~愛すべき「本格ミステリ」の世界~

プロフィール 

音倉誓示(Otokura Seiji)

Author:音倉誓示(Otokura Seiji)
魅力的な謎。論理的な解決。そして少しの遊び心♪
「本格ミステリ」の魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。
元、某地方書店チェーンの店長。
九州在住。

FC2カウンター 

最新記事 

カテゴリ 

月別アーカイブ 

RSSリンクの表示 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

ホーム 全記事一覧

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

極限推理コロシアム (講談社ノベルス)極限推理コロシアム (講談社ノベルス)
(2004/04/06)
矢野 龍王

商品詳細を見る
二つの館に強制的に集められた七人の「プレイヤー」たちに「主催者」は命じる―「今から起きる殺人事件の犯人を当てよ」―もちろん、被害者もプレイヤーの中から選ばれる。二つの館で起きる事件を、互いにもう一つの館より早く、解決しなければならないのだ。不正解の代償は「死」!過酷きわまるデス・ゲームの幕が開く!究極のサバイバル・サスペンス!第30回メフィスト賞受賞。

まずショックな出来事が一つ。

少し前にノベルスで買っていたこの本が、今月文庫で発売されました

もう少し買うの待てばよかった・・

結局文庫が発売になった後にノベルスで読んでるし・・

一応(?)書店で働いてるのに・・。

あ、ホントに店長ですから。念のため


さて内容ですが・・

う~ん、まあそれなりに面白かったです。

突然見覚えのない場所で目覚めた主人公。

「夏の館」と名づけられたその場所には、主人公を含め7人の「プレイヤー」が集められていた。

「主催者」は命じる。「今から起きる殺人事件の犯人を当てよ」。

しかも同じ境遇の「冬の館」の7名よりも早く。

そしてその殺人事件の被害者は「プレイヤー」たち自身・・・。


設定はすごく面白かったんです。

ただ悲しい事に、これだけ本格ミステリばかり読んでると、いわゆる「スレた読者」になってしまうんですよね・・・ミステリを読み始めたころの純粋な気持ちはどこへやらって感じで

つまり残念なことに、この作品の一番大きなトリックが途中で何となく予想がついてしまって、カタルシスを感じるはずの解決シーンで「ああ、やっぱりか」となってしまいました。

しかも、主人公が推理の糸口にする「主催者からのヒント」も、ちょっとこじつけっぽいというか無理があるというか

ただ、決して買って損したなどという駄作ではありません。

十分面白い作品です

ただし、もっと昔に読んでいたら、素直に驚いて今以上に楽しめただろうな、と思うと少しさみしくなった私でした

同じような特異な設定の作品をあと3作ほど出されているようですので、機会があれば2作目以降も読んでみようと思います







皆様の応援がブログ更新の励みになります(^^)
よろしければ、お帰り前に応援クリックして頂けるとめっちゃ嬉しいです!!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ホームへ


スポンサーサイト
2008/10/27 23:33|・矢野龍王TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

ブログ内検索 

リンク 

このブログをリンクに追加する

読書ログ 

音倉誓示のつぶやき 

    follow me on Twitter

    最新コメント 

    最新トラックバック 

    Copyright(C) 2006 謎と論理と遊び心 All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。