想させるラストでしたので今後が楽しみです。

・「カレイドスコープ島 《あかずの扉》研究会竹取島へ/霧舎巧」(講談社文庫)を購入。
・「今日を忘れた明日の僕へ/黒田研二」(原書房ミステリー・リーグ)を購入。



月日の流れるのは早いもので、ちょっと狩りに出掛けている間にあっという間に2週間が経ってしまいました

それはさておき。

まずはNHKの「探偵Xからの挑戦状!2」の話題から。
開始時期は不明ですが着々と準備は進んでいるようで、今回も辻真先さんがトップバッターのようです。
タイトルは「柩島事件」(の予定)。
他には井上夢人さんも参加が決定。
この2名の問題は前回正解出来ましたので、相性がいいかも♪
他には折原一さんが「303号室の女」(仮題)という短編を作成中のようですが、これが「探偵X」用なのかどうかが気になる所です。
前回の8作品はオムニバスとして本になる計画が進んでいるようですが、あちゃ~、このブログで少しネタバレ書いてますがどうしよう・・・。
一緒に頑張った方々たちとの交流が残ってますので削除は絶対したくないし、とりあえずこのまま残しておくか・・・。
もし本が出たら買おうと思っている方は、左側のカテゴリ「探偵Xからの挑戦状!」は覗かないでくださいね。


さて、次はE-Pin企画さんの話題。
ホテルに一泊して推理を楽しむ「ミステリーナイト2009 コウモリ村の掟~その村は地図から消された」は福岡公演が終了。
東京公演はちょうど今日から全4回開催で、大阪公演もあと10日ぐらいですね。
このブログにもネタバレを求めて連日多くの方が訪れてくれているようですが、残念ながら私は犯人を知りません、というか知っていても絶対に書きません。
自分で推理するのを楽しむ企画なんですから、楽して答えだけ知ろうとするのはやめましょうよ。
ミステリファンとして悲しくなりますので。
で、このE-Pin企画さんの主催するイベントには今まで「ミステリーナイト」と「探偵ミステリーツアー」の2つがあったのですが、何と今後はそれに加えて新たな企画「1-day mystery」というのが始まるようです!!
第1回目は11月に開催予定との事。
詳細が分かり次第、またここにも書いていきます。
泊まりではなく日帰りの謎解きイベントという事なので、うまく休みが取れれば今度こそ参加できるかも!(九州で開催されればいいのですが。)
あぁ、でも11月は妻の出産が~。







ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると音倉のやる気がアップします(^^)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「謎と論理と遊び心」トップへ



2009/08/13 23:59|・読了日記TB:0CM:6

ホーム 全記事一覧 次ページ >>

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。